平成25年9月分はこちら。ゲームしかしてないな。


9月1日 「通信簿」

 世捨て人は世を捨てた人なわけで。世に捨てられた人と履き違えていませんか?

 話題としては若干の今更感が拭えない上にらしくなく真面目な語り草になりそうなネタではありますが、季節の変わり目でもありますしたまには変化球でも。季節は微塵も関係なくね!? というわけで、今回槍玉に挙げたいのはNPO法人「ヒトコトネット」がニートだけを集めて株式会社を興そうという新事業の試みについて。巷の反応は冷ややか且つ妥当に厳しい評価ばかりが溢れているようですが、

私もそう思います。

話が何も続かないじゃん!? ダメダメじゃん!?(お前がな) 全員を取締役に就任させ、それぞれの得手分野にて才能を発揮させ、事業を手がける。仕事はネット完結が基本なのでニートでも安心。NPOは事業毎に収益の数%を受け取るといったシステムを見るに、「それ派遣業とどう違うの?」と小首を傾げて可愛らしく聞いてみたい衝動に駆られますもの。なので試みとしては遅かれ早かれ破綻することになるかと。定着したら定着したで喜ばしいことではありますが、

特に目新しさの光る革新的なものではないと思うの。

取締役絡みの云々があるとはいえ、自分で仕事を取ってこれない時点で長良川の鵜から逸脱は出来ないでしょう。それが可能であるならとっくに自分から会社なり事業なり興してますって。とはいえ、今回の話の論点はそこにあるわけではなく。寧ろ何故このような無謀にしか映らない暴挙に出たのか、その思惑に少しばかり興味を覚えたのです。曰く、「終身雇用が崩れ、給料アップが見込めない状況下で昔のような働き方に違和感を覚える感性に可能性を見出した」と。

大半のニートは働きたくないから働いてないだけですけどね。

もしくは意思はあっても働けるだけの能力がないか。私が見た記事の冒頭には「ニートの息子を抱える親にとっては気になるニュース」なんて一文が踊っていましたが、自分の食い扶持すら稼げないような粗大ゴミにとっての朗報ではありませんよと真顔で言いたい。この網に引っ掛かるのはあくまで「能力はあるけど今の社会が気に食わないに馴染めない」人材、謂わば有能であるが故に馴染めず爪弾きにされるアウトローなわけでして。ニート=社会不適合者という風潮は否定しませんし、その称号を冠する者を軽視するのも致し方ないことではあるでしょう。でもね? 十把一絡げに駄目の烙印を押すことが出来るのは

今の社会を素晴らしいと心の底から思っている人だけって理解していますかと。

自身が不満を抱えているにも拘らず、それに沿わない人間を糾弾したりはしませんよ、ねー?(良い笑顔) 下にだろうが上にだろうが、平均から突出してしまえばそれは異端。足を引っ張るだけの思考停止ゾンビが数を頼りに“誰かの作った正論”を振りかざすとか、滑稽すぎて脇腹が痛い。私が今傭兵として雇われている某大企業からの将来のリーダー候補登用育成計画を丁重に辞退した理由も正にそれ。欲しい人材が「会社のために尽くせる人間」という時点で無理な話です。

上で胡坐かいてる老害の給料を稼ぐために汗水垂らしているわけではないので。

ああ、あと立場上は同じラインに居て、「居た時間分だけ給料が支給される」と考えている輩も同罪ですか。仕事の成果を出来高ではなくて時間を物差しに判断しているようなのと一緒に働く義理はないんですが。少し話が逸れましたが、ニートの中には自らの意思を以ってその道を選んだ――働きたくないからという消極的な理由からではなく――人間も居るんですよということが言いたかったわけでして。いえいえ決して

自分が仕事辞めた時の予防線ではないですじょ?

……まだ期間延長の話が来るには時間が大分あるのに、もう既にカマかけられてるしなあ。「抜けられたら大分痛手」? 知っているからこそ抜けたいんですが何か?


9月4日 「知らぬ存ぜぬで逃げるなよ?」

 空売り出来たら迷わず仕掛けるくらいには。やっぱり信用口座開こうかなあ。

 地震やら竜巻やら大雨やら稲光やらナイアガラからのプラテンな日経やら異常気象が我が物顔でラインダンスしている状況に、我が社も負けてなるものかと勢い良く名乗りを上げた企業があった模様。ゲーム業界の雄として戦場を駆け抜けたのも今は昔。昨今はパチンコやミックミクにしてやんよ頼りな落ち武者極まりないセガその人が、自社の看板ブランドに泥を塗って貶めただけでは飽き足らず、数少ない貴重な我慢強いユーザーの方々に対し壮大な宣戦布告をしたそうで。いくら誹謗中傷に耐えかねたからって、流石に想い出までぶち壊すのはどうかと思いますよ?

しかも物理的に。

心の中に仕舞いこんだ美しい光景を汚されたのは今に始まったことではありませんので(良い笑顔)。どうやら本日配信されたPSO2のパッチがウイルス級のとんでもない爆弾だったらしく、PSO2やセガ関連のフォルダどころか、その近辺にある無関係なデータまで木っ端微塵な憂き目に遭った方々の悲鳴が木霊している状況だとか。まあ、正確には木っ端微塵=跡形もないわけではなく、辛うじて原型は留めているなんて声もあるようですが。

つまり消去ではなく上書きって事ですね本当にあり(略)。

どっちにしても大事ながら、リカバリすら叶わない時点で更に性質が悪い。色々と情報を掻い摘んでみたところ、アップデート時の不要ファイルを削除する際に何故かPSO2がインストされているドライブ内にあるデータをアルファベット順に削除していき、最悪OSのシステムファイルすら破壊→PC完全終了のお知らせとなってしまうそうで。かつてプログラミングを齧ったことがある身としては、あーコードミスって条件分岐とか階層の指定を間違えたんだろうなーよくやるよねーで笑って

済ませるプログラマは消毒だ。

テストで走らせた時に発生したなら全然笑い話で済むんですけどね。これが今回のようにまかり間違って流出してしまうともう笑うしかないレベル。顔面は勿論蒼白の状態で。この一件で無理矢理延命してきたPSOの歴史に終止符が打たれるだけで済むのか、はたまたセガの名が永遠に墓標に刻まれることになるのかは分かりませんが、せめて散り際くらいは潔くして頂きたいものです。

株価も綺麗に身投げしてくださると個人的には大層面白いんですが。

PTSを見る限りだと現時点ではそこまで影響はなさそうなのがちょっと残念。明日以降どうなるかに期待。


9月7日 「ソラミちゃんの唄」

 この辺りまで来ると二階層抜き辺りが限界。完全ソロだとプレイヤーの集中と精神力が持たん。

「ドラゴンズクラウン冷めたって言ったのメタじゃないのさー!!」

「いやぁそうだね、確かに言ったね私。しかしあれから冷静に考えたところ……マゾ大喜びな過酷極まりない状況に飛び込まないわけがなかろう常識的に考えて!!」

「じゃあなんであの時お別れモードなんて言ったのよ!」

「あの時はまぁ、昔の事を思い出して……センチメンタルだったからつい」

「センチメンタルだったからつい!?」

オープニングが暗黒舞踏なアレではなく。

お盆だったのであながち間違いでもないのですが、そもそも感傷的だったからゲーム辞めます宣言とか訳が分からないよ。そんなやり取りを脳内会議してる私が一番意味不明なんでしょうけど。自分で言うな。そんなわけで、ドラゴンズクラウンというより混沌の迷宮制覇マラソンを再開している次第に御座います。本気で底なしだとするならば制覇という言葉自体が意味を持たない所業ではありますが、まあ気の済むまでがマラソンですということで。

もしくはモンハン4が出たらそこで試合終了ですよ。

MHP3並みに酷い出来でなければ順当に1〜2ヶ月程度は潰れるんじゃないかしら。2Dと3Dという差異はあれど、同じ釜のハクスラゲーに分類される以上、両雄並び立つゲームライフはちょっと想像に固ゆで卵。モンハンで素材回収マラソンに飽きてドラゴンズクラウンを息抜きがてらプレイするとかも、ちょっと想像に固ゆで卵。今現在、6巡目=第46階層以降を攻略中なのですが、下手を打つと比喩表現ではなく本当に一瞬で殺られるような有様ですから。

しかもボスではなくただの雑魚相手に。

HP底上げなんてただの飾りです。混沌の迷宮深部に挑むのがエラい人にはそれが分からんのですよ。まだ上層部な1〜3巡目辺りではゴーレムやガーゴイルゲート辺りが鬼門でしたが、今やゴーレムは寧ろ楽カテゴリに分類されます。いや、面倒なのは何一つ変わっていないんですよ? 物理・魔法共にロクに通らないのもそのままですし。大きく異なった点、言い換えれば少し肩の荷が下ろされた点といえば、味方ゴーレムの耐久度を気にかける必要がなくなったことですかね。

どう足掻いても攻撃仕掛ける前に崩壊するしあのデカブツ。

過保護しようにも完全ソロでは手が回りません。残された有力ダメージソースである爆弾はゴブリンが投げても相手ゴーレムにダメージがいくことが判明=手数が足りなくても誘導しさえすればOKなのが分かったので、もうどうでもいいかなと。いっそのこと起動しなくても構わない!(酷) 反面、打って変わって悲惨の一言になってしまったのがパイレーツ。まだ駆け出しだった頃の魔法のランプさえ抑えておけば楽勝ムードも今は昔。ランプ? そんなものを持っていたら

ダメージ少なすぎていつまで経っても敵が減りませんが何か?

にも拘らず、海賊がジニーを呼び出すとかなり痛いのが癪に触る。そしてそれ以上に脅威となるのが、相手ゲージが半分を切るとこっそり紛れ込むアサシン。道中で雑魚にライフポイントを削られる要因の実に八割はコイツなほどの実力者だけに、乱戦上等なこの闘いではより一層の極悪さ加減を発揮するのは想像に固ゆで卵。気に入ったのかそれ。消えるわワープするわ遠距離攻撃仕掛けてくるわ零距離コンボで瞬殺してくるわと、正にアサシン。そんなんもうチートやんかを通り越して、

性能そのものがバグであることを疑いたくなるレベル。

器用貧乏万能職なエルフ使いですら有効な対抗手段が思い浮かばないとか、もうそれ「ぼくがかんがえたさいきょうのざこてき」ですよね? というか、雑魚は量産型の代名詞じゃありませんから。凍結・石化で足止めしてフル火力をぶち込むのが定石ではあるのでしょうが、そうそう都合良く狙った状態異常を付加出来そうな四次元ポケットは装備していません。しかも大きさも控え目なせいで、例え動きを止めたとしても最大火力の上チャージショットが存分に威力を発揮出来ない罠。

同じ理由からキラーラビットも出てきたら号泣。

まだ道中なら炎上させてスリップダメージ頼りでどうにでもなりますが、ボス仕様だとその戦術は根っこからへし折られるのが悲しすぎる。竜巻で削って矢を落とさせる→ジャンプ斜め撃ちを繰り返す作業はもう嫌なんですセンセー。こんな風に機動力勝負な小型機相手だと手を焼かされるものの、多くのボスに採用されている「的がでかい or 下に潜り込める」性質持ちの相手であれば、全カバンに流星のカオスボウを忍ばせている現状ではもう何も怖くなかったり。キマイラとかサイクロプスなんて、更に鈍重なせいで目も当てられない惨状が展開されます。

まあ直撃喰らったらこっちが昇天するんですけどね。

全タゲが集中する完全ソロは本気で血反吐はけますが、例え仲間を連れて行ったところで1ステージどころか1エリアと保たないアンビバレンツ。寧ろ此処までソロでこれるだけの力量持ちで、未だにNPCを随伴させている人なんて居るのだろうか。微妙に気になります、女神ベルナスの祝福がちゃんと機能しているかどうかくらいには。というかアレ、機能していないか効果の反映の仕方間違ってるだろ絶対。何度か使ってみた感想としては、一般的に期待されている付与効果のパーセント底上げ効果ではなく、

開発者が個人の裁量でソートした上位付与効果が付き易くなっている印象。

少なくとも4万払うだけの価値があるとはとても思えん。目に見えない内部データを曖昧な言葉で表現するからこういうことになるという良い範例です。このボッタクリババーめ! 全裸のくせに!!(落ち着け)


9月15日 「殴りまくれ、闘争本能のままに!」

 現在のスキルは「体力+50」と「自動マーキング」。敵探すのめんどくて嫌いなんです。

 いかにも南国っぽい雰囲気のチコ村に駐留し、主に氷海へ出向いてあれこれ依頼をこなしているハンターライフ。これだからファンタジーは。というわけで、日時指定お急ぎ便で無事届いて以降、それなりに休日コストを費やしてプレイ中なモンハン4。プレイ時間からするとそこそこのハマリ具合だと予想されます。具体的にいかほどかは察してお願い。

というかあんまり直視したくないお年頃。

ちゃんと睡眠は取っているので言うほど酷くはないはずですけどね。世間一般における普通とゲーマーのそれは物差しが違うということでひとつ。まだ村クエをこなしてストーリーを消化中なので結論付けるには時期尚早ながら、今作は充分にアタリな出来と評していいのではないでしょうか。チュートリアルも最初で一気に詰め込むわけではなく、少しずつ段階を踏んであれこれ叩き込んでくるのが好印象。キークエがどれなのかも判断し易く、ここから狩人の世界に足を踏み入れる新米ハンターさんにも非常に親切な作りになっていると思います。

そしてテツカブラ辺りで心を折られるとみた。

上げてから落とすのは基本中の基本ですよね?(良い笑顔) MHP2Gほどではありませんが、此処最近で比較すると序盤から敵が少しえげつない感じ。病巣のデパートなネルスキュラとか初心者大丈夫なのか。他にもババコンガが広範囲毒ガスブレスを炸裂させたりと、熟練者でも、いや寧ろ熟練者だからこそ度肝を抜かれるサプライズもきちんとご用意されております。予想外すぎて顎がフリーフォールしやがったわこん畜生。

導入部の古龍撃退に比べればオブラートに包んだ衝撃レベルでしたが。

アレは噴くなという方が無理無茶無謀。ジエン・モーラン狩りまくってたから問題ないとかそういう話じゃありません。あと現時点で語れることといえば、新要素のジャンプ攻撃が面白いということぐらいでしょうか。ジャンプというより自由落下だろあれとか言ってはいけない。愛用武器がハンマーな事も手伝って、酷い時には飛び乗り or ジャンプ特殊攻撃でダウンを奪ってからのタコ殴りからの気絶からのワンモアタコ殴りからの討伐とか

「もうそれコンボっていうかハメですよね」と真顔で言いたい。

超高々度からの大剣唐竹割りが流行りそうな予感。何そのダイゼンガー。


9月22日 「良い仕事してますねー」

 スキル欄に並ぶのは「自動マーキング」「回復速度+1」「砥石使用高速化」「斬れ味レベル+1」の文字。何だこのモノグサ仕様。

 空いた時間と余力をひたすら注ぎ込んでいたら速攻でハンターランク5まで到達してしまったモンハン4。そんなペースで大丈夫か、主にゲームの寿命的な意味で。元々自分の力しか頼りにしていないソリスト上等主義なので、集団狩りが前提の集会所クエも特に躓くことはなく。強いて言えば上位に上がる時の「高難度:砂を渡るは錆びた岩船」のダレン・モーラン戦くらいでしょうか、本気でヒヤリとしたのは。撃龍船の耐久度が10パーセントを切った状況で時計がカラータイマー点滅中。何とか耐え切れるかと無心でハンマーを振り下ろしていたら

残り時間20秒で討伐出来たとかもう笑うしかない。

ゲームの中でまで漫画のような展開にならなくても良いと思うの。こんな真似しでかしたプレイヤーは私以外間違いなくダレモオランっていだいいだい石投げないで投げないで。村クエでシャガルマガラを屠ってエンディングを迎えた後、そろそろ装備品もどうにかしたいなあと欲が出たのが運の尽き。匠装備を揃えるための狩り生活へヨーソローした結果、先の結末に至る。具体的にはこんな航路。

 

・加工担当の無口さんと熱い視線を交わしたまま、装備品リストのスキルポイント欄とにらめっこしながら検証してみた結果、下位の状況でもギザミヘルム・ゴアメイル・ギザミアーム・ガブラスーツベルト・アークグリーブの組み合わせであれば「斬れ味レベル+1」が発動することが判明。入手すべき装備品さえ定まれば後は行動あるのみ。人狩り行こうぜ! 間違えた。一狩り逝こうぜ!(まだ違う)

・とはいえ、流石に匠装備だけあって入手するのは骨が折れそうな予感。唯一、手持ちの素材で即時作製可能なのはアークグリーブのみ。今この瞬間、何人のプレイヤーが「おいちょっと待て」と突っ込んだのかは不明。ええ、問題なく作れてしまったんです。一回しか討伐してないのに天廻龍の逆鱗が二枚もあったりしたんです。剥ぎ取りで連続して出てしまったんです。あー逆鱗が普通の鱗扱いなのねーとか気楽に考えていたらバッチリレア素材で噴いた。もう此処まで来るとギャグとしか思えん。一枚しか要らんのに。

・続いてターゲッティングしたのはガブラスーツベルト。入手難度の低そうな素材が並ぶその最下段に、一際異彩を放つ蟲のコイン。どうせ闘技場絡みだろうなあと容易に推測が出来たため、とりあえず現状用意されているクック先生とアイアイを撃破したら追加で虫クエくるかなーとか安易に考えていた私が甘かった。そうなれば立てるべきフラグはハンターランクしかないと判断し、そのまま集会場に通う毎日が始まる。村クエそっちのけで。結果、HR3クエの「重量級の女帝」を達成したことによりフラグが立った! フラグが立った! よーしパパ、闘技場でコインもらっちゃうぞー。……などと非常に短絡的な書き方をしていますが、HR1→3まで上昇させている時点でどれだけのクエを回った&時間と労力を費やしたかは察して余りある。というか、明らかに挑む順番がおかしい。

・装備品ではなく腕と相談な闘技場で後れを取る理由も特になく、ガブラスーツベルトを順当にゲット。次は名称からして入手難度自体は低そうだけどプレイヤー的に高そうな素材を要するゴアメイルを入手することに。ハンマー使いに尻尾をどうにかしろとか鬼か。まあ本気モードだと大剣持ち出すから無問題だけどな! 微妙に後日談にはなりますが、ハンマーで三落ちしたブラキディオス相手に大剣使ったら楽勝だったことに甘じょっぱい気分を覚えたのは内緒。MHP2G時代は大剣と双剣で何とかしてきたとか、今のハンマー馬鹿具合からは想像もつかないとは本人談。閑話休題、ついにねんがんの ゴアメイルを てにいれたぞ! 端折りすぎですかそうですか。でも実際、大剣の封印を解いてしまいさえすれば尻尾斬ること自体は朝飯前なので、これといって書ける事もなく。

・残すは2つの防具ながら、狙いどころは一つと同義なギザミ装備。双方共に鎌蟹の鋏がひとつずつ必要→通常では手に入らない素材なので竜人問屋の素材交換で入手するしか方法がない→交換品の寒気立つクチバシが出ない。このルートにはまり込んだ人手を挙げてーと元気良く声をかけたら、四方八方から返事が返ってきそうで困る。並びからしてドロップするモンスター自体はガララアジャラだと推測出来たものの、それが本当に正しいのか自信がなくなってくるほど出やしない。クチバシと表記されているので頭フルボッコ祭りを開催しても出ない。捕獲報酬で出るかもと淡い期待を抱いてみても裏切られる。正直コレが脳裏を過ぎった。それでも諦めずに挑み続ければ報われると信じ、ふとした折の戯れに落し物を拾ってみたら一個入手。こっちかよ。それなら今後は落し物を漁ることに全力を尽くそうかと兜の緒を締め直したら、その回の剥ぎ取りであっさり二個目ゲットしてしまったというオチがつく。普通の生活が送ってみたい今日この頃。

 

友達よコレが私の匠装備揃えるまでの仕事です。上位装備がリストに名を連ねたことで現在は一部装備がリストラの憂き目に遭っておりますが、これらを手にするために現在進行形で奔走中なハンター諸氏も決して少なくはないと思われます。だがしかし、私は言いたい。あえて言いたい。下位の時点で「斬れ味レベル+1」が発動出来るのは確かに魅力的な提案ではありますが、運よりも腕に自信がある方の場合は

素直に上位クエ目指した方が早いと思うの。

現状でも腕のギザミアームだけは代替品が見当たりませんが、それ以外ならもっと簡単に作れそうなのがゴロゴロしているのが悲しい現実。あと、護石マラソンもHR5までは控えた方が無難だと思われ。天空山行った途端に物凄い脱力感に襲われることになると思うので。


9月28日 「当たらなければ以下略」

 オトモのキリン装備で盛大に噴いた。ネコがポニーテールとかお前。

 本日は「ハンターランク6になったぞぉぉぉッ!」という雄叫びを上げる予定でしたが、内容を変更いたしまして「ハンターランク7に到達しちゃいました」の報告をお届けいたします by モンハン4。どうしてこうなった。いや自虐的な意味でなく結構本気で。キークエの数がこれまでに比べてダントツに少ない&ピンポイントで特定余裕なのも一因ではあるのでしょうが、討伐対象の大半が新顔ではなくちょっと捻っただけの亜種なのが酷い。もっと正確に言うのであれば

亜種の弱体化が酷い。

ティガレックス亜種とかもう冗談としか思えない弱さとなっております。突進絶咆哮の当たり判定考えたヤツ、職員室前で正座しなくていいのでおデコに『ヘタレゲーマー』と油性ペンで書くの刑に処す。何あの殴り放題タイム。他にもリオレウスやジンオウガなんかの亜種が居たりするものの、特徴的な攻撃手段が増えている分、かえって対処がし易くなっていたり。HR7昇級試験の「高難度:廻り集いて回帰せん」で戦うことになる上位シャガルマガラもある意味でゴア・マガラ亜種感があるというか、

的がでかくなった分殴り易いだけというか。

対大型用ガチスキル構成で挑んだせいで、普通に初見にて屠ってしまいました。ポーチの中に大量の素材玉とドキドキノコが忍ばせてあった事実は君と僕だけの秘密だ。相変わらず発動スキルの要が「斬れ味レベル+1」であることに変わりはないものの、相手の程度が結構タフボーイ且つ喰らうと痛い領域の難易度になってきたため、しっかりとスキルを吟味して防具を揃えてみたりするテスト。現在はこんな感じ。

 

○通常狩猟仕様装備

武器:ラヴァ・コア……千里珠【1】×3

頭:ナルガヘルム……跳躍珠【1】

胴:ナルガメイル……跳躍珠【1】

腕:グラビドSアーム……千里珠【1】×2

腰:クロムメタルコイル……なし

脚:アークグリーブ……回避珠【2】

護石:風圧1、回復速度10……千里珠【1】×3

発動スキル:「自動マーキング」「回復速度+1」「回避距離UP」「回避性能+1」「斬れ味レベル+1」

 

解説:とりあえずツッコミは護石か「自動マーキング」かのどちらか片方でお願いします(おい)。回避関係を発動した上で空きスロが8もあればもうちょっと防具をアレやコレやして有用なスキルの発動も十二分に可能なのでしょうが、そこはあえての「自動マーキング」。だって敵を探すのが面倒なんだもの。千里眼の薬売ってないんだもの(※注:旅団ポイントで交換は出来ます)。ペイントボール? そんなものぶつけてる暇があったら殴るよ!(駄目だコイツ) まあ真面目な話、ただでさえ火力馬鹿なハンマーを獲物にしている関係上、回避性能を上げればあんまり必要とするスキルというのもそんなにはないのですよ。スタミナ底上げしたりスタン値上げたり相手のスタミナを奪取したりとかはあればあったで嬉しいものの、なくてもそんなに困るという手合いのものでもなく。寧ろ面倒くさがり屋な私にとっては「自動マーキング」が必須! 君無しでは生きられない!(病院行け) ただまあ、それはあくまで複数エリアに跨るフィールドを狩場にしている場合の話な訳でして。そうでないのであれば……

 

○対大型決戦仕様装備

武器:ラヴァ・コア……研磨珠【1】×3

頭:ナルガヘルム……跳躍珠【1】

胴:ナルガメイル……跳躍珠【1】

腕:グラビドSアーム……研磨珠【1】×2

腰:クロムメタルコイル……なし

脚:アークグリーブ……回避珠【2】

護石:回避性能2……回避珠【2】

発動スキル:「回避性能+2」「回避距離UP」「砥石使用高速化」「斬れ味レベル+1」

 

解説:はい、こういうガチ戦闘仕様になってしまうわけです。シャガルマガラ戦で攻撃喰らわなさすぎて泣けてきた。頭上注意な落雷がヒットの半分以上を占めていたと振り返ってみて思う。実際問題、「回避性能」と「回避距離UP」を発動していると見違えるほどに回避の使い勝手が上がるため、上位クエで苦戦を強いられているハンターさんは一度試してみるのも吉かもと提案してみる。下位装備のくせに上位素材が必要だったりしますけど。

 

MHP2Gほどではないものの、一発喰らうと身動き取れずにハメ殺しという状況もままあるため、やはり攻撃を喰らわないことが勝利への第一歩だと思う今日この頃。ガード? そんなものは知らん。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF