平成28年1月分はこちら。サボりじゃないのよ?


1月3日 「エンディングまで、泣くんじゃない」

 ただし笑い泣きは別腹。数少ないツッコミ役常識派なローズマリーの安否が気遣われます。

 新年明けたのでおめでとうございます。では、私はこれで……おや、これまたご不満そうなお顔を。そんなパーツの配置に失敗した福笑いのような表情をされましても、やる気が絶賛売り切れ中なので仕方ないのです。正確にはリソースをゲームに割き過ぎて更新するだけの気力がナッシング。年末から年始にかけて大分はっちゃけてしまいました。いや艦これでもクリミナルガールズ2でもなくフリーのゲーム

どころか二年ほど前にプレイしていた物ですが何か。

データの更新日時をみたら丁度それくらいで吃驚だ。プレイしていたゲーム名は「ざくざくアクターズ」。「らんだむダンジョン」で一躍有名になったはむすた氏が渾身の力を込めて作り上げた、一見オーソドックスだけれども全然そうじゃないRPG第二弾で御座います。当時はまだストーリーが完結しておらず、寄り道ダンジョンである「次元の塔」第六層のこれまた更にやりこみの部類に入る超難敵を倒せないままでやる気ゲージが切れて放置していたのですが、何故か今になってふと気になって

また最初から初めてみたお馬鹿が此処に。

だってストーリーの詳細とか覚えてないんだもん! 妖精戦争とかデーリッチ異世界編とかアツい展開のところぐらいしか!(充分じゃねぇか) どちらかといえば耐性パズルゲー要素の強かったらんだむダンジョンとはやや趣を異にし、基本8人でパーティーを組んで入れ替わり立ち代りしながら戦闘を行うローテーションバトルがウリだと思ったら大間違いだ。いやまあ、バトルマニアとしてはそこが見所なのも否定はしませんが、兎にも角にもストーリー展開が素晴らしい。少なくとも

年末年始の特番や映画よりは感動すると思われ。

普段から観ていないので判別する基準に乏しいのですが、観たいと思える番組がひとつたりとてないというのは如何なものか。閑話休題、二年前に休止した時より遥かに進行したざくざくアクターズへ話を戻し戻し。まだクリミナルガールズ2を攻略した残火が燻っていたのか、一度火が付くともう止まらないこと止まらないこと。当時のバージョンでは最後のイベント扱いだったメニャーニャ加入をとっくに追い越し、次元の塔すらもう第八層へ行けるようになっている始末。うん、ぶっちゃけ

ストッパーがぶっ壊れているという自覚はある。

先に挙げた件の第六層で待ち受ける超難敵さんですら、二年前のプレイデータに追いつく前に倒してしまうとか正直どうなの。というかですね、その超難敵さん、名前を「手繰る魂のイリス」という血統書付きの悪魔なのですが、倒すと仲間になってくれる系の隠しボスでありまして。でまあ、恐らくは本来の想定である参入時期より前、具体的には帝都防衛戦に間に合うタイミングでお迎えしてしまい、戦闘の面子に入れようと話しかけたらこれですよ。

常識の環から外れたボウケンシャーで本当にごめんなさい。

ですよねー! まずこの段階じゃ貴女を倒すなんて無理ですよねー!! ……出来ちゃったものは仕方ないじゃない、普通じゃないんだもの(おい)。まあ、これまでの経験上、ある程度の勝ち筋はパターン毎に把握していますからねえ。今回の場合は「相手側の致命的な一撃を凌いで最大火力を叩き込む」。そこさえ分かればあとは手持ちの駒をフル活用すると呼ぶに足る戦術を練る、ただそれだけの事。寧ろそれ以上に不思議なのは

何で二年前の私はそれをしなかったのかと。

若干食傷気味だったのか、それとも他に何かしらの興味を引く対象があったのか。まあそこは昔の私に聞かないことには何とも。「自分のことでしょ」と言われても、昔の私は昔の私、今の私は今の私ですからといったところで、今年も始まりました。のったりまったりゆるゆる進行の更新も気紛れな場所では御座いますが、コンゴトモヨロシク……じゃなかった、よろしければ今後ともご贔屓に。


1月17日 「境界線上の貰い損」

 そういえば海域クリア後も最終編成固定なのが明確に問題視されたのも去年の冬イベだったっけか。あれを相手にSは辛いわなとやり遂げたヤツが言ってみるテスト。

 あっという間に一月も折り返し地点を余裕で通過ですよ。許してたもれ(何を)。色々とやりたいことがあって更新している手間と暇が惜しかったということもありますが、自分の中で明確に優先順位が下がっているんですよねえ、此処に手をかける事って。情報を発信したり意見や所感を述べる事に対してと言えなくもない。なので良くて週一か二、悪くて隔週更新ぐらいになる可能性が極めて高いことを先に宣言しておきます。差し当たり月末から二月半ばまでは本気で暇がありません。

そんな時に限ってイベントを突っ込んでくる艦これ。

今回は平日だろうが週末だろうがスタートする曜日はどちらでも問題ナッシング。構っている暇自体がねぇ!(おい) 既にモチーフとなるのは礼号作戦とのアナウンスがあり、同時に比較的小規模なイベントであることも明言。ただし甲作戦に挑む歴戦の提督は地獄を見る(正確には「甲作戦は高難易度見込み」)宣言も飛び出したことにより、清霜・朝霜コンビが揃っていない or 育っていない提督は慌てふためいている

かどうかは情報すら拾ってきていないので不明。

もう別に他人がどうとか気にしないを通り越して、興味すらないなと。既に某所の閲覧すらしていません。やりたいことが山ほどある中、そんなものに時間を割くのは心底勿体無い。以後、私がイベ海域攻略コメント欄等で有益な情報や助言を提供することもないでしょう。何処まで行っても先行攻略組の好意に甘えておんぶに抱っこの精神が抜けないのであれば、同じ考えの人同士で集まっていれば良いと思うよ。

次のイベントはそういう人が阿鼻叫喚なものになるだろうと予想しつつ。

小規模で高難易度って、まんま去年の冬イベと丸被りですからねえ。この時に言ったように、恐らく今回も地力のない提督では情報があってもどうにもならぬわな状況に陥るのはほぼ確定。個人的には物凄く好意的に受け止めていますけどね、次イベの傾向は。マップが少ない=出撃回数を無駄に増やさなくて済む。最後に待ち受けるのが地獄の壁=殺り甲斐もとい遣り甲斐がある。私的にはとってもブーイングの嵐だった先の秋イベと真逆のベクトルですもの。喜ばないはずがない。

あとは新規艦娘のドロ率を優遇してくれれば完璧。

これで秋イベE-4グラーフ掘りの悪夢再びだった日には先行攻略組による暴動が起きても……無言でフェードアウトする方が多いか。怒るより呆れるだろうから。


1月23日 「M510」

 人は固定概念を崩そう“という発想自体”を中々持てないものなんだなあと実感。当たり前を当たり前でなくするのは存外難しい。

 おコタの中からおはこんばんちわ。想定以上に作業が捗ったので図らずも週末をゆっくり過ごせているメタトロンです。代わりに来週末は修羅場です。再来週に至っては平日から鉄火場です。へぶぅ。それなりに手間暇かけて労力と時間の削減に貢献するエトセトラな手を出来る限り打ってはいるので、四半期前の決算短信ラッシュよりは大分楽が

出来ると良いなあと希望的観測。

おまけに下手するとその期間中に艦これ冬イベスタートか。リミッター解除して仕事して、睡眠時間削ってゲームして……なんだ、数年前に通った道じゃないか。大丈夫だ、問題ない(おい)。実際、色々と進歩したなあとは思うわけですよ。具体的には情報を集める下準備にかかる時間が3分の2程度に圧縮されたり、大抵は右手一本且つマウスから離さずして情報の検分と精査をしたり、首を曲げずに決算短信データの打ち込みが可能になったりと

「何処から湧いて出てきたんだそのアイディア」と自分で言いたい。

今まで疑念を抱くことすらしなかったことをそれで良いのかと訝ってみる。したらこうなった。先入観や固定概念を取っ払ってみると拍子抜けするくらい解決策が出てきたりするものだと驚いたり驚かなかったり。どっちよ。例えば先に挙げた指先一つじゃないマウス一つで情報収集作業が事足りることについても、元を辿れば

風が吹くと桶屋が儲かる的な展開の産物。

話はまだ年の明けていない諸人こぞりてアベックはいねがー祭りの時期くらいにまで遡りますが、その頃丁度酷使していたワイヤレスマウスに限界が訪れておりまして。で、タイムリーに割と使い勝手の良さそうなマウスがタイムセールス中とのメールが某密林から送られ、すわこれは天啓かと日頃頑張っている私へのご褒美として贈ってみました。勿論自腹切って。プレゼントフォーミーフロムミー。

気にしたら負けだと自分に言い聞かせてみるテスト。

閑話休題、最初期はずらりと並んだタブに表示されたページを検分する→タブの右上へカーソルを持っていってバッテン押して閉じると非効率極まりない行為を繰り返しており、これはどげんかせんといかんとキーボードを有効利用することを学習。Ctrl+Wのショトカを用いて対応していたものの、これはこれで肩が凝る。どちらにしても有益な情報をまとめるのにキーボードは必須だからまあいいかーと考えていた

のがそもそもの間違いと気付けた不思議。

使えそうな情報とその企業コードを表計算ソフトで作製したシートに写している以上、どうしたってキーボードを使う羽目になる。その幻想をぶち壊したのが新しいマウスでした。その特徴を知っていて購入したわけではないのですが、意外にも芸達者でしてこのマウス君。ホイール・右クリック・左クリックとスタンダードなボタンに加え、進む・戻るボタンは言うに及ばず。果てはホイールを左右に倒すことでボタンとして使用可能。都合7つの機能を活かせるビッグセブン。重ねて言いますが

それを狙って買ったわけじゃないのに何だこのご都合主義。

そこそこ実用性(と耐久性)の高いワイヤレスマウスっぽいなーと思ってポチっただけなのに、どうしてこうなった。いや結果オーライだけれども! 折角ボタンの数が多いんだから色々と試してみても良いかしらと、公式からツールを落としてあれこれボタンの割り当てを変更していたら、「あれ、これひょっとしてマウスだけで必要な操作全部いけんじゃね?」と思ったのが始まりにして終わり。凡そ必要な機能と配分については以下な感じ。

・右クリックと左クリックについては何の不満もないどころか変更すると支障をきたす→そのまま続投。

・気になる記事へのリンクを別タブで開きたい→デフォでホイールをクリックすれば開くため無問題。

・情報の内容をコピペ→進む・戻るボタンにそれぞれCtrl+CとCtrl+Vを割り当てればOK。

・特に目ぼしい情報がなかったり、お前はもう用済みだなページを即座に閉じたい→ホイールの左スクロールにCtrl+Wを登録。

・要所要所で結構出番のあるエンターキー→その役目はまだ席の空いている右スクロールに任せればいいと思うよ。

冗談抜きに寝っ転がりながらでもこれらの一連作業が出来てしまうようになったことにより、キーボード操作専門だった左手の安否が気遣われます。それくらい捗るようになりました。すげぇ。ネットサーフィンしててコピペが必要になる人は少ないかも知れませんが、あまり使用しないボタンにタブをそっ閉じショトカを突っ込んでおくのは結構便利なんじゃないかと思ってみたりするテスト。


1月31日 「沈黙は金、雄弁は銀」

 まっくろくろすけ出て来すぎ。てこてこ山頂上に行って心でも洗ってくるか。

 昨日の記事を読み返していたら頭痛くなったので削除させて頂きました。恥を揉み消すというより、あれだけの駄文を誰かの目に留まるような状況にしておくのはどうだかなあと思ってしまったもので。何かを否定するような思考、そして言動を用いることは何一つプラスにならないことは分かっていたはずなのにあのザマですよ。なんたるちや。それもこれも

疲労困憊の状態で夜のテンションに任せて打ち込んだのが悪い。

あと私の頭も悪い。何だとこの野郎!(おい) この頃は割と調子良く事が運んでいただけに、この辺で少し弛み気味な気と手綱を引き締める良い機会だったのかも。自戒の意味も込めて残しておくのもありとは思ったものの、言っていることがあまりに残念過ぎることと、悪い感情の込められた言霊をそのまま放置するのはよろしくないと判断した結果、削除するのが妥当だという結論に。ただそのお陰というか何というか、

吐き出して幾分かすっきりしたという自覚はある。

素直に反省しているのも多分そのせい、きっとそのせい。静かに深く溜め込まれていた暗い感情を表出する機会に恵まれたことにありがとう。尤も、本来であれば書き出さずに頭に浮かんだ時点で手放す、もしくはメモに書き出したら即ポイ捨てが関の山な程度の稚拙極まりない文字の塊。それをお客様方の目に触れる所へお出ししてしまい、大変申し訳なく思っております。

そもそも見ている人が居るかどうかは別にして。

居るという前提で重ねて謝罪致します。お目汚し申し訳ない。平にご容赦を。お口直しに「ざくざくアクターズ」絡みの話でも書こうかなーと思ってはみたものの、こっちに取り掛かると半端なく時間泥棒されそうな雰囲気がひしひしと犇いているため、また手隙な時にでも改めて。一応プレイ状況をお伝えしておくと、

図鑑コンプ除くともうやることがなくなったとだけ。

チワワでも吼えそうにない某魔王を下して魔王タワーを制覇しストーリー進行打ち止め。その後ボス復活マラソンしてレアアイテム狩りしてたらメインパーティー面子のレベルが300目前。なんだこれ(聞かれても)。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF