平成28年5月分はこちら。還ろう、昼行灯提督へ。


5月3日 「更なる高みの、その先へ」

 あれこれ言っていますがまとめるとこう。ちょー楽しい。

 ゴールデンウィーク三連休の初日に睡眠時間を多少削ってマウスをポチポチしている人は私以外に何人居るのでしょうか、分かりません by 艦これ2016年春イベ。5月2日の22時に終わる予定だったメンテが28時まで延びるという「いやそれ3日の4時って言おうよ!? 分かりにくいよ!」とツイッターでも評判だったかどうか不明な超絶延長を経て、ようやく始まった今年の春イベ。私も朝の9時ちょい越し時点で序盤戦の折り返し地点を過ぎたところですが、

今から悲鳴が上がっている状況が容易に想像出来て紅茶が美味シイネー。

ぶっちゃけた話、開始前までは「大規模っていっても中身スカスカな接待イベでしょ? その点トッ(略)」だと思っていたのですが、いやはや。骨太どころかRTA組とか結構難儀しているんじゃないかこれと思いたくなるような有様。現時点で踏破したのは僅かにE-1とE-2の2マップのみですが、多分大半の提督にとっては

その時点で既に前の冬イベ越えしていると思うの。

勿論難易度的な意味で。私は常に甲しか挑まないので乙や丙でどうかは分かりかねるものの、とりあえず甲ではE-1からして酷いの一言。初っ端から聯合艦隊編成なのもそうですが、ボス前マスでもれなく戦艦棲姫か空母棲姫がお出迎えって何処の最深部ですかねえ。ゲートキーパーさん出番早すぎない!? ちょっとどころじゃなく異常だと思いますです、はい。

それを道中撤退なしでストレートクリアした方も大概だけど。

五回中四回は大破艦出ていましたが、そんなこともあろうかと艦隊司令部を積んでいるのが甲提督の嗜み。積まずに詰むとかしているようではまだまだ甲に挑むのは時期尚早。つまり護衛退避なかったら泣いてた(おい)。続くE-2はそれに輪をかけて酷く、皆大好き砲台小鬼がシャーと鳴いて熱烈歓迎ワンパン大破祭り開催中

だったらまだマシな方とか何それ。

道中もそれ相応に策を練らないと突破出来ない上に、ボスへ行けたら行けたで二種類の小鬼がワラワラする or プラス引き篭もり眼鏡が集めた物資をホールドもしくは涙目でもう帰れコール。どっちが悪者だこれ。物凄く端的な言い方をするならマイルドに仕上げたリメイク版6−4という感じなので、イベ前に挑戦して心を折られた提督さんには正直荷が重いんじゃないかと。

挑もうとすらしなかった場合は言わずもがな。

こんな序盤で燃弾それぞれ1万近くすっ飛ばす羽目になるとは思ってもいなかったけど、多分これでも被害は最小限に抑えられている方なんだろうなあと考えてみるテスト。既に6−4を攻略し終えているので突破口を見出すのもそんなに難しいことではなかったですからねえ。相手のスケールダウンに合わせてこちらの戦力も相応の形にコンバージョンする。ただそれだけのことですから。

札のせいで試せる手段が限られていただけともいう。

結果オーライ! 勝てば良かろうなのだぁぁぁッ!(良いのかそれで)

 

一息入れて余談:モチーフが特にないif作戦ということで、何処でどんな艦娘が落ちるのかがいつにも増して予測不能。今のところ一般的な感覚でのコモンを除いた目ぼしい収穫といえば潜水艦くらいですかね。E-2のボスSで運増加ゲフンゲフンまるゆをゲットし、続くE-3の道中で

しおいがドロップするとかどういうことなの。

不意打ち過ぎて完全に噴いた。一瞬で目が覚めた。しかもルート固定法を探っていて、初手から東のショートカットルートを発見→残念ながら第二艦隊の駆逐が一隻大破。護衛退避して進撃しても良いけどまだ一戦目だしなー別に仕切り直しでいいかなーとか考えていたら「提督、ごきげんよう」じゃねーですよスク水セーラー羽織り少女。

まあ確かにお前のお陰でごきげんだけど。

しかしながら、聯合艦隊とはいえ低燃費で済む輸送部隊、加えて実質的な一マス目で大型建造目玉艦の一角がドロップするとは……今回は一筋縄ではいかないのかも、色んな意味で。

 

追記以外の何物でもない余談:ってそれもうただの追記でよくないか。更新を終えた時点でE-3を終える目処がついていたため特に驚くようなことでもありませんが、E-4までクリアして前段作戦を完了いたしました。遂に数まで数えられなくなったの!? ねえ!?(落ち着け) ストーリー展開上はE-1で制海権を確保、E-2で設営隊を揚陸、E-3で飛行場を設営し、E-4でようやく敵を叩けるという流れのはずが、

最後の本命が一番楽とかどういうことなの。

それなりに時間自体はかかっているものの、精神にかかる負荷が段違い過ぎる。ぶっちゃけその経過時間の内訳に休憩とか他所事とか多分に含まれてるし(おい)。あと運営、E-4に参加した艦艇の一体何処が「※本作戦参加艦艇は『設営部隊』に所属します」なのか詳しく。おもっくそ連合艦隊の札が付くじゃねーか馬鹿野郎。そんなことだから続く拡張作戦のE-5に

6−4を再び誤実装しちゃうんですよ?

……いやもう、開いた口が塞がらなかった。基地航空隊と支援艦隊が使えることを除いたら、ほぼ6−4のコンセプトまんまだわこれ。今は空母入り編成はダメ、秋津洲もアウト、6−4で通用した高速編成を試して想定したルートを通るもル級×2にワンパンされてどうしたもんかと足踏み状態。航空隊をダブルニンニク道中支援の重量マシマシにして、とりあえずボスのご尊顔を一度でも拝むのが先かなあと、頭と眼を休めながら考え中。後は時間と資源

よりもやる気との勝負。

E-4クリアでポーラをお迎え出来るのかと思いきや、どっこい来なかった海外娘。ドロップ枠だとしたらまずあそこだろうけど……掘りまでやっている暇と気力が果たしてあるやら。

 

追撃の余談:えー、とりあえずどうにかE-5ボスのご尊顔を拝すことに成功いたしました。お名前をリコリス棲姫といい、航空基地をしていらっしゃるやんごとなき御方だそうです。お陰さまで取り巻き連中もSPレベルです。シャーシャー鳴く憎いあんちくしょうが居ない代わりにフラワ級が居ます。赤い駆逐が二匹居ます。あとフラル級がこれまた二体。

今度こそ本気で眼を疑ったわ。

……いやいやいやいや! これ6−4と同じ編成で突入せざるを得ないマップで相対していい面子じゃないだろ!? 確かに砲台小鬼はル級が居るようなものと例えられそうなものだけれど、特効装備があるから駆逐が半数を占めるような艦隊でもどうにか相手が出来ていたというのに、それを砲撃すら通らない戦艦に差し替えるとか馬鹿なの!? 殺す気なの!?

寧ろそれ以外に制空権喪失させてくる理由があるなら教えて欲しい。

こちらの攻撃が通らないのに容赦なく連撃と弾着かましてくるとかもう何なの。うーむ……まあまともにやったらどうにもならなさそうだけど、現状で打てる手といえば……しばらくキラ付けかなあ。本隊じゃなくて支援艦隊の。あとは恐らくキモというより切り札になりそうな基地航空隊の仕様も理解しておきたいところながら、ゲーム中に何も説明がないのが何とも。緩やかなソーシャルとか要らんから最低限の説明くらいはしてくださいお願いします。


5月4日 「ここらで引導を渡してくれるわ」

 夏にやらかし、秋でも懲りず、冬はサイレント弱体化。既に折る指もない状況でこの体たらく、仏の顔も怒り面になるわそりゃ。

 ……何だろうなあ、物凄く嫌な予感しかしない。これが今の春イベに対する率直な感想 by 艦これ。E-5のゲージを四割ほど削った辺りで運営のツイートを見てしまったのが運の尽きというか、恒例の先行攻略組だけを殺すバグ祭りは今イベでも健在だったようで、どうやら現在進行形で攻略中のE-5こと拡張作戦、及びE-6とE-7を指す後段作戦で致命的ともいえる不具合が発生している模様。

狙いすましたかのようにピンポイントでぶち当ててくるのやめろ。

曰く、本来ならば敵からの空襲が起こるはずなのに発生せず、同時に敵ボスへの打撃力が足りない状態になっているとか。前者のアドバンテージを打ち消して余りあるほど後者のディスアドバンテージが酷いのは、修正前にE-5のゲージ割ってやろうと頑張ってゲージを空っけつにするところまでは出来たので言わんとするところは何となく察しがつくというか、

三式弾以外の特効通らない設定になってるだろアレ。

本来であれば水雷主体の艦隊で挑めるようにロケランことWG42、及び対イベ用として鳴り物入りした八九式戦車隊とカミ車が有効な装備になるはずが、通常の基地型と同様の処理しかされていない感じ。シャーやゴスロリやメガネと違ってそれらの装備が何ら意味を成していないとしか思えない手応えから導き出される答えはこれでした。

そんな状態でも一度はぶち墜としましたけどリコリスさん。

ただこれ、上手いこと昼戦で結構HPを削れていたところにたまたま健在だった扶桑姉さまがスナイプを成功させてくれたお陰なので、狙って出来るかといえば勿論そんなはずもなく。これが6−4のように支援艦隊なし、通常艦隊のみの出撃、戦闘回数と消費資源も少ないのであれば何度でも挑戦するところですが、フルにキラ付けした道中支援と旗艦だけでもキラの付いた決戦支援、加えて本隊にもキラ付けが必須レベルな上に道中の戦闘回数自体も多いとなると話が別。

少なくとも時間制限のあるイベでやっていいことじゃないと思う。

E-5だけで既に燃弾を3万5000程消耗しているため、流石に引き際かなと。一回の出撃で四桁に届くか届かないかくらい吹っ飛ぶとかやってられるか。あとキラ付けも相応に時間を喰われるので、単なる意地でこれ以上の労力と時間を割くのは馬鹿げているとしか思えなくなってきているというのも正直な感想。あくまで現時点での予定ではあるものの、明朝までに直してくれるというのであれば無理をせずに大人しく待ちますよ、ええ。

その後で攻略を再開するかどうかはさておき。

うん、ぶっちゃけもう信用に値しないところまで来ちゃってるのよ、運営さん方の所業対応言動その他諸々。スパッと見切りをつけた方が賢明だって野生の勘が言ってる。


5月5日 「大海を知る」

 重課金だろうと何だろうと突破者が居るのは紛れもない真実。今回身の程を弁えるのは私の方だった、ただそれだけのお話。

 あまりにあまりなバグに辟易して春イベ制覇していないけど情報解禁したら予想以上に酷かった件 by 艦これ16年春イベ。某ビッグセブンの一角が未だにE-6すら抜けられていないってどういうことなのと思ったら、ボスの編成見て納得した。何だあの無理ゲー。ボスのHPも頭おかしいけど、それに加えて随伴艦も容赦ないを通り越して頭おかしい。

褒め言葉ではなくガチな意味で。

……うん、もうこれ全てのイベントを過去にしたわ。「15年夏イベを甲で自力攻略しました」なんてドヤ顔していた頃が懐かしい。今イベの制覇者に比べたらそんなの何の自慢にもならないどころか井の中の蛙に等しいと思いますです、はい。とりあえずメンテ明けに再挑戦してE-5甲のゲージを木っ端微塵にしてきましたが、そこでやる気が売り切れました。寧ろ既に枯渇していたやる気を搾り出してどうにか頑張ったという方が正しいと

キラ付けを身体が拒否している事実で嫌というほど味わった。

あーまあ他所見しながらでもマウスポチポチしていれば終わる作業だからねー。頭空っぽにしながらやれば問題ないよねーとか自分を騙し騙し実行するものの、本隊は三重ながら支援艦隊×2は二重までが精一杯。よっぽど重症だなこれと自分の事ながら溜息吐きつつ、E-5の攻略を終えてもE-6へ進もうとする意欲すら湧かない時点でお察し。イベ真っ最中なのに遠征三昧です。正確には

出撃とかしたくない症候群。

自力攻略を断念したことが此処までモチベを凍り付かせるとは……あ、あと前日の発言で一つ訂正というか運営にお詫び申し上げます。リコリスに大発系の特効がないのは不具合でもなんでもなく単なる仕様だったようで。平にご容赦を。しかしながら、勝手に早とちりして霞やら大潮やら投入したのは早まったかも。そしてそれ以上に大淀と利根を投入してしまったのがE-6で致命傷にならないことを心底祈る。

「何だかんだ言って攻略する気あるんじゃねーか」とセルフツッコミ。

今夜は仕事の検分して、明日仕事頑張って、終わってから週末明けにかけて少しばかり嗜む程度っぽいですが。脇目も振らず休日タイムを全部つぎ込んで全力出撃とかはしなさ気。


5月7日 「戦士の休息」

 ただギミックが後付けで追加されたという話もあるため、運営に対しての不信感は拭えず。……自力攻略断念して大正解だったな、今回。

 先に謝っておきます、ごめんなさい。「脇目も振らず休日タイムを全部つぎ込んで全力出撃とかはしなさ気」とか言った舌の根も乾かぬ内にがっつり自由時間つぎ込んで春イベしてました by 艦これ。アホの子かと自分で自分に突っ込みたい。手の平返しの早さも然ることながら、それ以上に

無理を無茶と無謀で押し通す辺りが。

E-6甲突破です。ゲージ破壊した瞬間、真夜中なのに叫んだわ。このマップだけで一日半程度&燃料8万ほど吹っ飛ぶとかどんだけマゾゲーなの。しかも恐ろしいことにこの後まだE-7が控えていますが、正直やる気は兎も角気力が尽きた。あと今日終わらせておくつもりだった仕事が全然片付いていないので、多分明日は本腰入れて攻略に取り掛かっている余裕はナッシング。

寧ろ中途半端に手をつけると火が着きそうで拙い。

というわけで、大人しくカタカタポチポチしながら遠征三昧で資源これくしょんしていようかと思います。明日と来週平日と来週末ぐらいまで。長いな! ひょっとしたら息抜きがてらほんの少しくらいなら出撃したりするかも知れませんが、ぶっちゃけ決算短信の精査をしているよりイベ攻略している方が疲れると思うの。息抜きで疲労が倍プッシュとか意味あるのかそれ。

そして今も実際眠い。

でもまあ、良い夢見られそう……。頑張った、私、頑張ったよ……(いいから寝ろ)。

 

まるっと更新している時間がないので突っ込んでみる余談:もう余談でも何でもないな。翌日の日曜日にE-7丙にてボスマス掘りを敢行、相当な資源と引き換えに春風をお迎えしました。丙掘りどころか甲以外の難易度を選んだこと自体初めてですが、今回のイベントは既に自力攻略を投げている&札対策に予備艦も投入しているので、気にする必要もないかなと。しかしまあ、よりにもよって

またこの曲がかかっている時に出るとか本当に偶然かそれ。

夏イベ風雲掘りの再来ってお前。しかも今回は意図してではなく、シャッフル選曲でかけていてドロップ画面に移行するタイミングで曲がこれに変わる→「神風型駆逐艦の三番艦、春風と申します」だもんなあ……。仕込み過ぎだろ。


5月14日 「かんたんじゃないこれくしょん」

 燃え尽き症候群も発生せず。只々虚しい、それだけ。

 取り急ぎ報告まで。艦これ2016年春イベ、こうしてこうなったので一先ず終了。まだ新規ドロップ艦娘の片割れこと親潮掘りが残っていますが、ぶっちゃけ忙しくてそこまで手が回らん。一日の適時開示情報の総数が2394件とか馬鹿だろ。昨日の内に多少削ってはいるものの、残り半分以上を片付けた上で精査しないといけない事実がより一層疲労の色を濃く染め上げる。まあ、それだけブルーなサムシングを差し引くとしても、

今イベクリア後の達成感と高揚感の無さは異常ですが。

……どうだろうなあ、今回の一件を時間が出来たら改めて語りたいとその時の私は思うのだろうか。少なくとも好意的な言葉は何一つ出てこない事だけは間違いないけど。

 

本編短いのに余談:突っ込んだら負けだ。ひたすら決算短信と格闘を続け、バレーの日本対ペルー戦で盛り上がり、艦これの親潮掘りで一息つこうとしたら掘り一回目でドロップしました。今回のオチ担当はこれだった模様。……うん、もう書いてて嘘くさいとその光景を目の当たりにした本人が一番そう思うわ。それに加えて

また例の曲をかけている時に出ている件。

……もう掘りする時はヘビロテしとくか。何一つ諦めて生きていくつもりは無い、と。


5月22日 「時間の無駄遣い」

 それなりには黒いので閲覧注意。捨て艦に走る提督を白眼視しようとすら思わんわ、今回は。

 今度は関東方面で大きめの地震があったり、声優の水谷優子さんが永遠の眠りに就かれたり、女子バレー日本代表が最終戦を待たずしてリオ五輪行きの切符を手にしたりと、種々様々なニュースが紙面を賑わせている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。出来ればプレリリースやIRニュースや市場が賑わって欲しいなあと思ってみたりするメタトロンです。

まあ艦これに比べたら幾分かはマシな気もしますが。

……んー、本当にどうなるんだろうなあ、今後。春イベのバグバグ且つ後手後手且つグデグデな対応で私みたいな自力攻略組や生放送なんかで俺TUEEEEE! しながら日銭を稼いだりしている先行攻略組のモチベは完全に息の根を止められた感が拭えないし、完全に後追いだったお陰で直接的には被害に遭わなかった層からも拡張作戦と後段作戦は不評票が圧倒的多数みたいだし。

声だけが大きい可能性もあるので当てにはなりませんけどね。

ただまあ、あくまで個人的な感想ですがと前置きした上で言わせて頂くのであれば……語る価値もない。本当にこれだけ。E-6は特効がないと突破は不可能に限りなく近いのに、それがバグで効果を発揮していない。緊急メンテで直したら直したで、実はギミックもその時に後付け実装しており、それも同時に発動させることでようやく運ゲーに持ち込めるぐらいの絶望度にも関わらず、ギミックが存在するか否かすら運営からは告知なし。挙句、そのギミックの存在が

よりにもよってソースぶっこ抜きから発覚する始末。

各方面からの追求やバッシングを受け、これはマズいと判断したのか、ギミックが存在することのみならずその解除法及び効果を完全に公開するとか……お前これ、解析されなかったらだんまり決め込むつもり満々だっただろうと。解析行為自体は擁護のしようもないほど真っ黒なので賞賛する気も毛頭ありませんが、それと同じくらいに

運営もまったく信用することは出来ないなと。

……これまでもさあ、先行攻略組が明らかに不利になるような事をしでかしているわけですよ。具体例を挙げるなら15年夏イベの情報小出しと後出しでのギミック存在暴露や、15秋イベのPT小鬼バグ、16冬の潜水棲姫サイレント下方修正等々。この時点でも相当に煮え湯を呑まされて来た感はありましたが、今回はその比じゃない。度を超しすぎ。私も母港と入渠ドック程度の課金しかしていないのでお客様としてどうこう文句はつける気はありませんが、

「ゲーマー舐めんな」とは吐き捨てさせてもらうわ。

如何に艦娘を育ててきたか、どれだけ装備を改修してきたかなんて関係なく、ただ旗艦に攻撃が集中するかどうかのみが攻略法とか……そんなことがしたいのならパチゲーにでも転向したら? そっちの方がお似合いだよ。


5月29日 「GATEU 〜世界を超えて〜」

 まあうまくいかない事のほうが多いよね。だけど今日くらいは何とかしてみるって決めたんだ。

 昨晩の男子バレー、日本対ベネズエラ戦は実に良い試合でした。最初に1セット取られてからの3セット連取も然ることながら、ややもすれば一気に呑まれそうな流れをセット毎にきっちり断ち切って反対に自分たちのペースへ持ち込んだ意地、覇気、気迫……つくづくバレーは逃げ場のない闘い、試合に勝って勝負に負けるなんて言葉が似合わない世界だなと。

中にはグデグデな展開もなくはないですが。

女子バレーのタイ戦なんてその真骨頂。歴史に類を見ない奇跡の逆転劇自体はスタンディングオベーション並みながら、内容はありゃないわの一言ですもの。レッドカードで二点追加ってそっちの方がよっぽど前代未聞だわ。男子も揃ってリオ五輪行きへの切符を手に出来るかどうかも気になるところではありますが、結果がどうであれ「全力を出し切った。悔いはない」と選手全員が思えるような闘いをして頂きたいと思います。そう、こんな風に。

 

 いつだって正しさはやりきれないものだと思う

 理性的な感情論なんて愚か者の夢だ

 しかし人は夢にしか生きられないんだ

 

 何かを犠牲に得られるものが

 誰かにとって掛け替えのないものだったとしたらいったい

 どうすればいいんだろう?

 

 多分そういう時に踏み出せることが

 戦うってことさ

 

 世界の果てで君が笑えるように

 この言葉がいつか風に消えるように

 

 人に笑われたって今このときだけはかまわなくていい

 好ましい未来なんてのは踏み出した先にしかない

 

日の丸を背負ってとか、日本にメダルをとか、そんなことはどうでも良い。ただ己と、共に闘う戦友の誇りと尊厳を賭けて――祈りが最後の一秒まで前を向くための力とならんことを。


過去の足跡へ。ICON2119.GIF

充分冷やかした方はこちら。ICON2117.GIF