平成24年3月分はこちら。合言葉は「ディオホコリ スキル」と「規格外の大口」。


3月3日 「はじめに目的ありき」

 特にスキルなしで苦戦するファクターがないなら、マラソンは「激運」有りで回すのが正解っぽい。期待値は裏切らない。

 飽きるかなー飽きるかなーと思いながら、どっこい続いているハンターライフ  by モンハン3G。無事に前回言っていた大剣用の装備群も整い、いざG級アルバと意気込んではみたものの、件の配信クエが上位でがっかりだったで御座るの巻。皆で狩れるようにと言えば聞こえは良いながら、要は村クエで出せない or 一人では勝てない人用の救済措置扱いなどという本音は隠しておくのが大人の生き方。まあ私含め、多くのプレイヤーが

「誰得だよ」と呆れた溜息をついたのは想像に難くないですが。

諦めません勝つまではという雑草スピリッツを持ち合わせていない何が楽しくてゲームしているのか理解に苦しむ軟弱プレイヤーや、全クエクリアして出すのが面倒なんてややもすればチートに走りそうな惰弱プレイヤーに対して温情なんてものは必要ないと思うんですけどね、個人的には。動かないモンスターをサンドバック代わりにひたすら叩いて、ランダムで出てくるアイテムを集めるだけの作業を楽しいと感じるんでしょうか、そういう人たちって。まったく理解に苦しみます

などと「スタミナ奪取」とか発動しているハンマー馬鹿がほざいてみる。

人間は一方的にいたぶって優越感に浸りたい願望を持っている生物。メタ覚えた(おい)。しかしながら、実際のところは闘技場クエの影響か、結構スキルや防具をとっかえひっかえする喜びに目覚めていたりする=「スタミナ奪取」もリストラされている今日この頃。先の大剣用装備を揃えるために必要な大地を穿つ剛角マラソン=ディアブロス&ディアブロス亜種乱獲生活においても、あれやこれやと紆余曲折祭りが開催中で御座いました。いやもうだって、角と一緒に

心が折れそうになるほど出ないんですもの剛角。

えー、結論から先に申し上げますと、ディアっさんの角をいくらへし折ったところで手に入れるのは至難の業だと思われます、大地を穿つ剛角。都合二本の剛角を入手した私の場合ですら、結局部位破壊報酬欄に姿を現してはくれませんでした。港☆7クエの「≪高難度≫波状の角竜群」で同時に三匹も出てくるだけに、ある程度ドロップ率が低くてもこれならそのうち出るだろうと高を括っていたのが間違いと迷走の始まり。ルートを箇条書きにするとこんな感じ。

 

・まずは「≪高難度≫波状の角竜群」を二、三度回してみる→三匹きっちり角をへし折っても全く出る気配なし。

・当時は村に帰れば高難度クエのラインナップが変化することを知らなかったため、先のクエが出ていない時は「≪高難度≫暴君の時代」や「≪高難度≫決戦の砂原」、それすらない時は諦めて「砂漠の角竜を狩れ!」で角へし折り祭り開催→それでも出ない。

・ひょっとしたら捕獲報酬で出るかも知れないと捕獲も試してみる→何匹か捕まえても出てきやしない。

・頭を狙うよりも足を殴り続けた方が討伐の手間は少ないため、次第にイライラが募り始めながらも頭を叩く作業に戻る→それで出るなら苦労はしない。

・そうだ! 「角を折るのがめんどくさい」なら「角を簡単に折れるよう」にすればいいんじゃね!? 俺って天才じゃね!? →袋小路の入り口へようこそお馬鹿さん。

・アイテムボックスの中からあれでもないこれでもないと護石を検分し、装飾品と組み合わせて「ボマー」と「破壊王」を発動。これで勝つる! →お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな。というわけで現実は厳しかった。

・確かに角は幾分折りやすくなったものの、執拗に頭ばかり狙うようになったせいでストレスがマッハ。そもそも「≪高難度≫決戦の砂原」仕様の巨大ディアブロス亜種とかだと頭を狙うこと自体が難しい。足を狙って転ばせる→溜め攻撃が安定とはいえ、そればかりやっていると角破壊する前に討伐する危険性が……と、ここまで考えたところではたと気付く。

手段と目的を履き違えてないかこれ。

……あああああーッ!? そう、そうだよ!! 私がしたいのはあくまで「大地を穿つ剛角を手に入れる」ことであって、「ディアブロスの角を折ること」に愉悦を覚えることでは断じてないッ!! いつから迷い子になっていたのだ私はッ!? ……はぁ、はぁ……あー、少し落ち着いた。クールダウンクールダウン。

・「どれだけ角をへし折っても影も形もありゃしないのであれば、いっそのこと基本報酬に望みを託した方が早いと拙僧は愚考致しますが、如何か?」との脳内会議の意見を採用。アイテム以下略で運気5の護石を発見し、クエスト報酬のアイテム数を高確率で増やすスキル「激運」の発動に必要な運気珠【3】の材料を入手すべく、ターゲットをトリケラトプスもどきからファンタジー世界の住人な金色のドラゴンことリオレイア希少種に変更。

・ついでに発動に必要なスロット数確保のために、胴装備を長らく愛用していたヘリオスZメイルから大和・極【胴当て】に替えるべく、ジエン・モーラン亜種に撃龍槍を撃ち込むお仕事に勤しむ。

・「斬れ味レベル+1」「高級耳栓」を保持しながら「激運」を発動可能なスロットの確保完了。金火竜の秘棘から抽出した運気珠の準備も万端でありますたいちょー。よし、ではその性能……試させてもらおうか。いざ、「≪高難度≫決戦の砂原」へ進路を取れいッ!!

挑戦一回目で普通に一本出てなんだか泣けてきた。

以降、「激運」を発動したままで狙いを「≪高難度≫決戦の砂原」に絞ってみたところ、三回目にして二本目もひょっこり顔を出す始末。思考の袋小路って本当に怖いという話でした。どっとはらい。……一所懸命に角折ってた時間を返しやがれこんちくしょー!!(落ち着け)

 

一刀両断な余談:心の折れる前に角を折るのを中断し、どうにか手に入れた剛角を使って揃えた大剣用装備。剛角やら破岩大剣ディオホコリ用装備なんてキーワードで訪れる人が居ることから察するに、大剣を振るうのに有用なスキルを兼ね備えた装備を欲する人も少々いらっしゃる模様。そういった方々の参考になるかどうかは分かりませんが、こんな揃え方はどうでしょうとちょっとだけお見せしてみるテスト。あ、ちなみに護石が微妙にアレなため、完全再現は難しいというか

寧ろ出来たら怖い。

上位互換なら可能でしょうけど、まったく同じ構成を可能な人が居たら素で引く。どれだけドッペルさんだよ。

 

○大剣特化装備概要

武器:破岩大剣ディオホコリ……短縮珠【1】

頭:ディアブロXヘルム……速納珠【2】

胴:ディアブロXメイル……短縮珠【1】

腕:インゴットXアーム……匠珠【2】

腰:大和・極【腰当て】……短縮珠【3】

脚:アシラXグリーブ……なし

護石:溜め短縮3……抜刀珠【2】

発動スキル:「抜刀術【技】」「斬れ味レベル+1」「集中」「納刀術」

 

解説:抜刀溜め斬り→回避行動→納刀の一連動作が基本戦術にして最大のダメージソースである大剣において、溜めにかかる時間と武器を納めるのに必要な時間は短ければ短いほどありがたいもの。更にその抜刀溜め斬りの威力が上がれば言うことなし。そんな大剣使いの夢を実現した装備がこちら。剣士のみならず鈍器使いにも愛されている定番の「斬れ味レベル+1」を筆頭に、一撃必殺な溜め攻撃の溜め速度を向上させる「集中」、回避行動からランナウェイ or 再度抜刀へとスムーズに移行させるための女房役な「納刀術」、極め付けに使用武器の会心率がマイナスでさえなければ抜刀攻撃を確実にクリティカルヒットへと昇華させる「抜刀術【技】」と、こと「抜刀溜め斬りのダメージこそ正義!」という武神装攻なハンターにとっては究極ともいえる構成。防御? そんなものは知らん。

 

「集中」以外であれば護石にこだわらずとも揃えることは容易(防具だけの状態でスキルポイントが匠9・抜刀会心7・納刀7)ですが、そこまで手を付けようとすると長い炭鉱夫生活が待っていることと思われます。……でも高性能な護石って大半が他のクエ報酬から出てる様な気がするんだよなあ、何だか。たまたまですかそうですか。


3月11日 「ふりだしに戻る」

 便利スキルで固めたせいで、他スキルを取得出来ないのも困りモノ。ハンマーの場合だと付け替え自由だし。

 どうも、未だ「規格外の大口」で検索して飛んでこられる方がいらっしゃることよりも、何気に大剣装備絡みでぶっ飛びなさっている方々がちらほらおいでになることに微妙な驚きを禁じえないのかどうなのか。メタトロンです(色々おかしい)。モンスターを狩る、欲しい装備を揃える。それがモンハンの正しい楽しみ方なのかも知れませんが、スキルをあーでもないこーでもないと断腸の思いで取捨選択するのも醍醐味だと思うんですけどねえ、個人的には。まあ要するに

他人の褌で相撲を取って楽しいのかと。

本人がそれで楽しいというのであれば何も言いませんけどね。関わりたくないだけとも言いますが(おい)。一方私はといえば、下手に前回大剣用スキル装備をこさえてしまったせいで、ちょっと欲がむくむくと鎌首を擡げてしまいまして。「集中」の代わりに「抜刀術【力】」を発動させる組み合わせの着手にも成功したため、そこから更にどちらも切り捨てず発動させようと頑張った結果、

順当に「無理」という結論に達しました。

ディアブロX装備に拘らずあれこれ組み合わせて考えたり、護石及び装飾品も込みで脳みそフル回転させてはみたんですけどねえ。考えに考えた時間が無駄とは思いませんが、無理なことを無理と認めてしまうのがほんの少し物悲しいお年頃。ただまあ、代わりにと言いますか、どちらか片方を取得した状態から更に「耐震」を追加することには成功いたしました。使いどころがやや微妙なスキルではありますが、それ以上の大問題がありまして。簡単に言うと

空きスロ2以上の武器が必要=ディオホコリ使えねぇ。

護石の空きスロがなしでその状態なため、もしひとつでも余分に穴があればどうにかなったんですが……むぅ、悩ましい(何が)。でまあ、折角なので空きスロが2以上な武器もこさえてみようと思い、リオ夫妻のレア素材をこれでもかと要求する「ブリュンヒルデ」をマラソンの果てに作成したのですよ。爆破と並ぶ有用属性と名高い毒に加え、発動スキルも「斬れ味レベル+1」「抜刀術【力】」「抜刀術【技】」「耐震」「納刀術」と豪華絢爛。よーしパパ、あれこれモンスター狩っちゃうぞー

と思ったらあまりに毒が発動しなさ過ぎてがっかり侍。

噛んでないでござる……絶対に噛んでないでござる!!(何を) 目に見えるダメージではないので何回も経験してみないと実感として分かり辛いのかもなあと思いつつ、明らかにディオホコリ使ってる時より討伐時間がかかり過ぎる。最大の理由としては爆破の代わりに備えた毒にまつわるエトセトラなのでしょうが、よくよく考えるとそれだけではないような。箇条書きにすると多分以下な感じ。

 

・素の武器ダメージが若干低い。破岩大剣ディオホコリ:攻撃力1248→ブリュンヒルデ:攻撃力1200

・「抜刀術【力】」と毒の蓄積を最大限活かすため、抜刀斬りは溜めではなくほぼ素→一発が軽い。

・爆破を切っているのでのけぞり〜抜刀溜め斬りのワンチャンがない→有効打を決める機会が減少。

・そもそも「集中」がないので溜めが使い辛い→三溜めのない大剣はただの重石だ。

・大体「抜刀術【力】」で疲労状態にさせ易いとはいっても、それを利用してハンマーのように足を止めて殴るのが最大のダメージソースではない→苦労して疲労にするどころかこっちが疲労するというオチですかそうですか。

・そして気絶を狙おうにも抜刀にしか効果がつかない→ハンマーのようには手数が稼げない→気絶する前に蓄積値消えるよ!!

・「耐震」の出番マダー?(チンチン)

どう見てもグレードダウンです本当に以下略。

パーティーで狩りに行っているならサポート打撃役としてありかなあと思わなくもないですが、少なくともソリスト向けではありません。……まあ、尻尾切る用事でもなければハンマー担いで行くんですけどね、そもそも(ボソッ)。


3月18日 「氷室の天地」

 フォースの暗黒面がちらりと顔出し中。幸せ気分に浸りたい人は素直に此処で回れ右。

 ディオホコリディオホコリうるせー!!(挨拶) お馴染みの「規格外の大口」を除き、クエの名称で飛んでくる=クエ別攻略法を求めて来る方は減少傾向にありますが、反面大剣のスキル及び装備構成を求めて彷徨い出でる怨霊が後を絶ちません(おい)。まだ少しでも自分の頭で考えているような痕跡があれば兎も角、「ディオホコリ 装備」だの「ディオホコリ スキル」だのと、大半がほぼ丸投げな有様。ここまで来ると、何というかもう……今から私、世界一酷いこと言うわよ?

スキルさえあればどうにかなるんですか?

「うん、メタさんはこう言ってるね! 『何か勘違いしてないか? これはSLGではなくアクションゲームだぞ? このゲームに必要なのは「パラメータ」! 「戦術眼」! そして手で操作する以上は必須の「ハンドスキル」! 普通、いちばん最後に「戦術眼」を勉強するものだが……キミらは特殊なバカなのか?』」

「……グゥの音もでぬ……」と思った人は素直に挙手。

思わない人は……んー、世界二酷いことを言うなら、ハンター廃業した方がいいんじゃないかな?(おいおい) そもにして、自分が愛用している武器&それを使用している上での立ち回りを考慮し、長所を伸ばす or 短所を補う方向で適合しそうなスキルがどれかを判断出来るのは、他ならぬ自分自身だけだと思うわけですが私ゃ。更に言うなら、よしんば誰にでもオススメ出来るような汎用性・利便性の高いスキル構成があったとして、それを揃えられるかどうかはまた別のお話。要するに

「身の丈に合った装備を求めてください」と。

どうもそこを履き違えているプレイヤーが多そうだというのが正直な感想。「現装備よりも遥かに高い、現時点での攻略としてはオーバーキルな性能へと一足飛びしたい」? 結構。ただし、自分でそれに足り得る構成へと辿り着き、且つ自力で必要なものを揃えられるだけの力量があれば、ですが。……階段すら思いつかないのにエレベーターを作りたいって言ってるようなものだってこと、少しは分かって欲しいかな。まあ、所詮他人事なのでどうでもいいですけど。

 

実利と天秤にかける余談:私自身は既に揃えられているので考える意味は事実上ないのですが、どうにか入手困難な大地を穿つ剛角の数を減らして有用スキルを取得出来ないかなーと真面目に考えてみること幾許か。べ、別に貴方のためなんかじゃないんだからねッ!?(何故にツンデレか) 結論から言えば「抜刀術【技】」「斬れ味レベル+1」「集中」「納刀術」を同時に発動するためにはディアブロX頭と胴は外せなさそうという身もフタもないところに着地しましたが、そこさえクリアすれば敷居を多少下げた構成へは辿り着けた……と言って良いものか。理由は後述するとして、差し当たってまずは構成をば。

 

武器:破岩大剣ディオホコリ……抜刀珠【1】

頭:ディアブロXヘルム……速納珠【2】

胴:ディアブロXメイル……抜刀珠【1】

腕:リノプロXアーム……速納珠【2】

腰:大和・極【腰当て】……短縮珠【3】

脚:アシラXグリーブ……なし

護石:溜め短縮4以上

発動スキル:「抜刀術【技】」「斬れ味レベル+1」「集中」「納刀術」

 

解説:えー、実は「辿り着いた」と言うより「元に戻った」と言う方が正解だったりするんですよね、これ。元はといえば最終構成案のプロトタイプなんです。始めに溜め短縮3&スロ2の護石ありきで構成していったせいであんな形に落ち着きましたが、各パーツから考えていったのであれば先に辿り着くのはこっちなはず。変更した装備品は腕のインゴットX→リノプロXのみ。G級入ってすぐ作成可能なせいでスポットが当たらないことも多そうなリノプロXですが、何気に匠2・溜め短縮2&スロ2と高性能だったりするのです。これで護石にスロットがなくとも、それなりに出るはずの溜め短縮4以上な護石があれば夢のスキル構成が可能に! やったね!

ただし外見は罰ゲーム。

……ええ、私が華麗にスルーしたのもこれが最大の原因だったりするわけでして。あの未来の世界のタマゴ型ロボットのような三本指がどうしても我慢ならなかったんです。形振り構わない戦術すら厭わない背水の陣が固有スキルなプレイヤーではありますが、ごめん。あれは無理(そこまでか)。

 

掟破りの余談その2:他の検索ワードでちょっと気になったのが、ジエン・モーラン亜種について。どうも「あんなの倒すの無理! でも大和・極装備がどうしても欲しい!」という方がいらっしゃる模様。Gの代わりにPがついた3なモンハンで亜種でない方を乱獲していたせいか、2種ある「砂海の大遊宴!!」「進撃の巨人・訓練兵団の演習」のどちらでも普通に討伐出来てしまうプレイヤーにとってはそんなに難しいかなあと思いながらも、納得出来る部分はあったり。極論を言うなら

背中で暴れる勇気のないハンターには無理な相談。

一度だけ「砂海の大遊宴!!」で討伐出来ずに撃退止まりだったことがあったのですが、背中の弱点を二箇所破壊出来なかったのはあの時だけかな、と。決戦ステージのダメージだけでは倒すのは困難だと思いますです、はい。閑話休題、火力に加えてプレイヤースキルがなくてどうしてもジエンさんが倒せないけれど、それでも大剣用スキル装備が欲しいという方のために、構成を考えてみました。「耐震」を追加するための構成案を練っていた際に辿り着いただけという真実は隠し隠し(言ってる言ってる)。

 

武器:破岩大剣ディオホコリ……短縮珠【1】

頭:ディアブロXヘルム……抜刀珠【2】

胴:ディアブロXメイル……短縮珠【1】

腕:インゴットXアーム……抜刀珠【2】

腰:ハプルXフォールド……短縮珠【3】

脚:ディアブロXグリーブ……短縮珠【3】

護石:後述

発動スキル:「抜刀術【技】」「斬れ味レベル+1」「集中」「納刀術」

 

解説:相も変わらずディアっさんの剛角を必要とする装備二種は健在ながら、腰から件の大和・極がリストラ。代わりに「規格外の大口」で大人気なハプルの腰ミノが台頭し、脚も剛角マラソンの副産物で作れそうなついで装備に変更。装飾品なしで「納刀術」が発動しているため、あとはスキルポイントの足りない抜刀会心と、まっさらな溜め短縮をそれぞれ装飾品で補えば、これまた同じスキル構成に。

ただし護石が匠5の場合に限る。

頑張ってジエンさんを倒せるまで修行を積むか、心を無にしてピッケルだけが友達な炭鉱夫ライフを邁進するか。お好きな方をお選びください(良い笑顔)。


3月20日 「企画外の大口」

 タイトルは私発案ではありませんので悪しからず。……なんでこの誤字で飛んでこれたんだ。

 何がそこまで駆り立てるのかはさっぱり分かりませんが、ほぼ毎日のように「規格外の大口」の攻略法を求めて辿り着く御仁が居られる模様。報酬にしたって多少お守りや真鎧玉などが出やすいくらいで、別段旨みのあるクエってわけでもないはずなんですけどねえ。何かしら私の知らないトリガー的なものがあるのか、はたまた単に「全クエクリアしないと気が済まない!」という意地の成せる業か。前者というのであれば兎も角、後者の場合は

攻略法に頼った時点で勝負には負けてると思うの。

「必勝法でないだけまだマシかも」というのは優しすぎる意見でしょうか?(聞かれても) 私自身、初見時はハプルボッカの悪しきオーラ力で肥大化した姿に度肝を抜かれはしたものの、そのまま勝利を収めてしまったため、正直何がそこまで辛いのかがさっぱり分からず。で、流石に気になったので、もう一度勝負を挑みに闘技場まで足を運んでみたわけですよ。そしたら吃驚、

特に見せ場もなく20分くらいでクエスト完了。

うんまあ、しぶとかったですよ? ええ、普通のハプルちゃんよりは。……ごめん、他に感想がなさすぎて上手く言葉にならない。答えを求めて再挑戦にまで踏み入ったというのに、余計に困惑する羽目になるとはお釈迦様でも思うまいて。このままだといまいちすっきりしないため、悪い意味での適当っていうかもうてけとーと評しても過言ではないくらいのいい加減さで相手をしてネコ台車にゴトゴト揺られてみた結果、「あ、これのせいかも」という要因へと思い当たることに成功。

色々間違っているのは多分気のせい。

トライアンドエラーどころか、エラーをするためにトライってどうなの。デバック作業者号泣よ?(意味不明) ほぼ感覚頼りで検証も深くしているわけではないため、攻略といえるほどのものではないながらも、「規格外の大口」に頭が痛い人のお薬程度にはなれればなー。なれたらいいなー。処方箋までは高望みなので、所詮は市販の薬程度にしかなれないけどなー。

 

・武器は出来ればハンマーが望ましい。元々ハプルボッカとの相性が良いことに加え、サイズの馬鹿でかさが災いして、密着状態であれば鼻先しか出ていないような状態であってもホームランが普通に当たる=大ダメージのチャンス到来。そして殴れば殴るほどスタミナも減少、そのうち疲労。更には頭も簡単にパカーンッパカーンッと小気味良い音を鳴らしながらぶん殴れるため、気が付けば気絶しているということもしばしば。使い慣れていない人は……えーと……頑張れ?(おい)

・以前に「『回避距離UP』や『飛距離強化』のスキルを付けていると良かったかも」と書いたが……別になくても倒せる。てゆーか寧ろ要らない。ただ、近距離での噛み付きをクロスオーバー気味にかわすのであれば「回避距離UP」はあるとそこそこ便利。ジャンプ回避には割合お世話になるものの、素の回避時間で充分どころかお釣りが来るため、わざわざスキル欄を埋めるほどの価値はない。ただ、ジャンプ回避のタイミングに自信がない場合、保険として発動しておくと幸せになれるかも。あんまりにも遅れると「相手の方に向かってジャンプしている」と判定されて、ジャンプ回避出来なかったりすることもあるので。

・ではオススメなスキルは何かといえば、「ランナー」か「スタミナ急速回復」。というのも、普通に回避行動で噛み付きをかわすより、ひたすら走り回る or 危なくなったらジャンプ回避の方が遥かに楽だったりするのです。回避性能&回避距離UPを同時発動していれば易々とかわせるのかも知れませんが、多分ダッシュで大きく避けた方が早い。この辺まで来ると大和・極のパーツを組み込んだ構成で装備を固めている人も多いと思われる&常にダッシュしているわけでもないので、どちらかといえば「スタミナ急速回復」の方を推奨。で、もうひとつ。「それでも逃げ切れないよ! 助けてチャチャえもーん!!」という人に一押しなのが「隠密」。あるとないとでは被弾率が雲泥の差だと思われ。……たまーに全然相手にされなくて、さみしんぼな気持ちにもなるけどなー。

・あ、あとモドリ玉は素材も含めて最大数持ち込むと良いと思うよ! 塔だと態勢立て直すのにしか使えませんが、闘技場にはベッドがある=ただで体力全快&鬼面族も復活という反則っぷり。モドリ玉1個が秘薬1個分以上と考えていいです、はい。

・ここからが本題。多分、三乙の多くは「足元から失礼されて宙を舞った」か「俺にも何をされたか分からないがいつの間にかハメられていた」のどちらかに因るものかと。前者における真下からパックンチョの対処法は極めてシンプル。ジャンプ回避でかわしてください。これのみ。デカさに呑まれて気が付きにくいのかも知れませんが、アレの攻撃判定は「ジャンプ直後の口」にしかありません。横幅の大きさに惑わされてうろたえる気持ちは分かります。ですが、別に馬鹿デカい口の範囲から逃れる必要はナッシングなのです。その攻撃判定さえ回避すればいいんですから。極論から言えば、「足元の砂の隆起が消えた瞬間ぐらいにジャンプ回避すれば無敵時間を利用して回避が可能」。空高く打ち上げられようとも知ったこっちゃありません。ジャンプ中は無敵なんですもの。

・賢明な方は既にお気付きでしょうが、いくら図体が大きかろうと、ハプルボッカの攻撃判定は「噛み付き時の口周辺」であって、身体にはどれだけ触れようともダメージはありません。……多分。わざわざ横から当たりに行ったことは流石にありませんので、断言はちょっと出来ませんが。なので、怖いのは噛み付きっぽい攻撃をしてきた時のみなのです。その時は大人しく回避に専念。それ以外の時は攻撃に専念。要はメリハリをつけようということです。

・「他にもブレスがあるじゃん!」とか言う人は回避行動百回の刑。直線ブレスは密着していれば寧ろ攻撃のチャンスです。懐に飛び込んで胸元をガンガン叩いてあげてください。旋回ブレスはダッシュせずとも普通に動く or 回避行動を絡めて移動すれば、合間にちょこちょこ攻撃しながらでもかわせるレベル。背中ブレスは正面に回る。以上(おい)。

・さて、最大の問題と思われる後者の「いつの間にかハメられていた」の対処法……というか、まずは現状把握。この状況に陥った時って、闘技場の隅っこに居ませんでしたか? 思い当たる節のある方は素直に挙手。そう、これが一見怖くなさそうに見える「攻撃判定は“噛み付き時の口周辺にしかない”」の落とし穴。汚いなハプル流石汚い。

・怒り時にジャンプしても砂に潜らずそのままUターン→再び噛み付きという、計三回噛み付きコンボを見舞われた方も多いと思います。で、コイツの性能というのがまた厄介なものでして。早めにやり過ごして大きく行きすぎた場合は良いのですが、近くで翻られるとさあ大変。その規格外の大口に大概はパックンチョされてしまいます。闘技場内ではその狭さのせいもあり、大体は端から端まで行ってUターンというパターンが多いはず。はい、もうお気付きですね。最初、もしくは二回目の噛み付きで闘技場の隅に追いやられてしまった場合、起き上がるのは規格外の大口の中。実際にやられてみると喉ちんこにこんにちわです。そしてタイミング的にはハプルボッカのお食事タイムと素敵にバッティング。

「つまり起き上がった次の瞬間にはもう喰われているって事なんだよ!!」

「な、なんだってーッ!!!」

・なので、常に闘技場の中央付近に陣取るよう動きを意識し、暴れている時は手を出さない。暴れてない時は容赦なくぶっ叩く。「隠密」発動時はお面を被った半裸族二匹からも極力離れる。切れ味が悪くなったらモドリ玉を使って安全な場所で研ぐ。やばくなったらモドリ玉。「ハンターじゃなくてハイエナか」なんて台詞はあーあー聞こえなーい。この辺りを遵守すれば、勝てるかどうかはさておき、少なくともこれまでよりは良い勝負になるんじゃないかなーと思いますです、はい。

 

折角なのでこれで挑んでみようかなーともちらりと思いましたが、面倒なのでやめた。足を止めて殴る好機が腐るほどある相手に、何ゆえ一撃離脱が身上な大剣で挑まねばならぬのか。


3月25日 「止まる世界」

 荒み度が進行中。ギブミー休日。

 今年のエイプリルフールは中止になりました。未来のお話ではありますが過去形になりました。残業に追われ、土曜出勤に追われ、無理な習得スケジュールに追われ、心身共に疲れ果てている私に日曜出勤の要請とか本気か。一応希望は聞かれましたが、無難に言葉を濁していたら強制出撃ですよ。ラインが稼動するわけではなく、翌日からの新体制に備えての準備活動なので、本来であれば猫の手ならぬ期間従業員の手なんて借りずともいいはずなんですけどねえ。

実際私以外はほとんど来ないしな期間従業員。

いつの間にやら苗字呼び捨てではなく、苗字一文字にさん付けがデフォルト呼称として蔓延しつつある今日この頃。どれだけ企業にボランティアしているんだろうなあと、一人前どころか戦力扱いすらされていない輩と同じ数字が記載されている給料明細を見て溜息をつくお年頃。早々に腕の良さが露見し、無理難題を力でねじ伏せてきてしまったことも手伝い、今では社員さんですらこんなことを宣う有様ですよ。

「最大まで期間延長するんでしょ? 皆そう言ってるよ?」

勝手に人の人生設計を決めんで頂きたい。

そんな経緯もありまして、正直あんまり自由な部分に24時間の内訳を割くことが出来ません。モンハン3Gもナルガクルガ希少種を討ち取ったところで熱意の火種が沈黙いたしました。一度消え失せた炎が再び燃え上がることは稀なので、今後モンハンのモの字も出ないんじゃないかなー、出ないだろうなーと思う所存。なので、それだけが目的で訪れている人は肩透かしを喰いますよというか

いい加減「ディオホコリ スキル」で飛んでくるのやめれ。

そろそろ苦笑いを浮かべるのすらしんどくなってきた。私はずっとソリストでいいよ、もう。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF