平成25年7月分はこちら。♪この〜樹なんの樹 特に気にはならない。


7月14日 「ハルラ」

 アルバム「SECOND STORY」の総評としては無難の一言。捨て曲多いし。

 本屋の株関連特設コーナーがいつの間にやらボカロコーナーへと華麗に転身している今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。資産がチャート的にはヨコヨコ微上がりなメタトロンです。ほぼ全く取引をしていないと言い換えてもよろしくてよ? 現状、張り付きデイが出来ない状態では危なっかしくて弄れないんですもの。スイングするにも最低限朝の寄りとザラ場、後は大引け間際程度は監視出来ないと儲けなんて出せやしません。それでいて微益とはいえ利益が出ているのは何故かといいますと、

私が聞きたい。

件の大暴落前後で大底だと判断して購入した株がありまして。その株をどれだけ値が変動しようがマイ転はしないだろうとホールドしていたら、特に材料もないはずなのにここ数日でめきめき株価が上がっておりまして。本当に何があった。高値になっている今のうちに手放すのが賢いのかも知れませんが、もしかしたら青天井の可能性もなきにしも非ずと見込み、とりあえずこのまま握っておこうかと。実際、そうやって鯉が竜に変わった例も少なくありませんし。

蟹はカニカマになってしまった模様ですが。

株やってて新興を弄っている人なら、大抵この一言で爆笑か失笑か「お金返してッ!」と漏らさざるを得ないはず。一番最後のパターンな人に黙祷を。私もデイでなら参戦していくらか抜いた時もありましたが、アレを長期保有しようという神経は理解しかねます。蟹のくせに中身がないとはこれ如何に。他にもデイで弄っていた株の株価が当時の何倍にも膨れ上がっているのを目の当たりにしたりと、この世界は驚きと刺激によって満ち溢れています。

刺されたような激痛と読んじゃ駄目。

あくまで命あっての物種なので、どれだけ上がる見込みがあっても信用全力とかやらない方がいいと思うの。命があっても種銭がなければ何も出来ないんですよ!?(落ち着け) テクニカルもファンダも一切通用しない詐欺・嵌め込み・紛らわしい相場が取り締まられることもなく堂々と大手を振って闊歩しているような状況ではありますが、ガラにも負けず狩りにも負けず。丈夫な精神力を持ち、欲はあっても決して驕らずいつもニコニコ現金利確。そういうものに私はなりたい。こんな歌を口ずさみながら。

 

 春を歌う風 小鳥が歌うよ

 待ちに待った季節ね 花も咲いて街は踊る

 

という浮かれ楽観は危険信号。

 

 これから始まる 新たなスタート

 色んな思い 費やして 夢中で駆け抜けて

 

主に費やすのは時間と資産ですが。

 

 謎めいた この世界で 何ができるのでしょうか

 わからないことばかり 答えを求めてる

 

とりあえず上がるか下がるかだけでも教えてください。

 

 探しものはどこにあるかな? 今もわからずに

 笑ってみたり 泣いてみたりと 忙しい毎日で

 

あとたまに吐く。

 

 こもれびに今 包まれて 君と歩いてる

 思いどおりにいかないけれど 空に歌うよ ハルラ

 

昇天するのは株価だけにしてくださいお願いします。

 

やってみてから言うのもなんですが、何と言うかこう……あまりにも違和感なさすぎて噴いた。世知辛ぇ(お前が言うな)。


7月21日 「エターナルサンセット」

 普段おバカなアーサーの味方戦闘不能時ボイスがアツい。覚悟出来てんのか……ああッ!?

 新世界樹の第六階層が鬼畜過ぎて思わず安心してしまった私は確実にボウケンシャー。そこら辺をうろうろ闊歩している何の変哲もないF.O.Eが本編ラスボスより余裕で強いとか何それ怖い。それどころか開幕の戦術を間違えるとランダムエンカウントの雑魚にすらフルボッコとか何それ酷い。大好きだ!(病院へ行け) というわけで、どうにか無事ストーリーモードのクリアまでは漕ぎ着けた次第に御座いますが、無印経験者ほど最後の仕掛けに度肝を抜かれたことでしょう。一体誰が予想できましょうか。トリに控えた最後の大一番までの道のりが

打ち切り漫画ライクに展開されるとか。

うんまあ、例え難易度がノーマルレベルであったとしても、熟練ボウケンシャー以外に第六階層の攻略が無理ゲーなのは分かります。かといって、ストーリーに一旦の解決を見せるためにはそこまで到達させざるを得ないことも。しかしながら、リアルに「あれから幾許かの時が過ぎ――」みたいなモノローグが挿入されそうな駆け足っぷりはどうかと思うの。そのせいで「ちょっと様子だけ見に行ってみるかー」とロクに準備もしないまま突入して退路を断たれた

にも拘らずそのままクリアしてしまった私には特に謝らなくてもいいのか別に。

常に携帯している最低限の回復セットだけで良く切り抜けたもんだと自分を褒めてやりたい。ネクタルもアムリタもきっちり在庫0になるまで使い切っての勝利とか、肝が冷えすぎて片腹痛かったです(意味不明)。世界樹シリーズに辛い思いをわざわざしてはお約束だとはいえ、今作は特にそんな状況に陥ることが多い印象があったり。難易度を最初からEXPERTに固定したままというのも一因ではあるのでしょうが、それにしたって

あと1回相手に攻撃が回ったら全滅必至な状況で倒した毎度極悪な女王アリ

とか、

枯渇寸前のTPを絞り尽くした最後の一撃で何とか沈めたデカくて魔改造なレッドウルフ

とか、

どう考えても3ターンで倒すの無理だろアレ的に強化された某槍の材料な飛竜

とか……って、何か違うな最後の(何かどころか)。ともあれ、他にも腕を封じて余裕ぶっこいていたら地団駄代わりの踏み袈裟改で某お侍さんにケチョンケチョンにされたり、アルルン倒した後で「見た目は可愛かった」と発言したらヒロイン格の金髪ツインテツンデレにジト目で見られたり、商店の露出な彼女に服装の事を尋ねたら「スケベ!」と罵られたりと、

かなり狙うべき購入層に迷いが見られます。

繋げたかった結論から大幅にズレたな!?(今更か) ストーリーモードでは新規にギルドメンバーを追加出来ないこともあり、転職を活用→レベリングに勤しんで有用なグリモアを生成→本職に戻すといった作業が必要になってきそうな予感がしながらも、とりあえずは現メンバー現職のままでいける所までいってみようかと思う所存に御座います。まあ、解剖用水溶液のぶっかけには失敗したとはいえ雷竜も屠れたことですし、どうにかなるさ

と言った直後に氷竜で絶望の二文字を刻み込まれマシタ。

……えーと、前作までに比べてやけに芸達者になっていませんか貴方。全体強化解除+睡眠の後にブレスってお前。逆に……燃えてきたぁぁぁッ!(全滅寸前か)


7月27日 「エクスタシー」

 B26Fの亀もレベルをそんなに上げてないけど物理で殴って昇天させました。硬い、硬いよタートルさん。

 結局のところ、氷竜さんを相手取って解体して素材にする過程で何が一番の困りどころだったかといえば、ピンポイント爆撃可能な三連スーパー頭突きでも全体攻撃且つマゾ大喜びな腕振り一閃でもメリーさんの羊な子守唄でもなく、うっかり手を出したら一瞬で全滅の憂き目に遭うカウンターだったというオチ。シリーズ全作踏破してるプレイヤーでも読めてたまるかあんなの。リジェネ? 熟練ボウケンシャーなら寸前まで頭縛り温存しているはずですが何か?

本物のプロならラウダナムを常備って気もしますが。

何気にシリーズ通してほとんどお世話になっていないワタクシ。3でリセットウェポンを嬉々として愛用していたというのに、なんたるちや。ともあれ、日々にかまけて相変わらずの牛歩戦術ではありますが、無事に氷竜を屠って現在B29F探索中な新世界樹ライフ。一戦一戦が血で血を洗うデッドオアアライブっぷりなため、夏の暑さと相まって冷たい汗が止まりません。

ちなみにランダムエンカウントな単なるザコ戦でのお話。

危うく初見のヒュージアントで全滅しかけたわ。超威力の全体攻撃に足封じ+スタン効果とか雑魚敵が有していていいスキルじゃないと思います。その地震よこせ! いや既に持ってはいるけど最高ランクで!(子供か) 本当にもう、敵のスキルが有用すぎて困る。LVが下がるというデメリットを看過して転職をしない限り、中々欲しい職業のスキル取得が望めない状況だけに、敵に回すと厄介極まりない効果のエネミースキルは喉から手が出るほど欲しかったりします。

そうしないとまともに素材も取れないしな。

先生……高確率で即死効果持ちのスキルが欲しいです……! 変に制限かけて条件付レア取るよりも、花びらを首ちょんぱして水溶液ぶっかけまくった方が断然楽な、こんな世の中じゃ。今作はちゃんと図鑑を読みさえすれば条件に関してのヒントというよりほぼ答えが掲載されているため、ドロップするための行動に関しては推測は容易とはいえ、その条件を満たすための敷居がちょいとばかり高い気がします

とか言いつつ枯レ森の二種女王レア素材を自力で取った馬鹿が此処に。

第五階層突入前にやってしまったため、バランスブレイカーっぷりが凄まじかったトカ、そうでもなかったトカ。どっちよ。


7月28日 「いつからHPを0にしなければ(略)」

 搦め手大好き。ただのヘタレとか言わないでお願い。

 一昔前であれば届いた端から即開封→同時進行も辞さない覚悟でゲームに勤しむのがマイジャスティスでしたが、今週末は先日届いたばかりの「ドラゴンズクラウン」を蔑ろにしたまま、まったり進行継続中の新世界樹のみに惜しみない愛情を注いでおりました。お陰様でどうにかこうにか最下層に到達です。火竜も取り立ててこれといった問題もなく、あっさり気味に埋葬してまいりました。ぶっかけをミスったせいで一度やり直したのは秘密の花園。

そう考えると本当に強敵をいい素材としか見てないな私。

リスクとリターンを天秤に掛けるのは至極当然ながら、戦いそのものよりも戦利品からどんなわくわく装備が仕上がるかの方が関心度・良。これってモンハン脳?(違うと思います) そろそろモンスターも出尽くした感があるので、ちまちまと取り逃した条件レアの確保や赤いオーラを纏ったF.O.Eに挑戦してみたりすることに興味がシフトしております。最深部のアレに挑むのはまだ時期尚早だからというのが一見本音に思える建前。心情を素直に吐露するならば

蟹が怖くて最下層うろつきたくないねん。

ランダムエンカウントであの強さは許されないだろ流石に!? 対処法が分かってても後列に叫び声を上げるアレが居た時点で血の気が引くわ! 無理! むーりーッ!!(落ち着け) あ、いきなり話は変わるんですけどね? 昨日冗談で「その地震よこせ! いや既に持ってはいるけど最高ランクで!」と言ったら、それが現実になってしまいまして。ポロリした途端に顎まで落ちた。引き寄せ会得してから言霊の効果が飛躍的に上がっている事実は喜ばしいことなのかどうなのか。

迂闊な想像すら許されないし。

言い間違いというのはその時頭に浮かんでいることがツルリとこんにちはしてしまうだけのことだそうですよ? いえ独り言ですが。閑話休題、モンスターは素材だヒャッハーな話に戻し戻し。装備も充実し、LVも追随して上がってきていることで、それまであえてスルーしていた強敵に立ち向かってはみるものの、そんなに現実は甘くなく。三竜とかはまだいいんですよ。カタログスペックが高くてもパターンさえ読めれば手の打ち様はありますから。でもね? でもですね?

最速で即死級の全体攻撃をひたすら連発されてどう持ちこたえろというのか。

お前のことだよ! ただでさえ歩くだけでも痛いマップでV−MAX発動して突っ込んできて啄ばみまくる深淵を舞う者!! 悪魔のクチバシなんじゃなくてそのクチバシが悪魔なんじゃー!!(だから落ち着け) おまけに盲目まで付加してくるとか、もうね。それだけでは飽き足らず、即死攻撃かましてくる雑魚を1ターン消費なんて低コストで二体召喚するとか、乾いた笑いすら出てこない。色々やってはみましたが、レア素材のドロップを考慮に入れると正攻法では安定しないと判断した結果、解剖用水溶液をぶっかけた上で

石化させるという暴挙に訴えてみました。

あっちが先に反則してきたんだもん! ボク悪くないもん!(小学校へ帰れ)


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF