平成26年4月分はこちら。オムニバスと言うのにやぶさかではない。


4月6日 「想いを形に、信念を糧に」

 個人的にはメガサイズのザク戦も大好き。「決まっている……。それは彼らが、ファイターだからだ!!」

 売れれば正義。そんな浅はか且つ卑しい考えの下に量産される、もしくは単なる広告塔としてしか機能していない。つまりは時間を割くだけ無駄と判断し、距離を置いていたアニメ業界。まったく見向きもしなくなって久しくなった頃、ガンプラを題材にした新作ガンダムが異様に熱いとの評判を聞き及んだ不肖私。もう終わりも近いという時期に公式サイトで配信されていた当時の最新話を視聴してみた結果、

何故だかBD-BOXがお手元にある今現在。

それ明らかに何故だかじゃないよね!? というか、本気で最近迷いないな!? 別に後悔なんて微塵もしてないけど!(おい) えー、そんなわけでですね、遅ればせながらガンダムビルドファイターズに燻った半パン魂を再燃焼中で御座います。燃え上がれ……! 燃え上がれ……!! 燃え上がれ……!!! ガンプラッ!!!(落ち着け) いやぁ、恥ずかしながら届くのを今か今かと待ち望んでいましたよ。どれくらいかというと、週末を迎えた夜勤明けに

収録されている全話を一気観してしまうくらい。

現在発売中のBOX1に収録されているのが全体の半分である13話に過ぎない=実質としては6時間に満たない程度とはいえ、流石にちょっと大人気ないと思うの。学生か。折り返し地点まで視聴し終わった感想としては、巷で言われているように「古くからのガンダム好きにはたまらない。ガンダムに興味がなくても楽しめる」。これに尽きるかと。

ただしロボアニメや熱い展開が好みの場合に限る。

美男が居なくて美女がキャッキャウフフしてたり百合百合してたり日常生活を送るだけな、最近におけるステレオタイプな深夜アニメを鼻息荒くしながら眺めるのが好きな人だとちょっと厳しい。魂に訴えかける展開がソウルガソリンな人なら絶対に燃える。萌えるじゃなくて燃える。スクライドやグレンラガンの良さが分かるのであればBD-BOXくらい買ってもお釣りがくるはずと断言出来ます。つまるところ、

理屈っぽい人にはオススメしかねる。

プラフスキー粒子絡みの設定についての考察を皮切りに、細かいところを突っ込み始めるとキリがないこと請け負い。神出鬼没どころか夢遊病と認定されてもおかしくないラルさんは、何を隠そう不法侵入の達人とでも言うのか。そういったご都合主義の数々を黙殺し、「理由なんかいいだろ。今、戦士が此処に居て、熱い展開を持ってきている。それだけで充分だ……!」と言えるのであれば、

第6話後半の戦闘シーンで鳥肌のバーゲンセール。

毎日が最終回と称されるビルダーズ世界において、屈指の神回と謳われているだけのことはある。この回のためだけにブルーレイを購入したと断言出来る御仁もいらっしゃるのではなかろうか。遠距離砲撃からの近接戦闘→移動しながら斬り合い、射撃→「どうでもいいさ……アンタと競り合えれば、それでいい!!」「私もだ!!」→巻き添えでムサイが殉職する銃撃戦→「レイジ! 壊れたら何度だって直す! 前に出るんだ!!」→正面衝突からの

おまわりさんこっちです。

だからどうして学園敷地内に平然と入り込んでいるんですか不審者約二名プラスワン!? ラルさんとフェリーニはまだしも、アランさんは何処から来たの!? てゆーか先輩に発信機でも付けてるの!? そんなどう考えてもストーカーなアランさんの独白中にも戦闘は続き、互いに機体をボロボロにしながらも決して引くことはなく。そして「闘いたいに決まっている……男なら……ファイターなら!!」の台詞が終わると同時に、クライマックス突入。スターダストメモリーを彷彿とさせる零距離死闘。腕はもげ、顔は砕け……持てる全てを出し尽くしたと同時に大破し、爆発を伴いながら消えていく二つの影。これにて神展開終了です本当に以下略

と油断した私が馬鹿だった。

もうね、完全にやられました。最高のサプライズにつきネタバレは避けたいので詳細は伏せますが、思わず叫び声を上げそうになった程の素晴らしさ。スタッフに対して完膚なきまでに白旗を掲げます。挑発の意ではないので攻撃するのは勘弁な。こういった一連の展開もさることながら、他にも色々と細かい芸が仕込まれていて本当に飽きません。第3話でハンブラビのビームライフル爆発→変形して離脱シーンなんて、

マクロスプラスが一瞬で思い浮かんだわ。

私は見識が浅い部類なので、ひょっとしたら他作品の別シーンがモチーフなのかも知れませんが。この手の知識が豊富な人だとツッコミだけで時間潰せそうな予感。


4月12日 「鬼さんこちら」

 「性格が悪い」と「良い性格」。どちらでもお好きな方に丸をどうぞ。

 国語でよくある問題、「この時の筆者の気持ち・心情を答えなさい」。この手の設問を読み解くのが苦手な部類に入る読解力に欠けたりセオリーに気が付かない人の場合、「そんなの筆者に聞かなきゃ分かるわけないじゃん」なんて悪態なのか逃げなのかすら判然としない答えを返すことがよくあることと存じます。確かにそれはその通り。厳密な意味での“正解”は本人の胸の内に問わなければ知る由もありません。ただ、現代社会において必要なのは所謂模範解答、もっと言うなら

都合良く偶像化されたお行儀の良い答えなわけで。

大体にして、ヒントどころか答えそのものが本文中に書かれているケースも少なくないんですけどね。私には分からないというのが分からないとか言ったら叩かれますかそうですか。しかしながらこれ、用意された答えにまで到達するに足る情報量があるならまだしも、そうでないなら非常に有効な心理テストとして作用するのではないかな、と。例えば有名な格言である「1パーセントの閃きと99パーセントの汗(努力)」の一般的に認知されている解釈なんて、

如何にも奴隷社会に生きる日本人らしい誤訳すぎる。

あれを「才能なんてただの飾りです。努力こそ正義!」と受け取る辺り、洗脳教育おつかれさまですとしか言い様がない。改めて語る必要もないとは思いますが、本来の意味としては「いくら努力をしたところで閃きがなければ天才足り得ない」ところが言いたかったわけで。これを誤訳の方で取ってしまうのは、恐らく努力を美化したい、もっと酷い言い方をするなら報われるために努力をしている

という自分アピールに酔っているだけの方々。

別に努力そのものを卑下しているわけではないので、そこは勘違いされませんよう。私も雑草科根無し草目の生物なので断言は出来ませんが、一般に天才や化物と称されるような存在って、そもそも努力なんて言葉を用いないと思うのですよ。少なくとも自分の行動に関しては。それが他人の目にどう映るかをまったく気に留めていないというか、大仰に考えていないというか。ただ設定している目的地に向かって歩いているだけ、みたいな。閃きもそう。問われればまず十中八九、「何となく浮かんだ」みたいな曖昧な答えしか返ってこないことかと。何故かといえば

そうなることが自然であり必然だから。

「閃きがなければ天才ではない」と定義づけるよりも、「天才ならば閃くものである」と置き換えた表現の方がしっくりくる人になら同意を得られると思う。何が違うのかと異議を唱える方に対してはコロンブスの卵を贈りたい。あれは広義において「一見簡単そうに見えることでも最初に行うのは難しい」と解釈されています。つまりは「どれだけ難しく思えることでも誰かが成した後であれば容易い」と同義ですよね? そういうことで良いんですよね?

にも拘らず口だけで行動しない人間の何と多いことか。

コロンブスが卵を立てたのを見て非難した人間の中で、実際にその後やってみた人物はその場に誰も居なかったはず。それを当然だと受け止めるでしょうか? はたまた疑問に思うでしょうか? ……ああ、難しく考えないでくださいね? 正解なんて用意していませんし、あまつさえそこへ誘導しようなんて考えはさらさらありませんから。言ったじゃないですか、こんなのは単なる心理テストだって。まあつまるところ、これまでの文章を読んで浮かんだ感情そのものが

貴方自身の偽らざる本質ということなわけですが。

はい、赤ペンどうぞ。“建前の自分”が“貴方”につけた点数は何点でしたか?(にっこり)


4月20日 「ちなみにサイズは27型LCDワイド」

 他にもメインでフルスクリーン化ゲームしながらサブで情報漁ったり暇潰ししたりとか。ネトゲとかやってると便利そう。

 モニタを一台増設してデュアルディスプレイにしてみたで御座るの巻。といっても、該当単語を聞いて誰もが即座に思い浮かべるような二台隣接配置ではなく、私視点でおコタを挟んで向かって真正面にプライマリ、右手をご覧くださいで視界のセンターにセカンダリを入れてスイッチという、若干変則的なものですが。プライマリがテレビ兼モニタの40型のため、横並びにするのはちょっと厳しいというか、それ以前の問題として

部屋の狭さ的に無理ゲーすぎる。

40型一台の状況でさえハンガーやら本棚やらの領域を若干侵犯しているというのに、これ以上何処に置けというのか。空中か!? 見えない力で浮かせば満足なのか!?(落ち着け) モニタアームを用いて2×2の4画面配置、もしくは2×3の横長6画面配置なんて素敵なオブジェクトに対して憧れは抱きつつも、今はこれが精一杯。グラボがR9 290xなので、スペースの確保さえ可能であればやろうと思えば出来なくもありませんが、

確実に宝の持ち腐れになると思うの。

現状、グラボの性能すらロクに引き出せていない体たらくだというのに。これ以上僕にどうしろと!?(聞かれても) まあ元々、「大画面でPCゲーがやりたい!」といった動機からディスプレイを増やしたわけではないので、特にズラーッと並べることに固執する理由もないのですが。株取引のスキルが上がって必要性を感じるようになれば検討はするでしょうけど、正直サブディスプレイがあるとないとだけでも雲泥の差だと思っていますから。確かにこれは慣れたらもう戻れないというか、

進む以外の選択肢が自動で消去されるというか。

この世に蔓延るあらゆる事象においての共通認識ではないとはいえ、少なくともデスクトップ上に限っては作業領域が広くて困るなんてことはそうそうないはず。ただし広すぎてマイッチングなパターンはあるやも知れぬ。脳内CPUで把握と処理が耐え得る範囲内であればいくらでも情報が欲しいニッチな投資生活のみならず、何気ない平凡な日常の一コマにおいてもお役立ちだと思うのですよ。よくある一例だと平日の夜に「この書類の手直しお願い」と唐突にマイマザーから頼まれたりなどといった

ことが普通あってたまるかこん畜生。

実際にあった話だからメタ困っちゃう。いくら社外秘ではないとはいえ、一応は仕事上で使用する書類を関係ない第三者に公開・訂正を頼むのはどうなのよ。しかもロハで。ここ重要、テストには出ません。モニタ内のデスクトップのみならず、現実世界におけるデスクトップ=おコタの上の作業スペースにも限度という物があるので、手元の書類を見ながら打ち込みをするのは意外と骨が折れたりするのです。そんな時、原本をスキャナで取り込み、別ウィンドウで表示しながら打ち込みが出来るとしたら?

まあサブディスプレイがなくても充分可能なんですけどね。

余談ですが、恥ずかしながら実は今までPCの解像度を1280×720で運用しておりまして。デュアルにした記念に1920×1080へと変更してみたら、あら快適。文字が小さくなるなんて理由で敬遠していた私はなんてお馬鹿さんと自虐したくなるくらいに。単純計算で1.5×1.5=2.25倍になるわけですからねえ、作業領域。そりゃ楽だわ。それにプラスしてディスプレイ増量キャンペーンで横幅が2倍に拡大されているとするならば、これはもう

現時点で既にスペース過剰な気がしてきた。

あったら便利なのは間違いないけど、今の解像度なら一枚でもなんとかなったんじゃないかこれ。登録銘柄、個別銘柄情報、チャート、先物、為替、ニュース、フル板……うん、各ウィンドウのサイズを弄ればどうにかなったような。まあいいや、先行投資先行投資。誰だ今浅考投資とか言ったヤツ。


4月27日 「聖句」

 勿論予定は未定。管理人の成分の半分は気まぐれで出来ています。

 スケジュールと時間に管理されている青銅毎日から、階級と起床時間を気にしなくて良い黄金週間に様変わりいたしました。平たく言うとお休みです、少し遅めの春休みです。単純にお仕事から解放されるのは嬉しいながら、毎度の如くこれといってやりたいことのひとつもないのが地味に悩みの種ではありますが。あ、大丈夫ですよ? 例え仕事がお休みでもこちらの営業は通常通りですから。

つまり安定の週末オンリー更新ですね分かります。

それが平常運転なのは社会人としてどうなのと言うべきか、はたまた社会人だからこそと開き直るのが正しい大人の特権なのか。後者大人げないな!? 話のネタもないのに頻度を高めて更新したところで、出涸らしのお茶に水をぶち込んで垂れ流しているようなものですからねえ。それでも良ければ短文でなら毎日更新なんてのも大して手間ではないのですが、少なくとも私は需要がないと思うの。

今のスタイルでそもそも需要があるのかについては触れない方向で。

こんなのはただの自己満足に過ぎないことは重々承知しているだけに、特に気にしたりはしていませんが。私の言葉が誰かに影響を与えると信じているほど自惚れてはいませんもの。というか寧ろ、変に興味を持ってもらうと困ってしまうような話題もちらほら混じっているわけで。その筆頭候補とも言えるのが出現頻度がぼちぼち上がり気味な引き寄せの法則について。勘違いしている人も多そうですが、これは幸せを得るための手段でもなんでもなく、

持っている波動を増幅させるだけの単純なお話ですよ?

分かり易い一例を挙げるならば、もし仮に「この法則さえ会得すればうだつの上がらない生活ともおさらばだぜヒャッハー!」という人が居たならば、十中八九余計な艱難辛苦を背負う羽目になると思います。本人の願望とは裏腹に。マイナスから逃れたい、今の不幸な状況を変えたいという思考が根底にある以上、持っている波動はその色なんですよ。なのでもし、それと同じような動機から興味を持ってしまった場合、

本気で責任を持てないような事態に陥る危険性があるので悪しからず。

ネットでグーグル先生にでも聞いてみれば、先のケースに類似した話はわんさか出てくると思います。「引き寄せの法則を勉強して実践してみたけど更に状況が悪くなった」とか、「何年も実行しているけどまったく状況がよくならない」とか、そういった怨嗟の声が。何故そうなるのかの因果を理解した上で「そうなるのは当たり前」と感じない人は、引き寄せに関する話を綺麗さっぱり忘れた方がご自身のためかと。

「なら話題にするなよ」というツッコミは絶賛受け付ける。

だからこそただの自己満足だと申し上げているわけで。戯言ですもの、戯言ですもの。たわごとー、ざれごとー。なので、もうひとつくらい落書きを増やしてみる。もしもゼロより辛いマイナスからのスタートで、且つ“幸せである”ために何かを学ぼうと思うのであれば、まずは引き寄せよりもセドナメソッドをオススメします。こちらであれば下手を打とうとも天秤が不幸へと傾くことはないはずなので。

無駄になる可能性はないとは言い切れませんが。

己こそ己の寄る辺、己を置きて誰に寄る辺ぞ、よく整えし己こそまこと得難き寄る辺也。私個人からはこの言葉を贈ったところで、今日はここまで。さてと、お茶でも入れて一服しますか。


4月29日 「つまらないとは言ってない」

 それなりに資材を突っ込んだ建造で神通が三人も出て殺意が湧いた。我が鎮守府における解体のアイドルは彼女です。

 舌の根も乾かぬ内には私の十八番だって言ったじゃないですかー! 四十八の得意技の一つ? いえ、知らない子ですね。ネタがあるなしどうこうというより、少しばかりこちらの都合で更新をした方が良いという判断に至ったもので。実はですね、今巷で流行りに流行っていると噂に名高い「艦これ」というものを私もしてみむとするなりといった次第でして。というか、既に提督として着任済み&1−4まで駒を進めている状態ですが。で、此処までプレイしてみた感想としては、

ブラウザゲー以外の何物でもないなと。

簡潔過ぎてプレイされていない or 関心のない方にはいまいち要領を得ない答えかも知れませんが、この一言以上に語るべき言葉が出てこない。評判通り課金なしでも十二分に遊べるようなので、不名誉の称号そのものであるソシャゲとまでは呼ばないでおいて差し上げます(何様だ)。元々、興味本位で手にとってみたアンソロ本が割合面白かったのが入り口であり、気が付けば本棚に関連本が陳列されている始末。とはいえ、本家にまで手を出すつもりはなかったんですけどね。まあお陰様で、

二次創作家の凄まじい妄想想像力を垣間見たわけですが。

グラと設定と少々のボイスしかないのに、よくあそこまで各キャラの風呂敷広げられるな!? もうあれ想像力じゃなくて創造力の域に達してると思うわ。私がこれをゲームではなくブラウザゲーと呼ぶ理由は主に二つ。プレイヤー側が取れる戦術がほぼなくレベリングに頼るしかない点と、何をするにも兎角リアルラックが絡む点。後者だけなら「TRPGもそうだよね?」と自分を論破することも可能なのですが、前者も関わってくるとなるとちょっと厳しい。そして後者だけに焦点を絞ってみても、

必要な運のハードルが高いわ多いわで困っちゃう。

寧ろ「リアルラックなんて関係ねえ!」と言い切れる提督が居たら顔が見てみたい。メインとなる出撃ひとつ取ってみても以下な感じなんですもの。

・海域にはいくつか進行ルートが設定されており、何処へ進むかは羅針盤に聞いてみないと分からない。てゆーか羅針盤回すな。

・戦闘も攻撃や回避等の命中判定のみならず、ダメージの振れ幅もかなり大きい。勿論コマンドなんてものは存在しない。指を咥えて見ているしかないというのか。YES,I am!

・そして戦闘に勝利すると待望の艦娘ドロップタイムながら、毎回出るとは限らない。そして出たとしても狙った艦娘である保証はない。それどころかまだ居ない艦娘が優先的に出てくるということもない。ダブるのはアータリーマエー。

つまり、最高の攻略法は「何度でも諦めずにアタックするしかない」に到るわけですよ、このブラウザゲー。しかも頭を使う要素もどの艦娘を重点的に育てるかという部分ぐらいしかないため、大抵は死んだ魚のような眼をしながらゾンビアタックを続けることに。果たしてこれをゲームと呼んで良いものか!? 否! 断じて否である!

まあネトゲのマラソンとかも似たような物だという気もしますが。

コンシューマと違ってプレイ時間が膨大なことを前提にした作りになっている、いや、そうせざるを得ないんでしょうねえ。ぶっちゃけ、このブラウザゲーは時間を注ぎ込まないとどうにもなりません。先に挙げたゾンビアタックのみならず、単純に戦力を増強する場合においても。艦これでは一にも二にも資材が全て。出撃はおろか、建造も開発も改装も修理も各種資材がなければままなりません。で、その資材は任務や遠征で稼ぐのみならず、時間を経過させることでも微量ながら補給されていきまして。

それでも我慢できずに課金で購入する提督も居るのかどうか。

一点集中突破でがっつりゲームがしたいプレイヤーには拷問だろうなあ、これ。そういった層が大型艦建造まで辿り着いて資材とリアルマネーを溶かしているとみた。艦これのお陰で日本だけタブレットの売り上げが有頂天なんて話から察するに、きっと課金という直接的な形でなくとも、それなりに散財を強いられている提督は多そう。

書籍を買い漁っている私もそうか。

そして、今の君も!(何なんだ) 結論として艦これは、急いては事を仕損じるというか、急がば回れなコンテンツかなと。功を焦って猪突猛進に振舞うよりも、釣り糸を垂れた太公望であれ。あれもこれもと欲張って集中して遊ぶのではなく、何かしらの他所事にかまけながら片手間でまったり進行。それぐらいが丁度良いと思うわけですよ。ええ、

それが今回更新している理由ですが何か?

……まさかデュアルディスプレイにしたのがこんな形で活きるとはなあ。スクリプト直接アクセスのフルスクリーン状態で経過を観察・指示を出しながら更新出来るとか便利過ぎる。


4月30日 「安いな(色んな意味で)」

 開放したらしたで今度は資材不足になりそうな気も。どいつもこいつも燃料と鋼材食い過ぎ。

 舌の根も乾かぬ内には掟破り其の二だって言ったじゃないですかー! 昨日も同じようなネタをやった? いえ、知らない子ですね。ほぼ類似な入り方からお察しの通り、艦これにて主力が軒並み大破か中破で順々に仲良く入渠(※注:耐久力及び破損状況の回復。お風呂とも言われる)待ちしている状況なので手が空いているのです。午後三時くらいまでは別の他所事で手慰みしていたのですが、そっちは時間限定イベントなので終わってしまうと手の出しようがないもので。

株を片手間扱いなのは我ながらどうかと思いつつ。

どう見ても寄り天展開なのは分かっていたので、それでもボラが大きそうな銘柄を選んで監視はしていたものの、明らかに下げ基調な状況を感じ取ったので文字通り見てるだけでした。下げ相場だと危険を察知して回避出来ても儲けにはならないのが大問題。やっぱり信用口座開いて下げからも入れるようにした方が良いのかしらと絶賛思案中に御座います。そしてそれと同等レベルの深刻な問題として、

入渠ドックを課金して増やすか否かを検討しているワタクシ。

一気にスケール小さくなったな!? というか、株の話からいきなりブラウザゲーの話に飛ぶなよ!? ちゃんと順を追って説明しないとお客さんついてこれないでしょ!?(誰に言ってる) えー、先に発言した通りですね、結構敵さんの強さが有頂天し始めているので、無傷で勝つとか非常に難しくなってきているのですよ。で、手持ちの艦娘をとっかえひっかえしながら攻略しているわけですが、入渠の回転がまったく追いつかなくなってきておりまして。

「まったり進行ぐらいが丁度良い」とかどの口がほざいたのか。

着任三日目にして2−3攻略中。これって進行具合として普通ですよね? ね?(聞かれても) 入渠可能なドックは無課金状態で最初から二つ開放されており、最大二つ増設して四つまで同時使用が可能。お値段にしてリアルマネーで一つ開放あたり野口さん一枚。つまりフルバーストしても二千円札一枚で事足りる程度の些細なお話ではあります。あるのですが……何というかこう、

「課金したら負け」みたいな妙な抵抗が。

あれだけブラウザゲーブラウザゲー連呼した後で「課金しちゃいました。てへぺろ♪」とか格好悪いにも程がある。某ネトゲの没頭時代に月額で同じくらいの料金を払っていた経験からすると、一度払ってしまいさえすれば永久開放というのは非常に魅力的ではあるんですけどねえ。ただ、ほとんど放置で適宜指示を出すだけなブラウザゲーに、そこまでするだけの価値があるのかと考えると……うーむ、もしかしなくても私、

既に運営の術中にハマっているのでしょうか。

利用するか否かを真剣に検討している時点でしてやったり顔されてる気がしますよ!? もっと他のソシャゲのように、一度課金してしまうとやめられないとまらない状態に陥ることが容易に想像出来るのであれば、悩むまでもなく却下するところなのですが。今回の場合、ズルズルと課金地獄に引き摺り込まれる恐れも低く、また代価も大したことはないという親切設計がかえって困りモノ。孔明の罠かこれ。と、此処まで考えた辺りで、課金するイコール

二千円ぶち込んで入渠ドック全開放の方程式になっている自分に気付いた。

毒を喰らわば皿までよの精神ではありませんが、一つだけ開放するなんて選択肢が端からないことに吃驚だ。問題なのは金額じゃなくて課金するかどうかなのー! 沽券に関わる名誉が傷付く話なのー!!(子供か)


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF