平成27年6月分はこちら。日々是ならぬ艦これ風味。


6月6日 「此処は私の領分だ」

 だから常日頃から言っているじゃないですか。「賽の目は因果応報ですよ?」って。

 踏み絵というものをご存知でしょうか。古くは隠れ切支丹、今では隠れオタを炙り出すために信仰対象が描かれた絵を踏ませることを強要し、その反応によって是非を見極めるという被験者がマゾだったら逆に背徳感でエクスタシーするんじゃないかって違うそうじゃない。それに倣ってというわけではありませんが、宜しければちょっとしたお遊びにお付き合い頂きたく。そう難しいことではありません。こちらのSSを御覧頂ければそれで終わりで御座います。

噴いたヤツは提督確定な。

艦これをやっていないと頭の上と中でハテナマークが渋滞すると思われ。何がどう驚きポイントなのかがとんと分からぬ、皆目見当も付かぬ。それが当たり前だと思いますもの。というわけで一見して異常性を感知した提督諸氏はさておいて、それ以外の方にも何がどうおかしいのか分かるように順を追って説明していくことに致します。ちなみに資源とバケツに関しては

これが平常運転になりつつあるので悪しからず。

この後に5−5のゲージを破壊しに行ったおかげで、ボーキ除いて資源が各一万、バケツが20ほど減ってしまいましたが、許容範囲許容範囲。どうせ次イベ始まるまでやることないので貯まる一方だし。閑話休題、お分かり頂けただろうかな話に戻し戻し。時を遡ること一週間、直近のアプデで新たな任務が追加されました。その内の一つがSSに写っている「海上突入部隊、進発せよ!」です。この任務名に

「攻略」「クリア」「方法」「装備」とかの単語を加えたら提督ホイホイになりそうな予感。

その一言である程度の察しはつくことかと思われますが、先にネタバレすると史上最悪難度の任務との呼び声も高い、クリア出来たヤツは何かがおかしいと言われてもおかしくない程の嫌がらせ任務となっております。実際、匙を投げるどころかマウスを投げつけている提督が居てもおかしくなさそう。おかしいが多過ぎておかしいがゲシュタルト崩壊、そんなレベル。

書いている本人の頭が一番おかしいとか言わないでお願い。

あえて否定はしないがな!(しろよ) この任務の何が酷いかって、まず出現させるための前提条件からしておかしい。ボスルートの固定方法がない4−1〜4−4のボスを計12回撃破する必要のある「敵東方艦隊を撃滅せよ!」を達成し、続けて4−4のボスを1回撃破して「敵東方中枢艦隊を撃破せよ!」をクリア。その上で一連任務の最後に出現する「南方海域珊瑚諸島沖の制空権を握れ!」を消化するために5−2のボス艦隊を2回全滅させると、中々の無茶っぷり。

しかもこれを一週間の間にこなさないといけないオマケ付き。

一度「海上突入部隊、進発せよ!」を出してしまえば以後消えることはないとはいえ、東方→東方中枢→南方珊瑚なんて一体どれだけの提督が消化したことがあるのやら。ちなみに私は今回除いて過去に一度もありませんでした(おい)。まあ、これだけなら時間と根気を捻り出せば、練度と資源に自信のある鎮守府にとっては然程難しいことではありません。ただ面倒なだけで。

これからが本当の地獄だ。

はい、絶望のお時間がやってまいりました。ようやく本題突入とも言う。件の任務ですが、内容としては5−1で一度S勝利を取る=全滅させるだけで達成される、極めてシンプルなものです。では何が問題なのかというと、まず最初に「任務に必要な艦娘が完全に固定されていて自由枠がない」ことが挙げられます。頭と小細工を使う余地が装備くらいしかなく、それに加えて指定されているのが戦艦2、軽巡1なのはまだしも、

残りが全部駆逐とか一体何処にピクニックへ出向くつもりなのかと。

実に半数が一人前じゃないレディー達。ハラショー。響だけハブられているけどハラショー(酷)。そして次に指定されている艦娘の内容。高速戦艦である以外に大したウリもない比叡と霧島、軽巡の中ではトップクラスの性能を誇るとはいえあまり重点的に育てている鎮守府は多くなさそうな長良、指輪を渡しているロリコン偏愛主義者も多そうながら改二実装艦が一隻だけの暁、雷、電と、普通の任務やイベントで使った日には

どう見ても舐めプ艦隊です本当に以下略。

提督業を営んでいる人だと、そもそも艦種だけでちょっと待ってと言いたくなるでしょうけど。空母どころか航戦も航巡も使えないとか何の冗談だ。進むルートとしても燃料が減る渦潮+ボス含めて四戦が高確率。運が良ければ渦潮踏まずに三戦で済むこともあるとはいえ、初手で南の渦潮に進む確率が大体四分の三くらいらしいので、まず望み薄。常識的に考えれば75パーセントって大体そっち行きますよね? そう思いますよね?

とまずは一本フラグを立てておくテスト。

とりあえず確率について同意するかしないかのスタンスは決めておいてもらえるとありがとうラスカル。それに加え、道中の敵編成も決して手心を加えられているというわけではなく。いや、勿論難易度としては悪名高い5−5やイベントマップに比べたら全然大したことはありませんよ? ただしそれもこちらが総力を挙げて潰しにかかれる、もしくは艦娘選択の自由がそれなりに与えられている場合のお話。先に述べた固定編成で挑む状況を簡潔に例えるなら、

自らサンドバックになることを志願しに逝くが如し。

確実に制空権喪失する上にフラ戦混じってる。この一言だけで提督なら顔面蒼白なのは容易に想像出来るため、そうでない人向けに極々簡単ながら解説。艦これにおいて制空権というものは非常にたいせつたいせつ。空母や航戦、航巡などといった艦種に戦闘機を載せ、相手の戦闘機と制空権を争って優勢や確保が出来ると圧倒的に有利になります。高い攻撃力を誇る戦艦や重巡航巡、もしくは軽巡などが装備次第で命中率と攻撃力が上乗せされた弾着射撃をしたり、連続攻撃をしたりするようになるのです。

それを一方的に相手に許すと言えばどれだけヤバいか分かってもらえると思うの。

一発当たれば致命傷な攻撃が、更に命中率を加算されたり二発撃ってきたりするわけですよ。しかもこちらは紙装甲に定評のある艦娘が実に三分の二を占めるわけですよ。「大破することを……強いられているんだ!」ぐらい言っても罰は当たるまい。とはいえ、幸いなことにこのマップでは支援艦隊が出せるため、5−5用のガチ支援を送れば砲撃戦開始前に敵の戦意をくじくを通り越して半壊状態に追い込むことも十二分に可能。

ただし弾薬と燃料とキラは消える。

この辺は提督によって判断が分かれそう。確率を上げるか、回数に賭けるか。ううむ、悩ましい。そして駆逐と軽巡が大半の艦隊にとって、それらのタゲを強制的に集め、夜戦も含めて攻撃をスポイルしてしまう厄介な存在である潜水艦がボス編成に混じる可能性があるのも脅威。ただしその確率は三分の一なため、運次第では遭わずに済むかもしれない。そうですよねー、33パーセントならよっぽど運が悪くない限り引きませんよねー。

はいフラグ二本目立てたー。

すぐに答えが出ますのでご安心を。さて、此処までで「指定されている艦娘が完全固定」「確実に制空権喪失」「駆逐と軽巡が多いのにボス編成に潜水艦(が混ざる可能性)」と見事に三重苦の様相を呈して参りました。これだけでも提督のやる気とSAN値を削ぐのにオーバーキルな威力を発揮していますが、実はまだ一枚切っていないカードがあるのです。寧ろこれこそが切り札と言っても良い。その衝撃の事実を、今此処に明かそう――。

ボス前マスから八割の確率でボスに行かず逸れる。

――どうですか? 75パーセントは高く感じましたか? 33パーセントは低く感じましたか? その真逆を! 艱難辛苦を乗り越えた後で! 引き当てねばならない! これを絶望と言わずして何と言う!?(落ち着け) 実はこのボス前マス、艦隊に重巡 or 航巡が二隻居ればボス直行なのですが、それがないと偏向性の高いランダム、ぶっちゃけ二割しかボスへ向いてくれないのです。5−5でE風の吹く確率とほぼ同等と思って頂ければ大体合ってる。

「何だ意外と行くじゃないか」と思った提督は調教済み。

私がどちらかはあえて答えません。ちなみに今回はE風一回で済みました。大破撤退はかなり喰らったがな! 道中を安定させるためには本隊(少なくとも駆逐と軽巡)及び支援艦隊のキラ付けは必須。しかしながらそれを行ったとて確実にボス前まで辿り着けるという保証もなく、例え無事に到達出来たとしてもそこから二割の賭けに勝たねばならず、よしんば勝てたとしても

潜水艦混じり編成のT字不利引いた時点でゲームオーバー。

T字有利だとしても単縦陣を選んでいたらアウト。対潜装備を積んでいなければどんな陣形で何を引いてもアウト。戦闘結果の開示を待つまでもなく結末が分かるとか何そのニュータイプ(待てい)。確実性を高めればキラ付けと支援艦隊で時間と資源を浪費し、試行回数で責めれば時間とバケツを浪費する。仮に達成したところで報酬も特別なものを得られるわけではなく、経費や苦労に比べて雀の涙どころか赤字確定な有様。そんな任務なわけですよ、「海上突入部隊、進発せよ!」は。

此処でふりだしに戻る。

はてさて、何割、いや何パーセントの提督がクリアしたことやら。この任務で羅針盤が微笑んでくれる確率より低いのは確実でしょうけど。

 

詳細についての余談:ちなみにルート初手の四分の三な賭けは全敗しました。南にしか行かねえ。正確な回数は覚えてませんが、両手の指に足りない程度の試行回数で、ボス前到達が三回、逸れ二回。残りは大破撤退ながら、初戦の梯形 or 単横陣の潜水艦相手に駆逐が大破させられて二回撤退とかどういうことよ。これがあったので気合! 入れて! 長良と第六駆逐隊響抜きだけ三重キラ付けして挑んだら、

その初回でクリアするとかもうね。

道中で暁が小破した以外はほぼ損害なしの状態でボス前マス突破後あっさり南に進み、一番楽な旗艦が補給艦の潜水艦なし編成を引き、軽めとはいえ出していた決戦支援の砲撃が炸れ……アイエエエエエッ!? ナンデ!? カスダメナンデ!? と心の中で叫んだ直後に無慈悲なT字不利の表示が出て泣きそうになったのは秘密。夜戦突入時に相手は上から四隻が健在だったものの、こちらも全員が夜戦に参加可能だったお陰で、ギリギリながらもどうにか仕留めることが出来ました。

複縦陣選んだのと対潜装備が無駄になったのは気にしたら負けだ。

初戦が潜水艦になることの方が多いはずなので、閉幕雷撃を封殺出来るという意味では有効ですけどね、対潜装備も。使った装備などはこちら。並びもそのまま。尚、改二勢は当然のように改二です。

 

雷(LV69):三式水中探信儀☆1×2、三式爆雷投射機☆1

霧島(LV90):試製41cm三連装砲、38cm連装砲改☆5、FuMO25レーダー、九一式徹甲弾☆6

比叡(LV90):試製41cm三連装砲、38cm連装砲改☆5、FuMO25レーダー、九一式徹甲弾☆6

長良(LV71):SKC34 20.3cm連装砲×2、32号対水上電探

電(LV72):10cm連装高角砲+高射装置☆1×2、三式水中探信儀☆1

暁(LV79):10cm連装高角砲+高射装置☆4、10cm連装高角砲+高射装置☆1、三式水中探信儀☆1

 

道中は単縦(潜水艦隊相手は勿論単横)、ボスは複縦。敵空母に怖いのは居ないため、対空は捨てて駆逐は夜戦連撃を保持しつつ対潜重視。万が一ボスで潜水艦混じり編成を引いても対応できるように、旗艦の雷だけはガチ対潜装備。戦艦は基本通りに火力と命中を高め、昼戦戦力として頭数に入る長良は対潜を捨ててガチ砲撃仕様。コンセプトとしてはこの辺りが無難な落しどころじゃないですかね。支援艦隊は面倒なので割愛。まあ5−5潜水ルートの道中支援用か、もしくは

弾薬が400ほど飛ぶ面子と言えばよろしいか。

これを高いと感じる、もしくは毎月5−5参りなんて正気の沙汰じゃないという提督は、本腰入れて挑む必要はないと思います。現状ではただの自己満足ですからねえ。甲種勲章と同じで。

 

余談に次ぐ余談:EO海域のゲージも無事全て破壊したので、折角だからと毎月消化しているマンスリー任務にも着手することに。「『水上打撃部隊』南方へ!」と銘打たれたその任務の舞台は、本日の話題となった某任務と同じ5−1。ただし編成が低速戦艦3、軽巡1、残りは自由枠となるため、また辿るルートが違ってきます。

尤も羅針盤に翻弄される点は同一。

初手は南東で固定、次に南東に行ってくれれば重巡 or 航巡が二隻居る編成なら四戦でボス確定ながら、そこで東に逸れる→更に東に逸れる→お帰り下さいまた来てねになる可能性の方が高いのがネック。仮に南東→東→南東という航路を取れた場合、補給マスを踏んで三戦という最も楽なルートに入れるとはいえ、三回目の羅針盤が南東ではなく東を指し示す確率は実に75パーセント。うん、中々に厳しいね。

にもかかわらずあっさりその理想的な道筋を辿るとかどういうことなの。

はい、挑戦一回目にしてクリアです。道中大破撤退もありません。ボスに潜水艦も居ませんでした。目立った被害は利根姉さんの中破のみ。至れり尽くせり過ぎて感謝通り越して申し訳ない気持ちにすらなるわ。ありがとう!


6月12日 「UNICORN」

 三式弾が改修出来たらかなり楽が出来そうな。電探とか良いからこっち追加しろよと思ったのは私だけ?

 新海域の4−5が実装されたと思ったらその日の内にゲージが木っ端微塵になっていた by 艦これ。な、何を言って(略)。とまあ、この時とまんま同じ文章で応用が可能な感じの新EOこと「深海東洋艦隊漸減作戦」ながら、その実かなり正反対。かけた時間自体は恐らくそう大差ないはずですが、やたらと苦戦を強いられ道中撤退を喰らいましてね。まあ道中撤退というか、より正確に言うなら

エラー吐きまくられて強制的にお帰り下さい。

実に出撃回数の半分程度がエラー落ちですよ。一戦目を無傷で抜けたと思ったらエラー。二戦目も無難に抜けたと思ったらエラー。三戦目で無事に火力艦を活かしたままの状態でさあボスだと思ったらエラー。最早ゲーム以前の問題です。しかもこの症状は極一部のサーバーに限られるとの事。やってられるか。

とか言いつつそんな状況下でも突破する馬鹿が此処に。

流石に腹は立ちますが、理不尽さで言えば最後っ屁で一撃大破喰らうのとそう大差ないですからねえ。とりあえず現在は安定しているようなので良しとします。……次はないけどな(ボソッ)。さておき、待望の新海域であるところの4−5。恐らく最も待ち望んでいたのは「5−5行きたくない! でも毎月設計図欲しい!」というわがまま盛りな提督だったであろうことは容易に想像出来るものの、

残念ながら現実は非情である。

「どうした? お望みの勲章が貰える新海域だぞ? 行かないのか?」

「行かねーよ!! 相対的に戦力を見れねーのか! お前は!!」

「下手したら最終編成のボス相手にスナイプチャンスどころか六隻大破の被害が出るわよ?」

「こいつにいたっては新EOに望まれる役割を理解してないでキソ!」

実際に一度全艦大破喰らって噴いたのは秘密。

いやまあ、有り得ないくらい的確に火力艦をスナイプされた上に、攻撃がほぼ全部港湾棲姫に吸われていた様な状況だったので、相当レアケースではあるのでしょうが。率直な感想を申し上げるのであれば、5−5ほどシビアではないです。道中もちゃんと編成を考えれば撤退要因は少なく、ゲージを破壊するまでに必要な5回の内、4回勝利までは割とすんなり行くことでしょう。

そして先に挙げた楽をしたいだけの提督は最後の最後で絶望する。

何かこう……前イベと前々イベの甲難易度で挑む最終海域が頭を過ぎったのは私だけですかね。自力攻略組は消費資源やかける時間の差こそあれ結果としてはクリア出来る、情報待ち組は運が良くなければクリア出来ない。この構図がそのまま当て嵌まっているような。例え事前に情報を得て心構えは出来ていても、見ると聞くとでは大違い。結局はそういうことなんでしょうかねえ。

生憎とその状況に直面したことがないので推測でしかありませんが。

未知の領域に挑む、結構なことじゃないか。寧ろ新鮮な驚きのない灰色の日々に一体何の価値があるというのかね。某漫画の台詞ではないが、「君の人生は全部教科書に書いてあんのかい?」と聞きた……くは特にないかな、うん。住む世界が違うと割り切った方がお互いのためでしょうし。タブンね!

とまた今日も晴れ晴れとした脱線日和。

さーあ、横道に逸れるのと道草を食うのが大好きな世捨て人はどんどんしまっちゃおうねー。作戦内容とシルエットと運営のツイートによるネタバレからして、ボスはどう考えても港湾棲姫。であれば、前の春イベE-5辺りで使った編成が最適解かなーということで、扶桑型姉妹に利根型姉妹、大鳳と加賀の非常にベーシックな航戦2航巡2空母2という編成で挑むことしばし。とりあえずゲージ削りは順調に進み、そう大きな問題もなく4回分終了しました。

強いて言うならエラー落ちはやめろ。

微妙に編成が重いせいで、ボス前で軽巡棲鬼とフラヲ級×2とル級改1 or 2が熱烈に歓迎してくれる鬼門のHマスを経由するルートを通っていたものの、「まあEO海域だしこんなもんじゃないの?」と露ほども問題視していなかった私は多分調教済み一般的にはおかしい部類。最後の最後でル級改から加賀がワンパン大破貰うこともあったけど、私は元気です。

無事にやり過ごした後のエラー落ちさえなければな。

しつこくてすみません、でも言いたくてしょうがないの。ほぼ無傷状態でボス確定した直後にエラー喰らったあの時の怒りゲージの溜まりっぷりといったらもう。今なら私、瞬間沸騰湯沸かし器になれそうな気がする……!(人間辞めんな) そんなこんなで若干のトラブルはありつつも、どうにか最終形態の激おこぷんぷんワンコとご対面。でまあ、三回ほど挑んでみた結果、この編成だと撃破は厳しいという結論に達しました。ボス硬すぎ。随伴艦減らなさすぎ。そして何より

火力過多な基地系ボスなのに単縦陣なせいでワンパン事故が多発。

おまけにル級改まで居るので危険度が更に倍。あまつさえ戦艦でも扶桑姉妹ぐらいの装甲だと一撃で大破も日常茶飯事。あまりに夜戦要員が大破しすぎて正に「夜戦火力? 何それおいしいの?」状態です。それに加えて空母2だと夜戦面子が明らかに足りないと感じ、大鳳アウト羽黒インの航戦2航巡2重巡1空母1で挑んでみたところ、

道中まで楽になるとかこれは良い予想外。

三戦目がHマスでなくJマス経由になるのは大きかった。大破撤退と戦力漸減のリスクが減ること減ること。のみならず、肝心要のボス戦も三隻中破を出しただけでS勝利を収めてクリア。猫ることを恐れるあまりうっかり撃破時のSSを撮り忘れたのが心残りながら、期間限定のイベントではなくマンスリー任務感覚のEO海域ですし、まあ良しかなと。どうせ毎月通うことになるわけですしね。

果たして「もう行かねーよ!」となった提督がどれだけ居ることやら。

正直、今回の実装は毎月5−5クリアする勢とそうでない勢の格差を是正するどころか促進するだけだと思うの。前者であればぶっちゃけ消化試合です。これで戦果180に勲章が貰えるとあれば喜んで出かけるレベル。しかしながら、後者の場合は心がポッキリと根元から折られて新たなるトラウマの種を植え付けられることもありそうな予感。尤も、毎月5−5クリアする勢とその他大勢といったカテゴライズよりも、寧ろ

ちゃんと戦備を整えているかいないかで線引きする方が適切な予感。

重婚も大和型も必要ないです。私がそれを実証していますから。勿論、ある程度の練成は不可欠でしょうが、それよりも生死を分けるのは改修工廠を活用しているかいないか、つまりは装備の強化を行っているか否かであるような気がします。攻略系の情報提供で話が噛み合わないのもこれに由来するケースが多々見受けられるような印象なので。小さなことからコツコツとが重要ってことですね、分かります。

常々進歩と進化を意識しているかどうかの差とも言う。

……次の夏イベは人としていつまでもその場で足踏み状態な情報待ち組にとって最悪のイベントになるような気がするなあ。規模は元より、甲はその小さな差を積み重ねてきたかどうかが明暗を分けるというか、もうある程度以上の装備強化を前提とした敵編成を用意するという予告、あるいは覚悟しておいてねと示唆する意図で今回のEOを設定しているようにも……勘繰り過ぎですかね。

個人的には寧ろ望むところなわけですが。

やることをやっていればちゃんと結果は付いてくる。ただそれだけのことですから。これまでも、そしてこれからも。まあ普段は適当に任務消化と遠征と演習と装備改修くらいしかしてないけどな!(おい)

 

結構珍しい余談:削り4回中3回、そして最後もS勝利を収めながら、ドロップが類を見ないほど酷かった4−5巡り。伝え聞くところによると、これまではイベントでしか邂逅出来なかった野分、早霜、清霜、そして着任を待ち侘びている提督も多いと推測される朝霜まで入手可能とか。だというのにそれがでまかせであるかの如く、まったく掠りすらしないような有様。ぶっちゃけコモン艦しか出ていない。

背景が銀だろうが金だろうがボコボコ落ちるのはコモンです。

クマーだのアタゴーだの出雲マンだの加賀ですだの出てこられてもどうしろと。既に全艦所持済みで下手にレア艦が出てきても母港を圧迫するだけな私個人としては思うところはないものの、それらのレア艦欲しさにゲージ破壊後に掘りに行って同じ目に遭った日には遣る瀬無い気持ちで満ち溢れても仕方がないと思うの。まあリアルで都合が悪かった、もしくは幸運の女神にそっぽ向かれ続けたとかでもない限り、此処の最終編成相手に掘りをしようと思えるような提督であれば

その場その場で何としてでも入手しているような気はしつつ。

とはいえ、偏るのも事実なんですよねえ。私のところにしても早霜は一人なのに清霜は三人居たりするし。それでいて2014年夏イベ当時、攻略後に掘りに行ったのは清霜の方だというのだから、これもう分かんねえな。


6月20日 「おまえもしかしてまだ(略)」

 「ロボットのような人間」を作るための教育に時間を割くより、「ロボットそのもの」を作った方が早い時代になっただけ。そう考えると実情としてはあまり変わらないのかも。

 販売予定台数が僅か1000だったこともあるとはいえ、受付開始からたったの一分で完売ですかー。AIBOといい今回といい、金に糸目をつけない方々は本当にやることがえげつな……ああ失礼。どうやら本日、巷で噂の感情認識パーソナルロボット「Pepper」が販売を開始したそうなので、時事ネタとして取り上げるにはもってこいの題材かなあと。まあ個人的には技術の革新どうのこうのという高尚な話より、

金に絡んだ下衆な話に直結するので興味があるわけですが。

株式相場でも何度かこれに関係した情報で一部銘柄が高騰ってパターンがありましたからねえ。投資家が企業に求めるのは先端技術が云々ではなくそれが金になるかどうかなので、新しいビジネスモデルの先駆けになる可能性を秘めたこの件についての市場の反応はそこそこ関心が高めな感触。

ソフトバンク自体の株価はお察しですが。

日経225やコア30銘柄な時点でクジラとハイエナの気分&都合次第ですもの。不祥事以外の情報による影響なんてあってなきが如しです。閑話休題、警部が邪魔をしてきそうなネーミングの物体に話を戻し戻し。現状では正直金持ちの道楽か、もしくは希少価値だステータスだと叫ぶために買っているとしか思えないヒトモドキながら、何と来月一日付けで対価の発生する労働に汗を流し始める模様。

そして担当部署は冷や汗をかく準備を始めてそうな予感。

先駆者とはかくあるもの。しかしながら、開発とクレーム対応は部署というより畑そのものが違うというのも世の道理。働くって大変ねー(おい)。十日ほど後の時点では東京23区に限られるものの、時給1500円で派遣アルバイターとして血の通わない鉄の塊を雇うことが出来るとか。ただし限定10台。早い者勝ち。これについては採算やまだ試金石の段階だからといった問題より、

そもそもそんな物好きがそこまで居ないことを織り込んでのことと予想

射幸心を煽るって大事デスヨネー(棒読み)。実際問題、ロボットの時給は宣言通り1500円。だがしかし、加えて業務アシストやサポートで同伴する技術要員にも同額を払う必要があるとすれば、一体どれだけの企業が手を挙げることやら。小さな文字の注意書きや抱き合わせが大好きな通信事業らしいやり口デスヨネー(更に棒読み)。しかもそれでいて出来ることがティッシュ配りや受付販売スタッフぐらいと来た日には、何というかもう

人柱通り越して実践データ収集に使われているような気がしなくもない。

「貸し出す前に自社で使えよ」と思った私は正しいのかどうなのか。ぶっちゃけ分かりません(何が)。ただまあ、これはあくまで現段階でのお話。これまで機械を導入するのは主に「人がやるのは危険」「人がやるよりも効率が良い」仕事だったことを鑑みると、「別に人がやってもいい」仕事にまで侵食し始めてきたのは危険信号かなと思うわけですよ。これで人を雇うより安価で済ませられるようになった日には路頭に迷う人間が溢れそうな予感。

学習しない生き物と学習する無生物とでは勝負にならないでしょう?

ルーチンワークにしか従事出来ないような人は、そろそろ自分が「居ても居なくてもいい人」である自覚と危機感を持った方が良いと思うの。求められる水準が上がって「居ない方がいい人」になる前に、ね。


6月21日 「昼行灯」

 何でもないようなプレ箱と菱餅ドロップが幸せだったと思う。ほっぽやワンコが常時落としてくれてもいいのよ?

 毎日のようにデイリー消化分か+α程度の回数で46cm三連装砲 or 九一式徹甲弾のどちらかひとつは作ってくれるウチの長門さんは凄いと思うの by 艦これ。副産物として41cm連装砲もしょっちゅう産み出してくれるため、大口径主砲の改修が捗る捗る。38cm連装砲改をMAXまで改修出来て大量に余るのみならず、大和と武蔵用の試製51cm連装砲&46cm三連装砲をある程度まで強化するに足るだけの数が揃うとか、本当に有り難い。

ネジが不足しかねんので予定は未定状態ですけどね。

一日一回、三日で三回。それでもネジは減っていく。ああ無情。現状は38cm連装砲改が+9と+8、46cm三連装砲は+5と+4、試製51cm連装砲も+1×2と、それぞれ的を絞って強化しているような状態ながら、強化素材や資源よりもネジが惜しくて牛歩の如し。先の二つに困ってないだけ恵まれているという自覚はある。そしてそれが理解出来ているだけに、

+2の46cm三連装砲を五つもこさえた過去の私を殴りたい

大和型しか有効に運用出来ないような代物をどうしてそんなに作ったの!? 馬鹿!? 馬鹿なの!? いや馬鹿だけども!(落ち着け) いくら確実化まではしていないとはいえ、それでも+1付けるのに必要なネジの数は4本。それを二段階強化したのが五本あるわけですから、単純計算で4×2×5=40本。内二つは更に強化して活用することを考慮しても、実に24本ものネジを無駄にしていることに。尤もそれを言い出すと、

何本もある+1の四連装酸素魚雷とかどうなるって話なわけですが。

これに関してはまだ改修工廠の有用性がよく分かっていない&改修可能な装備が少ない時分にデイリー消化分でマイナスが出ないよう適当にやっていた産物といった事情もあるのでセーフ判定が……出ない? 駄目?(聞かれても) 更に性質が悪いことに、一度強化してしまった装備は改修の材料として使うことも許されなくなってしまう悲劇的事実。未改修であれば3×3=9もの46cm三連装砲を開発する必要がなかったことを考えると、血涙を流して悔やんでも仕方がない

提督も私を除いて多いと思うの。

完全に他人事です、本当に申し訳なくは特に思っていない(何なんだ)。我が鎮守府では超有能な長門さんが開発部門に常駐していることもありますが、それ以上にこれといって他に開発したくなるような装備もないことに加え、開発資材も資源も潤沢にありますからねえ。強化用の素材が尽きたとしても、その都度気合! 入れて! 回せばいいだけの話なので、そこまで惜しいという気持ちもこれといってはナッシング。

だからといってグーパンしたい衝動を抑える口実にはなりませんが。

あと張り切って図鑑を埋めるだけの用途な12.7cm連装高角砲+高射装置を作ったり、10cm連装高角砲+高射装置を作る時に確実化せずに失敗してネジを虚空に消滅させたりと、重箱の隅を突くまでもなく穴だらけな自分をそこに埋めたくなるような、そうでもな……いや埋める。迷わず埋めるわ(だから落ち着け)。もうホント、レア艦ドロップとか要らないのでその代わりにネジが落ちてくれる海域とか実装してくれないかなと

月初め以外はロクに出撃もしないクソ提督が宣ってみるテスト。

やる気さえあれば毎月500位以内のランカーを維持することも可能ですが、生憎と時間の無駄遣いだけはしたくないと心に誓っていますので。あ、ちなみに先月の戦果争いは無事第三軍に食い込めました。報酬が15.2cm連装砲改と32号対水上電探改とか本当に美味しいです。ダンケダンケ。とはいえ、先月のように何がしかの理由でもない限りは、5−4周回マシーンと化すのは全力で遠慮したいというのが偽りなき本音。苦しむためにゲームをやっているわけではないですからねえ。

重婚なし&同一艦複数育成なし&牧場なしな三重苦の先行攻略組が言っても説得力ありませんかそうですか。

自らの能力を勘案した結果、その辺りが楽しむのに妥当なラインというだけのことなんですけどね、私にとっては。他人がそれを見てマゾだの異常だのと判断するのは自由です(待てい)。


6月24日 「にゃー」

 毎日が特別です。生きていることに、新しい一日を与えられたことに、ありがとう。

 盛者必衰、美人薄命。例えどれだけ愛されようとも、必ず終わりの時は来る。日本だけでなく世界にその名を轟かせた、三丁目ならぬ和歌山電鉄貴志川線貴志駅の三毛猫駅長兼同社社長代理の「たま」が、虹の橋を渡りこの世に別れを告げました。人間でいうと約80歳相当の享年16歳。和歌山電鉄は今月28日の午後0時半から貴志駅にて社葬を執り行うそうです。

 存続の危機にあったローカル鉄道に多くの乗客を呼び込み、人の身を以ってしても困難だったであろう再建の一端どころか主翼を担い、写真集やグッズの売上などで文字通り財政の復興にも一役買った、末永く後世に語り継がれるべき偉大なる猫だと私は思います。その胸中が如何なるものであったかを知るのは本人ばかりなり、ですが。

 特に気の利いた言葉を贈れるわけでもなく、そのご尊顔を一度たりとも拝したことすらないけれど。それでも、猫を飼っている身としては書かずにはいられませんでした。多くの人を温かな気持ちにし、沢山の幸せを与えて天寿を全うした英雄のご冥福をお祈りいたします。安らかにお眠り下さい。そして願わくば、来世の貴女にも幸多き一生のあらんことを。


6月26日 「考える葦でないなら人ではない」

 「楽するために考える」のと「楽することを考える」のは全くの別物。どちらも習慣性があるのは同じだけれど。

 新海域の6−3が実装されたと思ったらその日の内ゲージが木っ端微塵になっていた by 艦これ。な、何を言って(略)。……いやまあ、毎度毎度これで片付くのはどうなのかと思ったりもしますが、事実なので仕方がない。祥鳳改と高波改の新グラが実装されたり、第七駆逐隊+白露&村雨が水着に着替えたりと、あまりに大盤振る舞いなポジティブサプライズに沸く提督諸氏が「よーしパパ、グラノ環礁沖でキャッキャウフフしちゃうぜヒャッハー!」と6−3へ出かけて

ガラスのハートを木っ端微塵に砕かれるネガティブサプライズ祭りも同時開催中な模様。

……それなりにリアルでも修羅場を潜り抜けている人を除いて、あんまり草分け的存在を目指すことを推奨するのは良くない事なのかも知れないなあと、ちょっと考え中。パズルのピースは収まるべきところに収まっているのが幸せなのかも分からんね(意味不明)。4−5もそれなりに阿鼻叫喚だったと伝え聞いていますが、今回はややもするとそれすら上回るかも。

下手にドロップの内容が豪華なのが更に拍車をかける。

どうやら阿賀野姉妹で唯一ドロップ海域のなかった能代、イベントでしかこんにちはー出来なかった春雨、遂に本実装となった香取、そして前イベと前々イベで血眼になって掘った人も多そうな雲龍までもがドロップするとのこと。この知らせにドキをムネムネさせて、「よーしパパ(以下略)」な提督歴の浅い方々もいらっしゃるのではないでしょうか。そして期待に目を輝かせれば輝かせるほど、

あっという間に濁った目に変わってしまうアンビバレンツ。

4−5の時にも言ったような気がしますが、此処でS勝利を取って掘ろうと思えるような提督なら、先に挙げたレア艦は全部所持してそうなものですからねえ。私? 明石が出るとか言うなら挑まなくもないですが、現状ではノーサンキューです。そもそも今ですら雲龍と春雨がダブって母港で佇んでいるというのに、これ以上解体するのも躊躇われるようなレア艦を増やしてどうしろと。

だから攻略中にこれといって何も出なかったのは幸運ってことですよね?

これも4−5の時そのまま。クリアまでに必要な4回撃破全てをS勝利で飾ったというのに、出るのは銀背景が精々ですよ。もう誰が出たかも覚えていない(酷)。まあ仮に何がしかの欲しい艦娘が居たとしても、正直此処で掘りをするくらいならまだ4−5の方がマシかなあと思えるレベル。何せ水母が最低一隻必要、あとは軽巡と駆逐(もしくは水母追加)だけで挑めっていうんですから。これで安定してS取れって無理ゲーにも程がある。

それ以前に一度勝つことすら困難な方々が巷には溢れているようですが。

軽巡や駆逐を育てていないケースはある程度以上の提督練度なプレイヤーならほぼないでしょうが、水母はねえ。運営の言う通りに秋津洲を運用して「あ、駄目だこれ」とすぐに見切りをつけたのは私だけではないはずだ。というか先行攻略組なら即座に切ってると思うの。ちとちよ甲のどちらか片方を育成していない時点で相当辛い。削りはまだしもラストはかなり無謀。同一艦の複数育成がNGルールな鎮守府とか激おこぷんぷん丸になって良いんじゃないかな。

私の所もそうだったはずなんですけどね。

潜水艦は任務消化用の交代要員なのでセーフです。ちとちよも艦種が変わるのでセフトです。装備目当ての牧場はしていないので堪忍してつかぁさい(誰に言ってる)。狭い選択範囲ながら軽巡と駆逐の数を変えながら試行してみた結果、個人的には水母1軽1駆逐4がオススメな感触。軽3にすれば連撃で昼戦安定&耐久も駆逐よりは高いので良さ気に思えそうなものですが、道中二戦で済むのと三戦しなければならないのとでは雲泥の差だと

全艦大破アゲインな目に遭ってつくづく思った。

燃料が減ると回避が下がる説の支持派です。実際痛い。それを抜きにしても道中で大破の危険が常に付き纏う水母が居る以上、極力戦闘の回数は減らすのが吉かなと。まだそうと決まったわけではありませんが、自分の試した感じでは軽1駆逐4で三戦確定、軽2駆逐3だと三戦と四戦のランダム、軽3駆逐2にすると四戦固定っぽい。試行回数が圧倒的に足りていないので確証はないものの、まずこれで正解じゃないですかね。

もう出向くこともない私にとってはどうでもいい話ですが。

ちゃんと情報として提供してはおきましたので、検証は裏付けを取る必要がある人達でどうぞ。一から十まで世話を焼く義務も義理もありませんからねえ。

 

素敵なパーティーな余談:この海域が鬼門と称される(予定)のは、恐らく彼我の戦力差があまりにありすぎることが主因かと。こちらは軽量級しか使えないのに、向こうは最終編成では戦艦が二隻居るわ、重巡が居やがるわ、回避がやたらと高くて雷撃も痛い駆逐後期型もいらっしゃるわ。極めつけに旗艦が駆逐棲姫の最終形態と来たもんだ。重巡1軽巡1駆逐4で2−5のボス相手にS勝利を取る鬼畜マンスリー任務を毎月こなし、北方任務を毎週3−5で消化する私ですら「ちょっと待て」と突っ込むくらいですから、

普通の感性だと絶望にしか映らないかも知れない。

でまあ、非常に言い難い事なんですけどね? ……ぶっちゃけ此処、これ以上待っていても有力な編成の情報とかもう上がってこないと思うんですよ。このマップに対して検証を繰り返せるほどの力量を持った提督にとっては反復するだけの理由もメリットもない上に、元より試行錯誤の余地がそうあるわけでなし。今現在で開示されている情報を以ってしてもクリアする道筋が見えないのであれば、先人と見比べて己に足りないものを補うことに精を出すか、ひたすら根気良く挑み続けるか、あるいは

退くことも勇気だと認めるか。

最後がどう足掻いても運を味方につけなければどうしようもないのは事実ですが、それは「どんな状況に追い込めれば勝てるか」をイメージ出来ている場合の話。私は「夜戦突入前に下三隻を沈め、出来得る限り、最低でも相手の残数と同数か上回るだけの行動可能艦が居る状態で夜戦に突入」が理想だと思ったので、それを念頭に置いて……ん? 下三隻を撃沈、夜戦で護衛をワンショットワンキルして旗艦を丸裸に……何かこの考え方、前に覚えが……あ。

これだわ。

……甲種勲章二つ持っている提督でないと、クリアは駄目かも分からんね(おい)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF