平成27年5月分はこちら。ポケットを叩くと甲種勲章が増えた。


5月1日 「24時間、寝なくても大丈夫」

 朝霜がドロップする海域はなさそうなことに対して残念がる提督は多そう。弾薬と燃料を7万くらい飛ばして迎えた身として、その気持ちは痛いほどよく分かる。

 まずはお詫び申し上げなければいけません。近代稀に見るヘボ預言者で本当にすみませんと。来ない情報をいつまでも待って干上がったニボシがあちこちに転がる未来なんて何処にもありゃしないどころか、既に黄金週間に突入していたり明日明後日だけでもモニタ前に張り付けるような方であれば、週末の終わりを告げる鐘の音が鳴り響く前に作戦を完遂出来そうなくらい手心を加えられていましたと

半日程度で最高難易度をあっさり終えたクソ提督が言ってみる by 艦これ春イベ。

尚、攻略中に高波とローマを入手し、攻略後にE-6を周回していたらちょっと遠出してきたユーとお呼びくださいな潜水艦も拾えたため、S勝利どころか完全勝利な模様。自らの力量に合わせた舞台に己の力のみで真っ向から挑み、余すところなく実力を示してみせたご褒美ってところでしょうかね。ほんに有り難いことです。

未だにそれらを求めて徘徊している提督諸氏の惨状を思えば。

前々から言っていることではありますけど、ネトゲにありがちなレア定量説とまではいかなくとも、実装されてから入手のチャンスに漕ぎ着けるまでが早ければ早いほど容易にゲット出来るような気がします。で、現時点で「レア出ねー」とお嘆きの方の大半は、恐らく初期から中期サーバーの古参に属する提督さんじゃないのかなと推測してみる。サーバー毎に先の法則が導入されているのであれば、まだ若いサーバーである鹿屋基地内で切り込み隊長やってる私が恵まれているのも一応説明がつきますからねえ。

まあそれ以外で説明のつかないことは数多くあるわけですが。

ちなみに今回はレアドロップ運を除けばドラマティックな展開は何もありませんでした。新規追加艦だけに留まらず、現時点でドロップ率1パーセントを切っているUボートを10周にも満たない程度のE-6ボスマス参拝であっさりお持ち帰り出来たことが、強いて言うならファンタスティックな……いやもとい、

血涙を流して羨む提督を量産しそうなエピソードでしょうか。

これぐらいの事例があれば「リアルラックは鍛えられる」という私の持論も証明出来たことになりますかね?(聞かれても) 閑話休題、ちょっとどころかストレイトな何処ぞの兄貴並みに速さが足りてる駆け足っぷりになりましたが、軽く今回こと2015年春イベの所感をば。まず全体の雰囲気についてどうしても一言述べたい。述べさせて頂きたい。いくらぽかぽか陽気になってきたからといって、

肝試しには少しばかり早すぎやしませんかねえと。

E-4まではまだしも、E-5以降のBGMがおどろおどろしいことこの上ない。テンション上がらなさ過ぎて眠気堪えるのが大変でしたよ!?(言われても) 曲自体の評価については好みの問題もあるのでさておき、他の時期ならまだしも二周年の節目を祝う記念イベントであるところの今回において、このチョイスは正直ないわーと若干引き気味。例えるなら、お誕生日会で

かごめかごめ大会が開催されているような気分。

もっとこう……あるでしょう!? から揚げくらいは用意してあげてよおかーさん!?(落ち着け) その辺りには目を瞑るとしても、やはり全体的に歯ごたえ不足な感は否めず。海域数は6なのでボリューム面で問題があるというわけでは決してないのですが、如何せん躓くようなポイントがないのは頂けない。尤もこれに関しては大本営発表の行間どころか裏の裏のそのまた裏まで読んで

勝手にハードルを上げ過ぎていたこちらの責任に因るところが大きそう。

蓋を開けてみれば大半のマップが主力を温存しながらの舐めプ、最後の最後ですら一応支援出しておくかー程度で終わってしまう体たらく。数多の自称上級者提督を闇に葬った難易度ナイトメア級の前イベ甲作戦並みかそれ以上を想定して挑んだ日には、そりゃ肩透かしを喰らって拍子抜けしますわとぼやきたくなるってものでしょう。あくまで推測であり何ら事実であることを裏付ける証拠はないものの、

「よっぽど元上級者提督からクレーム苦情が寄せられたんだろうなあ」と宣ってみるテスト。

先のイベントで地獄の甲作戦を先行もしくは自力攻略した武士から寄せられた意見を反映したのであろう「海域クリア後のボス編成は最終編成ではなくゲージ削り時の編成で固定」というレア艦掘りに対しての良変更が施されていることを鑑みれば、一度倒せばはいそれまでよな最後の壁ぐらい鬼畜レベルでも良いんじゃないか

どころかそれが妥当とかいう本音はさておき。

ん? 何か聞こえましたか? 多分空耳じゃないかな(おい)。話を戻し戻し、私を含めて先んじて道を切り開く程度の能力を持った提督はそう感じたことでしょう。しかしながら、万人が万人為せば成るを実践出来る訳ではなく。箸休めってわけでもありませんが、たまには気楽に肩の力を抜いて挑めるライトでポップなイベントがあっても

結局狩るのに全力を尽くしちゃうわけなんですけどね獅子は。

いいんじゃないかと続けようとしたのに、どうしてこうなった。やりすぎちゃったりなんかして(黙れ)。ただまあ、イベントの評判自体は概ね良好か、少なくとも悪くはない所に落ち着くんじゃないかと思います。先に挙げたようなゲージリセットをしなくても掘りが行えるようにした点からも、ちゃんと前イベの反省点を改良したりユーザーからの要望を取り入れて反映させようとする運営側の意思が見えますので。まあ、その理屈でいくと今イベの反省点を活かすであろう次のイベントは

ガチで殺しに来る史上最悪の難易度にしてきそうな気も。

提供された情報におんぶに抱っこな後追い組がドヤ顔でヌルいだのなんだのと語る資格などないというのは、そういう意味合いも含むんですけどねえ。……あんまり調子に乗ると自分の首を絞めるだけよ? 私達みたいなマゾとか揶揄される先行攻略組みたいに、借り物の力に頼ることなくどうにか出来る、その前にどうにかする覚悟があるのなら話は別だけど。

 

寝ぼけ眼にテロ余談:冬イベに引き続いて鹿屋基地は猫爆撃を受け、まともにプレイ出来るようになったのは深夜一時を更に四半時ほど回ってからでした。事前にほんの少しだけとはいえ仮眠を取り、滋養強壮剤も用意して挑んでいたとはいえ、人の記憶とは儚くあやふやなもの。そんな出来事もあったねと撮ったSSを眺めていたら、E-3ゲージ破壊時の一枚が非常にファンタスティックであったことを思い出しました。ブツはこちら。ちなみにこれがどんなシチュエーションかと言いますと、

支援砲撃が炸裂して昼砲撃戦に移行する直前。

慌てて撮ったんですが残念ながら破壊の瞬間には間に合いませんでした。よーく見ると画面左上部にうっすらと「支援射撃」の文字が。お分かり頂けただろうか。


5月3日 「深い釜の底から」

 「金剛型! 伊勢型! 扶桑型! ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!」「お前誰だよ」

 2015年春イベ真っ最中なので5−5のゲージ破壊してきました by 艦これ。違う、そうじゃない。攻略を半日で終わらせるわ、その攻略中に目当ての新規追加艦は全部拾うわ、挙句の果てにドロップ率1パーセント未満な前イベ報酬艦まであっさり拾うわと、此処までやってこれから一体何をしろと。E-4ボス逸れマスの調査でもやってみようかと思って実際何度か行ったりもしていましたが、仮にそこでレア艦娘がドロップしたとしても、牧場しない以上はただの肥やしですからねえ

とイベ前から七隻ほど母港に佇むレベル1三隈を見て溜息一つ。

……どれだけ前イベで朝霜掘るのに苦心したのかがよく分かる数字だわ。それ以外にも初風とか大鯨とかその他諸々どうするかなこれ。閑話休題、最終海域でゲージを破壊した後、再度ボス宅へとお邪魔すると最終形態ではなく削り時の編成が「お帰り下さいご主人様」と出迎えてくれます。いやそれ出迎えっていうか迎撃……あれ? 合ってるのか?(おい) ともあれ、非難轟々だった前イベの反省点を活かし、「よーしパパ、ローマとUボートと酒匂とまるゆ獲っちゃうぞー」なんて意気揚々と掘りに赴く提督を増やす良策

と見せかけて涙で枕を濡らす提督を量産するトラップだと思うのは私だけか。

「潜水艦を発見!」「駄目だ!」なんてコントをリアルに再現。一体何人の提督がユーを求めて資源とバケツを溶かしていることやら。おそロシアおそロシア(ドイツ製です)。私のようなイレギュラー真っ盛りな特異点提督はまだしも、直観力にボーナスを割り振っていない相当数の提督がおいてけ掘りに苦心している模様。まあ、大半が一隻は所持しているであろう前イベ報酬のユーはまだ良いとして、新規艦であるローマが出てこない提督諸氏に焦りの色が見えるのは致し方なきこと。何せ

後日すぐに正式実装されてもされなくても地獄なのは確定しているだけに。

後者は入手機会がないのでそもそもアウト。前者は微かながらゲットのチャンスがあるように思えるものの、大型艦建造に突っ込まれた日にはドイツ勢と同じ条件になりそうなので、姉妹艦のリットリオを所持していない時点で詰み。そのハードルを越えてもローマのみならずリットリオも同時に建造候補に入るとしたら、倍率ドン、更に半分。加えて「イベントでリットリオを入手出来なかった人にもお迎え出来るよう、条件なしで建造可能艦に追加しました!」になった場合、

イタ艦っぽい金剛型とイタ艦っぽい伊勢型とイタ艦っぽい扶桑型が熱烈歓迎ワンダーランド。

まあ、そうなるな(諦め)。無難に不評な大型艦建造へのテコ入れまだ新米だったりこれから着任する提督へも公平を期すなら、旗艦制御無しで単純に追加じゃないかなーとは思いながらも、それをやられると困るのが大型卒業生及び大和型をまだ揃えられていない方々。前者は再び溶鉱炉の蓋を開けることになり、後者はただでさえ出なくて困っているところに余分な物が出る可能性をしおいの時のように追加される、と。そんな未来を回避するためにはそりゃ必死にもなりますわな、うん。

望まざる未来をどうにかしようと思うとそれを引き寄せてしまうわけですがね。

「望むものを持っている」自分がどんな風かをイメージし、そこに今の自分を共振させるだけで結構具現化するものなんですけどねえ。ユーを掘った時の「ああ、来た来た。おいでませー」感は異常だった。


5月5日 「ランキング二桁維持中」

 この時貰った試製46cm連装砲が聯合艦隊で大和に載せて良い仕事してくれている件。微妙な物とか言ってすんませんっしたーッ!

 屋根より高い鯉のぼりが面白そうに泳ぐ中、賽の河原で石を積んでは崩されて三途の川で泳ぎたくなっている提督が沢山居る模様 by 艦これ春イベ。そして昨日から今日にかけて連撃装備の運営が放った今イベにおける邂逅可能艦娘リストにより、まだ解析の進んでいないハズレマス等に一縷の望みを託していた朝霜が喉から手が出るほど欲しい勢も無事死亡確認。

王大人以外が。

さーあ、生存フラグはどんどんへし折っちゃうからねー(鬼か)。過去のケースと比べれば割と容易く邂逅出来そうな印象のある今イベ目玉ドロップ艦であるローマですら、おいてけ掘りに肩口まで浸かるどころかアイルビーバックなんて台詞が聞こえてきそうなポーズになるまでどっぷり嵌っているような方もちらほら。

「削り中にあっさり出た」とか言ったら埋められかねんな私。

まあ書き込みをするような人は割合としてほんの一握りでしょうし、極端な例が目立つのも已む無しって気もしますが。ハインリッヒの法則よろしく、氷山の一角なドハマリ報告1件の下に29件のハマリと300件のハマリ予備軍が潜在しているかも知れないとか考えたが、怖くなったのでやめた(おい)。尤もこれ、ある意味当然の帰結というか、

先行攻略組と情報待ち勢の比率を考えたら妥当な結果というか。

前にも言ったようにレア定量説に近いものが組み込まれているとするならば、後追い組が掘りを開始する頃には既に出涸らしに近い状態なわけで。実際、先行攻略組でローマ掘りに苦心している人なんてレアケースなんじゃないかしら。現状でも攻略情報が出揃っていると言っていいような状態だけに、クリアして掘りに移行する提督が増えてくるのも自明の理。それに比例して出ない報告も増えていく。真相はこんなところじゃないですかね。まあ穿った見方の意地悪視点で言うなら、

愚痴を吐くのは他人頼りの人間だけってことの証明にもなるわけですが。

やれ編成を丸パクリしても安定しないだの、何周しても出ないだの……何処かで分不相応に楽をしているのであれば、何処かでツケを払うのはごく自然なことでしょうに。あと、露骨や顕著とまではいかないものの、どうにも今回は難易度によるドロップ率変動がきちんと仕事しているような感が。少なくとも甲の方が乙丙よりも優遇されているのは疑いようもない事実っぽい。これはアレですか、前イベで

「低難易度でゲージリセットせずに掘りで苦労するのは情弱」とか言っていた輩へのトラップですかね。

尤もこの手合いは情報が出揃うまで一歩も動こうとしないでしょうし、あんまり効果はないような気もしますが。……仮にレア定量説っぽいものが正しいとするなら、情報待っている時点で自ら優位性を捨てているようなものだけどな(ボソッ)。ともあれ、まだ開催期間はたっぷり二週間ほど残されています。周回は計画的にしつつ、悔いのない航海を!

とやる事なくて「紅茶が美味しいネー」とまったりしているクソ提督が宣ってみるテスト。

んー……今月はランカーでも目指してみるかなあ。イベで資源溶かして5−5クリアどころか戦果稼ぎもままならぬって提督も多そうだし。新顔のレベリングついでに5−4回ってみるのも良いかも。


5月9日 「全ての道はローマに通ず」

 地力は大事な大事な財産です。決して自分を裏切らない。

 某所のローマ掘りKマス周回記事のコメント欄にて「書けば出る」教徒が増殖している模様 by 艦これ春イベ。書くことはビジュアライゼーションの一種なので概ね正しくはあるのですが、藁どころかオカルトにも縋りたいぐらい切羽詰っているのであれば、いっそのこと一歩踏み出すどころか立ち幅跳びして引き寄せの法則やセドナメソッドに手を伸ばしてみても良いんじゃないかと

特に書き込んだりはしませんが。

万能薬じゃなくて劇薬みたいな側面もあるしなあ。「書いたら出ると聞いて! お願いします何でもしまかぜ!」止まりなら修行込みの超聖水、「渇望を手放し、入手することそのものではなくそれを入手した自分の感情に焦点を合わせて波動を調整し、それを具現化する前に感謝の気持ちを抱く」まで行くと超神水、みたいな。なるほど分からん。尤も後者を書き込んだ日には

「病院行け」ってレスが付く未来が容易に想像出来るので自重。

もうちょっとマイルドに表現することは可能ですけどね。例えば「一旦ゲームのことは忘れて自分が楽しい事をする。何処かへ出かけるとか、美味しい物を食べるとか、お気に入りの音楽を聴くとか。その後で自分が掘りに行きたいなーと思った時に、『出てきてください何でも以下略』ではなく『出てきてくれてありがとう!』と出てきた時の自分を喜びをイメージしながら掘る」みたいに

少しぼかしたところで充分電波だなこれ。

殊更最後が酷い。まだ不幸の特異点を自称していた時分の私だったら脳内お花畑の一言で済ませてたと思う(おい)。しかしながらこれ、目標を達成するためにそれを成せた現実をイメージし、その道筋を描くために何が必要なのかと考えていく手順を踏むという、仕事において非常に有用な逆算手法に照らし合わせてみると、理に適っている辺りがまた何とも。まあ何が一番皮肉かって、そういった趣味や娯楽にも応用の利く知恵や知識の大半は

実務経験やビジネス書で学べてしまうというその事実。

特化型は万能型にだってなれる。万能型が特化型になることも可能。でも中途半端はどちらにもなれない。ただそれだけのお話。

 

玉石混淆な余談:何でもDB上でのE-6ボスマスにおけるローマドロップ率が遂に2パーセントを割ったとか。当初は5パーセントぐらいあったというのになんたるちやとローマを掘り続けている方々は戦々恐々のようですが、当たり前でしょうと溜息をつきたくなる私は先行攻略組。確率の収束やお一人様1ローマまで制限がかかっているのにユー掘りを続行している勢が居るせいだと実しやかに囁かれていそうながら、もっとシンプルに

「最初の方の数字は先行攻略組が出したもの」というだけのことだと思うの。

最高難易度の甲でボスに辿り着けばS勝利が普通の一番槍と、確率の低い乙丙で挑んだりS勝利が安定せず抽選の機会が少ない殿とで、ドロップ率が肩を並べるはずもなし。……分かった上で現実から目を背けているだけなら、言うことはありませんけど。


5月16日 「与え、受け取る」

 甘やかすと許すは別腹。パスタとスパゲティくらいに違……あれ?

 春イベ最後の週末に突入し、いよいよ以って持つ者と持たざる者の二極化が顕在化してきている模様 by 艦これ。まあ白熱しているのはE-6攻略よりも、寧ろローマを筆頭にしたレア艦掘りという気もしますが。前イベの時のように攻略記事のコメ欄がクリア出来ない難民の駆け込み寺化もしていないようで何よりです。私ですか? ええ、今週は月曜日から昨日まで

決算短信報告と格闘していましたが何か?

市場の開いている時間帯の方が余裕があるような有様って何それ酷い。もう一日に何百と上がってくる数字との殴り合い宇宙に疲れたよパトラッシュ……(休め)。つまるところゲームに時間を割けるほど暇ではありませんでした、まる。提督のリアル疲労抜きがてら、ちょくちょくレベリングに5−4周回なんかはしていましたけどね。イベント海域? 何それ美味しいの?

と五月を迎えずしてやれることを全て終えたクソ提督が言ってみるテスト。

今回は予想外れもいいところでした。いや残念イベだったとかそういう含みを持たせた隠語ライクなものではなく、文字通り私の予想が外れすぎという意味で。祝日一日では終わらないかもしれない→時間余った。難関で攻略情報が出回るのは遅いかもしれない→全然そんなことないよー。甲種勲章の価値が相対的に上がるかもしれない→株価がナイアガラドロップキック(ただし甲2は除く)。掘りで苦労→しなかったことに感謝(ただし個人差以下略)。

そして必要以上に駄々余りな資源。

うん、まあ……うん。……どうしようなあ、イタリアとローマがレベル80になるほどレベリングしても各20万オーバーをガッツリと維持しているこの備蓄。何が起こっても大丈夫なように備えた結果とはいえ、平時は遠征を除いてほとんどやることのない私のプレイスタイルだと、次イベまでにオーバーフローどころでは済まなさそうな気がしてならない。運営さん運営さん、多少暴利なレートでも構わないので

資源とネジを交換してくれませんか?

恐らく夏はガチで殺しに来ることが容易に想像出来るだけに、これまで以上に本腰入れて装備強化をしたいところながら、やはりネックとなるのが入手手段の限られる改修資材ことネジ君なわけで。一応まだ手元に120本ほどあるとはいえ、必要な装備を納得いくまで強化するとなると一瞬で消え去りそうな予感。ううむ、悩ましい。

そうしてネジ課金に手を染めていくわけですね分かります。

私はそこまでする気はありませんけど。攻略に直接関わる要素(重婚や装備強化)にまでお金を突っ込むつもりは毛頭ないので。入渠ドックと母港拡張は必要経費なので除外(おい)。閑話休題、運営から公式にアニメ着任組にも配慮して手心を加えたイベントであるとの大本営発表があったこともあり、先行攻略組などのガチ勢にとってはやや肩透かし感は否めなかったものの、概ね今イベは好評だったといって良いのではないでしょうか。

未だローマやユー掘りに腐心している提督諸氏を除いて。

目玉である海外艦、しかも戦艦の片割れをドロップにしたのは賛否両論かも。あとかもかも五月蝿い艦娘とかもかも五月蝿い艦娘がダブったことも人によっては不満かも。ホントかもです!(黙れ) 冗談はさておき、今回のイベで自己責任から目を逸らし続ける層を除いて最も不満を覚えたのは、冬イベ甲E-5で涙を呑んだ雪辱を晴らそうと意気込んでいた提督ではないかなと。この日のために臥薪嘗胆の想いで鍛錬に鍛錬を重ね、いざ鎌倉と思ったら

運営から舐めプ宣言とか私ならブチ切れるわ。

まあ、今回もラストがジェットストリームアタックだったりした日には、成せる人と成せない人との格差が余計に広がっただけでしょうけど。イベ前に甲種勲章を持っていた人は冬イベを制覇した編成装備を使い回せばそれでOK、そうでない人は冬イベを制覇した人の編成装備を使い回してそれでKO。後者は相手じゃなくて自分が。文字の前後を入れ替えたら見事に結果も大逆転。ふしぎ!

そうなること自体は何一つ不思議ではないけれども。

運ゲー運ゲー連呼している人は、運ゲーにしているのは自分自身であることを……言うだけ色々無駄ですよね、うん。捨てよう捨てよう。ともあれ、開催期間が長めだったこともあり、望む結果が得られたほくほく顔の提督が多数派だと思われる今イベ。初めて導入された能動的分岐のその後も気になるところながら、一先ず成功と言って良さそうな感触。

羅針盤に弄られるのが大好きな真性のマゾは知らん。

私はただのバトルマニアなので違います。違いますったら違います(何故二度言う)。運営側の意図としてはルート固定編成の必要性を下げることで我先にと攻略へ乗り出す提督を増やしたい思惑があるんじゃないかなあと思いつつ、そこにはあまり上手く働かないと予想。便利になった程度の認識に止まるのが関の山じゃないですかね。あとは穿った見方になりますが、

運要素という定番の逃げ道を潰しに来ていると思ったのは私だけでしょうか。

出来ない理由の言い訳がひとつ減るわけですからねえ。元々そういうことを口にしない人には縁もゆかりもない話なので、個人的には関係ないですけど。さて、若干フライング気味ではありますが、最後にお約束をやって締めると致しましょうか。成すべき事を成した提督へ! おつかれさーしたー! まだ心残りのある提督へ! おつかれ現在進行形&未来の貴方へおつかれさーしたー! そして志半ばで刀と一緒に心がポッキリーナした提督へ!

自分にお疲れ様と言ってあげて。

例え何があったとしても、自分だけは自分の味方でいてあげてくださいな。お疲れ様。


5月24日 「おれは しょうきに もどった!」

 連続しているような書き方をしていますが、実際には二日分のお昼ご飯として消化しました。一度に二枚は隠語的な意味でピザだと思うの。

 艦これで5−4周回して戦果稼ぎがてらイタ艦二隻のレベリングしてたらピザ食いたくなったので買ってきた。もう既にレベリングのメインターゲットはイタリアとローマから軽空母やらワレアオバじゃなかった加古青葉辺りにシフトしてはいますけどね。まだ実装されてから一月も経過していないのにレベルが両方92とかどういうことよ

と蔑ろにされ続けている金剛型からの熱いバッシングが来そうな予感。

新参にあっさり抜かれるのも肩身が狭かろうと思ったので、とりあえずカルテット全員レベル90には到達させてあげましたが。余程きついお札制限でも来ない限り高速戦艦枠はビス子、イタリア、ローマで充分っぽいしなあ。正直金剛型は育てる必要性を感じない。90もあれば充分過ぎますねそうですね。

そんなことよりピザの話しませんか。

さーあ、死んだ魚のような眼で今月限りのライン作業に従事する特に面白いわけでもないものはどんどんしまっちゃおうねー。デリバリーしてもらわずに直接受け取りに行くと割引されたり、はたまた一枚頼むともう一枚付いてくるなんてキャンペーンをしている店まであるのがピザという食べ物。つまり原価はお察し。値段が不当に水増しされているものを買うのは縁日だけで充分ということで、近所のスーパーにて安価で買える物を使って満足感に浸ってみるテスト。

無駄に高い消費税払っている時点で充分不当且つぼったくりな事実はさておき。

酒税とかたばこ税、ガソリン税の二重課税については言い逃れ出来ないレベルだと思うの。お詫びとして譲渡益税を(以下略)。まずご用意いたしますのは、あんまり美味しそうには思えない大手のチルドピザ。具体的には日本ハムの石窯工房の「マルゲリータ」と「4種のチーズ」。実際まずい。この際、元々の味については二の次です。度外視です。生地が欲しかった。

生地ならナンでもよかった。

今も反省していない(何が)。更に薄切りのボロニアソーゼージとぶつ切りの照り焼きチキンと細切りのチーズを買い込み、家に帰ってレッツクッキング。まずはマルゲリータから。食欲をそそらない申し訳程度のささやかな具材の上にケチャップとマヨネーズをこんにちは。そこにボロニアソーセージをこれでもかと敷き詰め、その上からチーズを豪快に撒き散らし、オーブンで焼いたらはい完成。大分食いでのあるサラミパイの出来上がりです。

これがまた予想以上に美味しくて正直吃驚した。

これケチャップの代わりにミートソース使って、ピザ生地二枚で具材をサンドイッチ状態とかにしたら、普通にパン屋なんかで売れるような代物になるんじゃなかろうか。可能性は無限大……!(意味不明) お次は4種のチーズを華麗に変身。素朴な乳白色のキャンバスに、お好みソースとマヨネーズでお絵かき。更に照り焼きチキン色に染め上げ、ボロニアソーセージのクロスで隠した後、オーブンで焼いたら

「チーズはどうした」という天の声が聞こえた。

食っている時に気付きましたが後の祭り。そしてそれが災いしたというわけでもないのでしょうが、こちらでも予想外の事態が発生。勿論悪い意味で。いや、味は結構なお手前ですよ? ただし見た目とテーブルマナーは最悪。限りなく流動性の高いお好みソースと照り焼きのたれが合わさって溢れ出る煮汁状態。手をべとべとにしながら食事をするその様は正にチャイルディッシュ。幼児です。お子様プレイです。

お金を払ってでも童心に返りたい紳士には良いのかも知れぬ。

ばぶー、ばぶー。まんまー、まんまー(お前は正気に返れ)。


5月31日 「メタの司令部レベルが2上がった!」

 よくもまあ、飽きもせずこんな作業に没頭出来るものだと感心します。成分の半分は呆れで出来ていて、敬意の念なんて欠片も含まれていないけれども。

 真夏日が続いたかと思ったら火山が噴火したりM8.5の地震が起きたりしている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。今はどの辺りの自然災害が起きたら異常と認定されるのかガイドラインを制定してみたい衝動に駆られるメタトロンです。過去の事例と照らし合わせてみると未曾有だの例外だのと言った表現が的確なはずの事象も、今となってはさほど珍しくも思えなくなっている感覚の麻痺が怖い。

鹿屋基地内での熾烈な500位以内争いも含む by 艦これ。

平素は全く興味のない項目なので比較対象となるデータは手元にありませんが、どうにも今月のランカー争いにおける戦果ボーダーは通常時のそれと比べ相当高騰している模様。これが月の半ばくらいまでの話であれば、私同様「イベ用にがっつり資源を溜め込んでいたけど肩透かし喰らったので新顔のレベリングついでに溶かしてみた」なんて説明で納得がいくものの、ここ二、三日くらいの間で

一日頭60ぐらいずつボーダーラインが上がるなんてどういう風の吹き回しかしら。

5−4換算で一日30周分とか、デッドヒートなんてレベルじゃねーぞ。まあ蓋を開けてみればいつもより中位くらいのランカー数と戦果が増える→500位ギリギリ付近のランカーが追い上げようと必死に戦果を稼ぐ→中位略が念のためにと上乗せをする→500位略が食い下がろうと更に資源とバケツとリアル時間を投入する→以下繰り返しのいたちごっこというだけの単純な話なんでしょうけど。それがラストスパートをかける時期になって余計に顕著になった、と。

心底ボーダーギリギリのランカーじゃなくて良かったと思う。

心のゆとりは能力の証。24時間戦えません(何なんだ)。それなりに本気を出して戦果争いに参加しても100位以内にすら入れないのは少々残念ながら、求められる要素が攻略のそれとは異なるので致し方なしと悟りの境地。その辺りを鑑みるに、どうにかランカー報酬が得られる順位に落ち着くのが妥当な結果じゃないですかね。

ゲームで人生捨てるつもりも人間やめるつもりもないので。

今回は乗りかかった船なので初志貫徹しますけど、流石にこれを毎月続けられるほど暇人ではないです。真の意味での世捨て人は御免被る。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF