平成26年10月分はこちら。サボリ気味、主に人生を。


10月4日 「スペインショックに学ばない」

 「不測の事態」って便利な言葉ですよね。「前向きに検討する」と同じくらいに。

 本来の意味はいざ知らず、一般に投資と言われて思い浮かぶ世界において、暫定的な価格はそれ単体の価値よりも外的要因に左右されることの方が多いものです。取り巻く環境然り、需要と供給のバランス然り。これから先もトレンドが変わらないという保証はなく、また合成の誤謬により極端な暴騰・暴落を招くことも珍しくはなく。つまるところ、何が言いたいかといえば

太陽光発電に金をつぎ込んだ事業家さんたち完全終了のお知らせ。

電力会社なんて天下り先=国だというのに、それを信用して投資するとか尊敬します。金をドブに捨てても構わない精神力をお持ちな点についてのみですが。今月一日付けで三社増加し、計五社が太陽光による発電電力買取の新規受け付けを停止したことにより、不満と問題点が一気に表面化した模様。最初が沖縄、次いで九州、とどめに北海道・東北・四国と地価の低そうな地域から買取停止を決断している辺り、

やってしまった&手遅れ感が凄い。

そりゃまあ、「土地買ったよ! 設備も設置したよ! いつでも電力供給できるよ!」からの買い取れませんじゃ納得いきませんわな。とはいえ、こうなる前に充分予測出来たことだとは思うんですけどねえ。日照時間が長く土地の余っている地域に人気が集中するのは一見当たり前のようですが、そこから一歩踏み込んで「何故土地が余っているのか」までは考えが及ばないものかなあと。平たく言えば

使う分を上回るだけの電力を買うところがあるのかと。

工業地帯があるなどの地理的な事情まで考慮した上での判断であれば兎も角、単にコストパフォーマンスが良い点だけに着目して飛びついたパターンが多そう。投資をするからには合成の誤謬くらい知っているはずとは思いつつ、それを見越した上で「いち早く着手していれば大丈夫だ。問題ない」という考えで動いている部分もあるのかも。実際、株なんかでも将来的には何処かでナイアガラが来るとしても、連騰前に買えていれば勝ちってことが少なくないですからねえ。

ただし売り抜けが出来る場合に限る。

電子上の取引であれば欲の皮が突っ張った別の投資家に押し付ければそれで終わりですが、設備投資などの事業はそうもいかないのが困りモノ。その辺りも件のハズレくじを掴まされた事業家達がやかんの如くぽっぴっぽーと激おこな理由の一つかと。損切りすれば済むなんて話じゃないんです。損切りすら出来ないんです。塩漬けしても意味ナッシングなんです。八方塞とは正にこのこと。まあ、極論で切り捨ててしまうなら、最初の方で語った

「何で国なんて信用したの?」になってしまうわけですが。

事業主に有利な価格で墾田永年私財法なんて、そんな美味い話あるわけないのに。消費者に価格転嫁されても困るので、自腹切って変電や蓄電設備を整えた上で叩き売り並みの安価で電力を供給し続けてくださいね? 投機家も少しは世間の役に立ちましょうよ(良い笑顔)。ああ、それと買取を見合わせた電力各社の役員の方々へも一言。「出来ると思ってました」とか「予想外でした」で本当に事業者や消費者が納得してくれると思っているなら、

いっぺん小売の店頭に立って接客経験してこい。

一方的な物言いがどれだけ受け入れ難いかを身を以って味わってきた方が良いと思うよ? 「そっちの都合なんて知らない」のはお互い様でしょ?


10月5日 「良いのよ? もっと褒めても」

 何気に道中のMVP率も高かったりする。着実に対潜艦の数を減らしてくれるのは正直ありがたい。

 月曜日に「えへへ、来ちゃった」とはにかんだ笑顔で訪問した後に大暴れすると予想される台風18号に備え、地元どころか世界に誇る私自身もかつては前線で戦った某大企業は県内12工場における当日午前中の操業停止を決定したそうで。関連企業やライバル会社で傭兵していた時もそうでしたが、台風や豪雪などによる操業停止や操業遅延、見送りって意外に多いんですよね、この業界。これもひとえに「従業員の安全第一!」というコンプライアンスに基づいた

なんてことはなく運搬面での問題に対して配慮した結果なんでしょうけど。

折角丹精込めて作り上げた商品が運送中に駄目になる可能性や、そもそも輸送自体が非常に困難、もしくは不可→プールしておける面積にも限界があるから製造しても困るだけ。はい、ラインストップです→やることないから何かして時間潰してて。それともこの悪天候の中だけど帰る? なんて無駄コンボが発生するよりは、潔く最初から休み扱いにしておいた方がロスは少なかったりするものなのです。勿論、製造計画にも若干のズレは生じますが、

どうせ何処かで振り替え出勤させられるので無問題。

突発的な天災での休みを喜ぶのは学生だー。本来あったはずの連休を一日削られることに涙するのはよく訓練された社会人だー。特にどうとも思わないのは社畜です(おい)。急いては事を仕損じるとも言うように、悪い環境下で無闇に足掻くよりも、文字通り嵐が過ぎ去るのを待った方が賢いなんてことも決して珍しくはなかったり。目先の欲や一時の感情に流されるより、もっと大局的な視野を以って物事を見ましょうよと

今月分の5−5攻略で大ハマりしたお馬鹿提督な私が言ってみるテスト by 艦これ。

まだゲージ削り三回成功しただけなので過去形じゃないけどね! つまりもっと資材が溶けるってわけだ畜生!(落ち着け) 先月攻略時の滑り出しが下手に好調だったのが悪かったのか、今月は10回以上挑戦しても一度としてボスに辿り着くことすら許されない体たらく。もう大破撤退しまくるしまくる。鬼門の三戦目どころかそこまで到達出来ないこともザラ。加えて先月は主な撤退理由が潜水艦の大破だったのに、今月に至っては戦艦が損傷を被るケースが多発。

もっと正確に言うなら戦艦というより榛名。

どうにか到達した三戦目の開幕航空戦で一発大破は顎が外れた。それならばと編成を変えて潜3を軽空1空母2に変えて制空権を取ろうと試みるも、今度はエリレ級の開幕雷撃で一発大破を喰らう罠。お約束通り空母が。メタは激怒した。必ず、かの邪知暴虐のエリレ級とフラヲ級改とその他諸々を除かねばならぬと決意した

と同時に資材残量のトップがボーキな事実に恐怖した。

大和型二隻を本隊に入れているせいで燃料弾薬鋼材の消費がマッハ&他に攻略中の海域がないためにボーキの減り様がないからとはいえ、平時の他資材を犠牲にしてでも掻き集めているイメージからすると複雑な気持ち。この非常事態に直面して冷静になれたのか、一にも二にも丹念なキラ重ね付けをすることに専念し、本隊は一度出撃したら大和型を除きキラが剥がれてなくても各員一度ずつ1−1への出頭を徹底することに。その結果、

半々ぐらいの確率でゲージ削れて「資材返して!」と叫びたくなった。

しかも最深部に到達出来さえすれば100パーセント中の100パーセント成功している始末。今までは二重で充分だと考えていたのに、思った以上に二重と三重キラの壁は厚かった模様。乱数の気まぐれかも知れないけどそういうことにしておくと精神衛生上良い感じ。道中で対潜攻撃をことごとくかわして無傷で凌いだ挙句、小破にもなっていないフラヲ級改にカットインぶち込んで一回目のゲージ削りを成功させたイクさんマジ天使。泳ぐ18禁とか言ってすみませんでした。

最終戦で大体大破している武蔵さんも一緒に謝ってください。

この人だけは無事で済んだ例がない。良くて中破でカスダメ連発か、悪くて大破で夜戦は置物化。三戦目のエリレ級による開幕魚雷を中破以下で耐えるのが主なお仕事です。お前本当に大和型か!? 姉がどんな状況下でも高確率でスナイプを決めてくれるイケメン艦娘なだけに、その落差がより一層凄まじい。榛名に変わって投入したzweiにもなっていないビスマルク改ですら、昼戦の砲撃でフラヲ級改にクリティカル一撃で100以上のダメージを叩き出しているというのに。

それはそれで明らかに異常なんですけどね。

火力底上げのために46cm三連装砲と試製41cm三連装砲×2積んでいるからって、高速戦艦が出せていいダメージじゃないと思うの。そんなに勲章が欲しかったのか!? いや欲しいけどね!?(お前がか)

 

お馴染みの追記:寝る前にラス1行っとくかーと、日付変更線ギリギリの出撃にて無事4回目となるゲージ削りに成功。最深部昼戦終了の時点でこちらは一隻も大破なし、敵残存兵力はフラヲ級改大破、エリレ級小破、あとアウトオブ眼中の潜水艦といった状況だったため、夜戦突入直後に安定の大和さん旗艦スナイプにて危な気なく撃破。冷や冷やしたシーンを強いて挙げるのであれば、

一戦目の航空戦で中破とかマジ勘弁して下さい武蔵さん。

初っ端から冗談抜きで心臓に悪かったわ! そこから一度もタゲられなかったお陰で問題なく突破出来たから良いようなものの、三戦目で空爆か魚雷喰らったらアウトだったって自覚ありますか!? それから最終戦の夜戦まで中破のままだったことはある意味賞賛に値するけれども! もうね、此処まで来ると

ほんの少し前に痛烈に扱き下ろした分の仕返しと思わなくもない。

ちゃんとゲージを削るという目的自体は達成出来ているので、意趣返しって程酷くはない辺りが特に。修理費用? やることやってくれていれば必要経費ですよ、そんなもん。ともあれ、ノミサイズの提督ハートをバクバクさせてさぞや満足したことでしょう。したり顔のままで結構ですので、ゆっくり湯船に浸かって休んで下さいな。

「……ちゃんと準備した?」

「何の準備ですか?」

「わーっ! 武蔵先輩のお風呂溢れすぎですーっ!」「脱衣所水浸しになってるぞ!」「畳が! 畳がーっ!」


10月7日 「幸運の女神のフレンチキス」

 結果という通過点に目を向けるのではなく、その先にある世界を見据えて。どんな“今日”が欲しかった?

 今に始まったことでもなく、ましてや私だけに訪れることでもありませんが、万事が万事芋づる式に上手くいくなんて都合の良い話があったりするものです。今日はそんな良い日の一つ。たかがゲームのことなれど、個人的には引き寄せのツールとして利用している側面もある以上、目に見えた成果が現れるのは喜ばしいことでして。感謝の気持ちを抱くに充分な出来事が舞い込むのは、その大小にかかわらず嬉しいもの。

それを「良かった探し」と捉え始めるとちょっと病んでいる気もしますが。

一見ポジティブシンキングのようにも思えるものの、あれって都合の悪いことに蓋をする、見ない振りをする、謂わば抑圧の形のひとつだと考えてしまう私はへそ曲がりなのかどうなのか。問題とそれに纏わる感情を手放さずに握ったままで、他の事に目を向けて上書きする、みたいな。どうにも目指す場所が解放の先にある領域だとは思えない。とりわけ受容に至っては真逆に位置しているような感すらある。

本人がそれで幸せなら何も言うことはありませんけど。

某顔を差し出して食わせるヒーローの主題歌ではありませんが、何がその人の幸せなのか、何をして喜ぶかなんて嫌だろうが何だろうが分からないのが当たり前。それどころか当事者ですら分からないことも珍しくないのに、他人がとやかく……よし、今日も脱線具合は絶好調だ。本来語るべき話に戻し戻し。まあ例によって例の如く艦これ話なわけなんですけどね。捻りのないワンパターンですみません。

あと毎度毎度有り得ないオチばかりでホントごめん。

まったく艦これに触れていない人なら頭の上にクエスチョンマークを浮かべるだけで済みますが、提督業を営んでいる御仁の場合は複雑な感情を抱くか、もしくは「嘘だ!」と叫びたくなること請け合いだと思うの。重ね重ね言っていることではあるものの、私も自身が体験したことでなければ怪訝そうな表情を浮かべながら「どうせ創作ネタだろ」と言いたくなるような有様ですもの。逆に言うと

自分の目で見ているからこそ疑う余地もなくてマイッチング。

結果的にはラッキーなことばかりなため、困ることは何一つないのでウェルカムではありますけど。強いて言うなら操作中は飲み物厳禁くらいでしょうか。噴かずに済ませる自信はない(おい)。そもそも事の発端は、ゲージ削りを4回成功させた後で停滞中だった5−5攻略中に遡ります。地道なキラ付け作業を終え、支援をきっちりつけて挑むも三戦目にて大破撤退。常であれば此処で再度キラの重ね付けをするところながら、何故か「すぐにもう一回行った方が良いかも」という気になったワタクシ。

いや決して焦りから来る強迫観念ではなく。

心臓に負担がかかったり胃がキューっと鳴く様なストレスフル事案に臨む場合、解放をしてからレッツゴーの癖がついているので大丈夫。ダイジョウブダヨー?(何処がだ) 多分これは直観の囁きだろうなと判断し、小破中破大破問わずバケツぶっかけて即座に修復後、間髪入れずに再度挑戦。すると初戦ではっちゃん中破、三戦目でビスマルクが同じく中破するも、他は健在な状態で最深部に到達した

のみならず最終戦の夜戦突入時もそこからほぼノーダメな状況。

フラヲ級改×2と南方棲戦姫の開幕航空戦を空母なしでカスダメに抑えるって。しかも同航戦なのに昼砲撃でもまともにダメージ通さないって。何だこの展開。代わりといってはなんですがとばかりに決戦支援砲撃は冴えず、本隊による砲撃も精彩を欠く有様。駆逐は二隻とも沈めたものの、随伴フラヲ級改、姫共に小破で健在。加えて旗艦のフラヲ級改は無傷。潜(略)。「それでも大和なら……大和ならやってくれる!」と思っていたら、一個下の随伴の方を仕留める始末。あちゃーと天を仰ぎかけた次の瞬間、

武蔵さん主演のワンパンゲージ破壊ショーが華麗に開催。

私がアニメか漫画のキャラだったら確実に目ん玉がダッダーンボヨヨンボヨヨンしてた。現実だからちょっと家出しかけただけで済んだけどね!(おい) 連撃をどちらもクリティカルヒットさせ、小気味の良い音と共に爆発四散する温度計っぽい何か。折角全員健在な味方の手番終了を待つことなく勝利が確定した瞬間でした。此処までくるともう見事と言う他ありません。

その後で姫に大破させられたというオチまで含めて。

本当に転んでもタダじゃ起きんな!? いくらなんでも仕込み過ぎだろ!? しかも後に控えるスク水部隊が全員次々とカットインを決め、きっちり姫まで沈める始末。ちょっとサービス精神旺盛過ぎんよ。というかもっと大事な局面で出してお願い。ともあれ、この勝利の報酬として勲章をゲットしたことにより、ようやくビスマルクをdreiに改造する願いが叶いました。

もうレベルが25を超えている大鯨の視線は気にしたら負けだと割り切った。

その内「て、い、と、く。ていとくー!」と言いながら包丁構えて突進してきたとしても驚かないよ、うん。全力で逃げはするけどな!(落ち着け) 一気に改からzwei→dreiと二段階改造を施したため、鋼材はまだしも散々酷使されていた弾薬の員数が絶望的に合っていない状況下に追い込まれた我が鎮守府。具体的には倍にしてようやくギリ五桁に届くかなーくらい。そしてそんな台所事情にもかかわらず、

何故か大型艦建造に着手したくなったこのクソ提督。

これを世間では魔が差したと言います。良い子の皆は真似しちゃ駄目だぞ! 寧ろイイ大人が真似をしないで下さい(真顔で言うな)。というのもですね、5−5攻略にかまけて忘れていたデイリー開発任務を消化していたら、飛龍さんが紫電改二と零式艦戦62型のホロ艦載機を連続で引き当てるというミラクルをやってのけてくれまして。ちなみにこの飛龍さん、つい先だってのことなのですが、

二連続で烈風を作るなんて芸当を披露してくれたツワモノ。

お陰様でようやく烈風(六○一空)の機種転換に着手することが出来ました。もうウチの艦載機開発担当は飛龍さん以外有り得ない。出撃に関しては留守番多いけどね!(酷) でまあ、5−5突破記念というわけでもありませんが、流れの良い時には乗っておくのが吉かなと。あと此処最近出番のなかったボーキがそろそろ自然回復上限値いきそう。そんなわけで弾薬ケチりつつボーキをペガサス昇天MIX盛りな4000/2000/6000/7000の配分で迷わずポチッてみたわけです。

そこでまさかの6時間40分ですよ。

人間は心の底から驚く事態に直面すると一切のリアクションが出来なくなる。メタ覚えた。まばたき数回分の時間がたっぷり過ぎた後で、ようやく「え? ……え?」とコントのように二度見するのが精一杯。何とも言えない空白の時間に身を委ねた後、呆然とした間抜け面から我に返った間抜け面へと戻り、バーナー妖精さんに出動を要請。いや駄洒落でなく。建造時間が瞬く間にゼロカウントを刻み、そこから現れたのは――

「そう…私が大鳳。出迎え、ありがとうございます。提督…貴方と機動部隊に勝利を!」

ある意味貴女が居るだけで大勝利だと思うの。

これにて大和・武蔵・大鳳・ビスマルクの大型目玉艦四天王が揃い踏みです。本当にありがとうございました。まだ近日追加投入されたばかりのしおいはお迎え出来ていませんが、聞くところによるとそこそこ軽めのレシピでも狙えるようですし、気長に行くといたしましょう。あとは二人目の艦艇修……じゃない、明石さん掘りついでに6−2通ってひょっこり酒匂が出てきてくれれば艦娘オールコンプか。うん、

作り話扱いされても最早否定する気すら起きんわ。

「春イベ中に着任した新米提督が何たら」みたいなタイトルでラノベ書いたら売れますかね?(病院行け)


10月12日 「喉元過ぎても熱さ忘れず」

 恐らく扶桑姉妹と思しきif改装実装も注目度高し。自慢だけの火力が人並みに強化されるのか、欲しかった防御力と速力が補填されるのか。

 食欲読書スポーツ等々様々な楽しみ方が許される季節も深まってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。提督ならイベント一択だと思うメタトロンです。艦これ以外にネタないの!? ねえ!?(落ち着け) 株価はまだしも為替のアップダウンが激し過ぎて鉄道の人身事故多そうだなあとか、薬局の生活用品・飲料・お菓子等の安価且つ充実っぷりに「それらの商品はどこからくるの?」と流通経路を考えてみたいとか、そんなニッチな話題を振っても反応に困るでしょう?

だからといって艦これが一般的だとは露ほども思ってはいませんが。

アクティブかどうかはさておいて表向きのユーザー数だけは着実に増えてはいるでしょうけど、200万ユーザー突破報告から節目数字の話題が何もないため、その内情を窺い知る事は叶わず。最初からクライマックスな鬼畜イベントだったと名高い今期夏イベで心折られて身を引いた新米・中堅・なんちゃって古参もそこそこ居るでしょうし、果たして離れた数を上回るほどに着任する提督が多いのかどうか。まあ尤も、従来のネトゲと違って

他プレイヤーとの接点なんてほとんどないためどうでもいい話。

収益が減ってサービス継続やコンテンツ追加が困難とかでなければ、数が多かろうが少なかろうが影響は無いに等しいので。そもそも人付き合いの濃厚さを求めるようなゲームだとしたら、まず興味すら抱かなかったでしょうけど。さておき、まだ日時の詳細は不明ながらも公式から11月に秋イベが行われるとの正式告知があり、多くの提督は進退の選択を迫られている模様。ああいや、プレイ続行か引退かではなくてですね。

主に溶鉱炉への突撃について。

以前から紙媒体で秋はプチイベの予定と言われ、今回の告知でも中規模とされながらも、夏イベで数多の資材を吹っ飛ばしたあの連合艦隊が再びお目見えするとの事。どの辺がプチで中規模なのか詳しく。運営の腹積もりとしては「面数が少ないからプチだよ!」といったノリなのでしょうが、夏イベであれだけの難易度&ゲージ削り回数を要求された前科があるだけに、とても額面通りに受け取ることなど出来ようはずもなく。

オマケに最後の最後で騙し討ちまでしてくる始末だしな。

個人的にはツイートの内容から容易に推察出来ていたため実害はなかったものの、まったく深読みしない or ツイート見てない人は……それくらいの程度だとどうせE-5すら突破出来てないのが大半だろうから問題ないか、うん(酷)。そんな経緯もあり、現状で戦力不足が否めない鎮守府の提督諸氏は戦力の拡充の手段を大型艦や装備に求めるか、もしくは今居る艦娘の練度を高めた方が良策か。はたまたひたすら備蓄に走って試行回数に賭けるべきかと葛藤していることでしょう。

そして我慢出来ずに溶鉱炉の蓋を開ける未来が見えた。

冷静に考えればよしんば望みの艦娘をお迎え出来たとしても、レベリングに使う時間と資材が不足するだけだと思うんですけどねえ。特に後者。とはいえ、イベント開始時から最奥部突破を視野に入れているのであれば、可能な限り戦力を整えておきたいと考えるのは自明の理。夏イベの最終関門に屈し、枕を涙で溺れさせた経験があるなら尚更。ただまあ、大和武蔵大鳳ビスマルクが居なければ勝てないというわけでもないですよと

軽量且つケッコン艦なし編成クリアした提督が言ってみるテスト。

戦力を活かすも殺すも提督次第。何事も適材適所ってことですよ。活かしどころのない艦娘は、まあ、そう……そうねえ……(おい)。


10月21日 「まだ声も覚えてる」

拝啓

 人は自分の生まれた季節を好きになるというけれど、ラミーとバッカスが好きだったのは丁度見かけるようになる時期に生を受けたからなのか、はたまたただの呑ん兵衛だっただけなのかアーッ!! だからいきなり尻尾をブチッとするのはやめてっていつも言ってるでしょ!? 「えー、じゃあ〜……」って言いながら後ろ手に隠している植木鉢を出そうとしない。良い子だからしまってしまって。

 こっちはこっちで相変わらず……ではないなあ、どう考えても。少なくとも貴女の知っている愚痴りながら必死に歯を食いしばって汗水垂らしている馬車馬ではなくなっているし。頑張らなくなったというよりは、肩肘張らなくなったと言うべきかな? あとは意味も分からずただ漠然と何かを背負っているつもりなのも止めた。知らず知らずの内に自己犠牲の観念に囚われていたんだろうなと、振り返ってみてそう思う。

 今、此処に有る物に。そして此処に在る事に、深く感謝を。そんな引き寄せの理念をあっさり受け入れることが出来たのも、きっと貴女のおかげ。どんなに辛くても、先が見えなくても、いつも笑っていた貴女のおかげ。もう声は届かないかも知れないけど、それでも想いだけは伝えたい。ありがと……って、シリアスになっている時に尻尾を干物にしようとするのやめなさい。てゆーかそれ返せ。

 あーもう、真面目にやろうとしてもちっとも締まりゃしない。まあ俺が難しい顔してあれこれ考えている時なんて大概ロクでもない事が起きてるって事だし、馬鹿やってアホ言ってケタケタ笑っていられるなら、それが一番良いんだろうけどな。ああ、そうそう。つい先日おコタ出したよ。まだちょっと暖かい日もあるから有効活用は出来てないかもだけど、何かあるだけで気分がほっこりする。おいこら、俺を中に突っ込んで行火にしようとするな。

 あと、近況報告としてはー……アレか、ヒーリング系の音楽を流すのも飽き飽きしてきたんで、他に良いのないかなーとか思ってたら、ふと頭の中にPSOのサントラが浮かんできてさ。データは突っ込んであったから久々に聞いてみたら、これが結構感慨深くてねえ。昨今のゲームBGMと比べても遜色がないどころか、寧ろ勝負にならないくらい完成度が高いと思うわ。思い出補正抜きにしても。うん、今も流れてる。

 ……あの頃はこんな他愛もない話題で、よくもまあ何時間も潰したもんだとつくづく思う。話のネタが尽きるより、お互いに笑い過ぎて体力が尽きるパターンの方が多かったもんなあ。もう笑い合う事は出来ないけれど、代わりに二人分笑いながら生きていくよ。取り急ぎまずは笑顔で、今日という日と、貴女という人に、感謝の意を込めて――お誕生日おめでとう。生まれてきてくれてありがとう。じゃあ、またね。……その前にしっぽ返せ。「えー」じゃありません。「むー」でもない。

敬具

曰く、「しっぽつやつやな黒猫」より。


10月26日 「悪意のない殺意」

 存続も企業が背負う責務の一つ。ただし真っ当な企業に限る。

 古来より「貧すれば鈍する」などと申しますが、渇望の囁きに惑わされて功を焦るのは貧しき者も富める者も皆等しく同じなわけで。そもそもそんな甘い言葉に耳を貸してしまう時点で十把一絡げに「心が貧しい」と形容してしまって良いのかも知れませんけれども。一体何のことかと首を傾げる御仁が大半であることは容易に推察されるものの、それでもあえて例え話で聞いてみたい。

命綱に切れ目が入っているのを目の当たりにするのってどんな気持ち?

此処を訪れて下さっているお客様方にではなく、あくまで当事者及び関係者各位に対しての質問ですので、その辺りはお間違えのなきよう。ただ、どれくらい背筋の寒い思いをするかと想像する分には個人の自由なので止めることは出来ません。ええ、出来ませんったら出来ません。いくら私が考えないでくださいと警告を発したところで、

この文章まで読み進めている時点でもう手遅れだと思うし。

お茶目な軽い様式美なので芝居じみていない怒りから振り上げた拳を下ろしてくれるとありがとう助かる。堪忍してつかぁさい。というわけでそろそろ本題へ。株価を眺めるのが趣味や仕事であるのならば当然のように、そうでなくてもニュースに耳をそばだてているのであれば、タカタという企業名に聞き覚えがあることでしょう。

いやジャパネットって単語が頭に付く所でなく。

皆の欲の友は違う、そうじゃない(意味不明)。自動車の安全部品製造メーカーであり、国内外にシートベルトやエアバッグを供給している企業なわけですが、そのタカタさんがエアバッグの不具合なんて致命的なポカをやらかしたことにより、大規模なリコール問題に発展いたしまして。しかもよりにもよって発覚のきっかけとなる事故が起きたのは訴訟大国アメリカだったからさあ大変。ここぞとばかりにバッシングの嵐ですよ。

その不良品を作っていた場所も同国の可能性が濃厚なんだけどな。

「何だそのマッチポンプ」とか突っ込まれても反論の余地はないと思う。装置の良品保証は元より、固定ボルトが斜め入りしただけでも手直しに手間暇をかけるのは当たり前なのが安全装置というもの。ガムを噛みつつ「HAHAHA!」とか笑いながら作業してそうな国民性の場所で製造するのは明らかに間違い。生憎とメリケンの知人には恵まれていないので偏見ありありではあるものの、基本的には「日本のブランド」を背負っているモノづくりの結晶を日本人以外の人種に委ねていることがおかしな話であるわけで。

まあ某企業は国内でもそんな真似をしていましたが。

過去形なのはあくまで現在は私個人と縁もゆかりもないからであって、事実自体が過去形かどうかまでは私の知るところではありません。賭けたら勝つ自信はあるけれど(おい)。しかも聞くところによると件のエアバッグに欠陥があった原因は、製造工程で不良品を撥ねるポカヨケ装置を作動し忘れたり、作業工程回数を減らしたり、保管時の環境管理を怠ったり等々、

組付の人間からフルボッコにされても文句の言えないほど低レベル。

賃金の発生しないボランティアでも横っ面張り倒すわ。これで給料貰ってるとかいったら顔面グーパン不可避。極めつけに記録の不備により一部欠陥品の流通先が特定出来ないとか、比喩じゃなくて物理的にクビを刎ねて良いと思うよもう。いっそのことリコールとか甘っちょろいことを言わず、該当車両を自腹で買い取って社用車 or 通勤車にしたら良いんじゃないですかね。その上でもう一度改めて聞いてみたい。

「命綱に切れ目が入っているのを目の当たりにするのってどんな気持ち?」と。

グローバル化を焦って急速な海外展開に踏み切ったのが一因とか言われていますけど、それは生産性及び品質の向上を求めた結果じゃなくて、あくまで利益を追求するために行ったことでしょう? 自業自得以外にかける言葉がないわ。


10月29日 「自身の智に、自信と共に」

 今度のイベント期間は二週間だとか。さて、何日残して終わることやら。

 運営から正式に11月14日より秋イベントの火蓋が切られるとの告知が来たため、まったり備蓄モードからとことん備蓄モードへと移行します by 艦これ。明石掘ってる場合じゃねぇ! プチイベだか中規模だか曖昧なまま「ひょっとしてレイテじゃね?」なんて憶測も飛び交っていましたが、どうやら今回は渾作戦と呼ばれるビアク島の戦いを支援するために行われた作戦が元になるとか。ちなみにこれを

「ふんどし作戦」と読んだ紳士は今すぐ精神眼科へ直行。

もう「お前が一番混乱しとるわ!」って言っても通じる人は居な……いこともないんだろうなあ、提督業を営んでいるような人の場合は(おい)。元より軍事史には明るくない私はさておき、それなりに詳しい方の間でも知名度はいまいちと言われる程度の作戦だった渾(こん)作戦。そもにして侵攻の支援が目的であるならば、広く知られているわけではないのも已む無しといったところでしょうか。成る程、運営がプチイベントと称するのも良く分かる

と素直に頷いてくれる今期夏イベ経験者な提督はまず居ないと思うの。

陽動だったはずの某作戦で煮え湯をたらふく飲まされた恨み、晴らさでおくべきか。レップウ……オイテケ……!(落ち着け) 史実における作戦参加艦艇をさらっと流し読みした感じでは、E-1が第一次モチーフであるなら重巡・軽巡・駆逐の混成部隊による合戦、E-2=第二次とすればキス島撤退のように駆逐オンリー編成での突破が妥当なところに落ち着きそうな。そしてその例に倣ってE-3を予想した場合、

第三次ならぬ大惨事作戦になること必至な予感。

いくら「あくまで敵機動部隊を誘い出す為の窮余の一策」だからといって、機密中の機密事項な大和と武蔵を担ぎ出しますか普通。アレか、道中及び決戦支援艦隊は大火力じゃないとどうしようもないです宣言か。本隊より豪華絢爛な大砲をぶっ放す支援艦隊ってどうなのさ日向。まあ正直なところを言えば、多少は大掛かりな戦力を投入することにはなるかも知れませんが、そこまでの苦労はしなさそうかなあと。

その後に控える架空戦記なエクストラマップが本番だろうし。

誰一人として史実通りE-3で終わるなんて思ってはいないはず。今回も開戦前にご丁寧にもヒントが出されるかどうかは定かではないものの、もう騙し討ちはあるものと想定して挑んだ方が無難ってものでしょう。とはいっても夏イベのようなマップ毎の出撃制限なんて縛りは恐らくないでしょうし、仮に出撃制限等があったとしても

特に私は困らないので無問題。

準備や練度不足且つ先行組の温情に満ちた後出し情報とテンプレ攻略編成がなければ一歩も進めないむ気のないプレイヤーが泣こうが喚こうが那珂ちゃんのファン辞めようがどうでもいい話なので。それに該当しない自分は提督だって叫べる提督であれば、例え不測の事態に直面したとしてもどうにかするだけの度量はあるでしょうから、何一つ不都合なんてないはずですもの。なので今イベントの最深部が夏イベ並みにこちらの心を砕く気満々でも一向に構いませんよ?

ただしゲージ回復だけは御免被る。

一度削り始めたら不眠不休で耐久レースとか、もうそれゲームじゃないと思います。奴隷ばりの強制労働はノーサンキューデース。


10月31日 「命あっての物種」

 まかり間違ってこの水準が平常運転にならないかなーと淡い期待も。カムバック、寄りで買って引けで売れば儲かる相場。

 ……開いた口が塞がらないというのはこういう状況のことを言うんでしょうねえ。今日の市場における後場の展開を眺めていた人々なら何も言わずとも目と目で通じ合えると思いますが、そちらの方がアウトサイダーであることは想像に難くないため、ざっくりと説明。本日の日経平均が前日比755円高を付けて終了いたしました。以上。

「異常の誤字じゃないの?」と心の底から叫びたい。

チャートから少し目を離した後、再び目線をやってリアルにコーヒー噴きかけた。思わず出た第一声が「は!? トレードツールバグった!?」だったのも無理からぬことかと。個別銘柄ならまだしも、日経平均で直立火柱が上がるとか常識では考えられませんもの。先物の上昇と円安が尋常ではないほどの速度で進行しているのが後付の理由かと思いきや、まさかの日銀総裁による追加緩和の発表がそのバックに控えていましたよ。もうね、何と言うか

そこまでして増税をしたいのかと。

株価が上がっているから好景気だーと主張し、アベノミクスが失敗であることをどうしても認めたくない病をこじらせた結果がこちらになります。そんな感じ。このサプライズをトリガーに極端な急騰を見せたセクターが金融・証券・不動産な辺りでお察し下さい。どう見ても日経平均とTOPIXに影響を与える銘柄ばかりです本当にありがとうございました。

これで「相場操縦は違法です」とかどの口がほざくのかと小一時間。

ああ、相場を操縦するのは駄目でも相場そのものが操縦されているならOKってことですかそうですか。もう民間に警察権を委任してしょっぴかれて磔にされたらいいんじゃないかな。個人投資家に人気な新興市場が連動して賑わうどころか、“リクルートを除いて”直近IPOからも見事に資金が逃げている有様。これで「ほーら、投資は儲かるんですよー! だから皆さんもNISAで投資しましょうねー!」とか言ったところで

国民に自殺を勧めているようにしか見えんわ。

引けにかけて利確っぽい動きも観測出来たので、特に何も手を出さずに本日の取引は終了しましたけどね私ゃ。チキンで結構。抱き石して海の底に沈むよりかはマシです。尤もそれ以前に機関や仕手筋は別として、個人は下手に足を突っ込もうとしない方が無難だったと思いますけど、今日に限っては。何せ強烈すぎるサプライズショックと元々予定されていた数多の決算予想報告が合わさり

アルゴが大暴走したせいかトレードツール死にましたから。

回線不調以外で通信エラー落ちとか初めて見たわ。ついでに注文出して弾かれたのも多分お初。先に挙げた3セクターの銘柄を空売りしていてクラッシュ喰らった個人は今頃電車のダイヤを調べていると思う(おい)。東証一部だけで出来高40億株越え、売買代金4兆突破とか有り得ない数字を刻んでいるため、確実に機関とか仕手筋とか国とか本気出してる。

どう考えてもインサイダーなのが混ざっているのはきっと気のせい。

そうですよねー、外部にどの銘柄を仕込んでおくかを指示するだけの真っ白なお仕事ですもんねー。直接操作していないから不正にはなりませんよねー。……ぶん殴りてぇ(落ち着け)。ただまあ、場中に引成で仕込む気満々、大引け直前にキャンセルさえしなければ買えていたはずのアイフルだけは注文入れたままでも良かったかなーと軽く後悔中。例え小口でも夜間取引で捌けばそれなりには稼げていたはずなので。

そこで処分せずに来週まで持ち越したらどうなるかは分かりませんが。

予想外の出来事が運んできた熱気に当てられて失念している個人投資家も居るかもなーと懸念されるのは、今日という日の持つ重要性。週末だからどうってことじゃないんです。月末なのが不味いわけでもないんです。本日が三連休という素敵なパーティーの入り口なことが最大の恐怖なのですよ。ただでさえ此処最近の過熱感が警戒されてきた状況下で、更に今回の追加緩和による熱狂の火柱祭り。そしてNYダウの値に迫ってきていることから推察するに、

来週火曜の安否が色んな意味で楽しみすぎるレベル。

ノーポジ以外は枕を高くして眠れないこと請け合い。手仕舞いと様子見はメンタル管理の観点で見ると非常に大切だと私思うの。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF