《西尾茶臼山》  Motaのホームページ
 Orange life


 西尾茶臼山・東茶臼 お鉢巡り

マップ
西尾茶臼山 (にしおちゃうすやま):291m
 東茶臼 (ひがしちゃうす):250m

◆所在地:愛知県西尾市         
◆山行日:2020年 9月 5日(土)
◆メンバー:単独

〔登山コース〕
深篠調整池駐車場―(5分)→天狗岩―(20分)→稜線出合―(10分)→茶臼山(休憩5分)―(5分)→ 東茶臼分岐―(20分)→東茶臼・やすらぎ峰(休憩5分)―(5分)→三河湾展望台(休憩5分) ―(5分)→東茶臼・やすらぎ峰―(10分)→林道出合―(5分)→林道から山道へ―(10分)→林道・舗装道路出合 ―(5分)→山道へ―(15分)→三河湾展望地(休憩5分)―(5分)→茶臼山展望地―(10分)→ ルートロス・引き返し地点―(20分)→舗装道路出合―(30分)→弥生人の住居跡登り口 ―(5分)→弥生人の住居跡―(15分)→西茶臼―(5分)→イナバ山(休憩5分)―(10分)→深篠調整池駐車場

〔所要時間〕
総時間=4時間00分
歩 行=3時間35分
休 憩=0時間25分

〔距離と山のしんどさレベル〕
  ★☆☆☆☆  8.5km(15,700歩) 累積標高差=470m  

  もし、本文および写真の山座同定に誤りがあったらお許しください。


 
 朝起きたら空は快晴。こんなにいい天気だったらどこか山へ行けばよかったのにねえ。 予報を見誤ったことを後悔しても仕方ないので昼飯のあとでいつもの西尾茶臼山へ行くことにしました。 この後も台風やら何やらで1週間くらい好天が望めません。前回の山行から10日もたつので トレーニングが必要だということでもあります。
今回は『こうさん』という人のYAMAPで見た西尾茶臼山のお鉢めぐりコースを選択しました。 本来のお鉢めぐりではないけど山の南側に採石場があり、それをお鉢に見立て周回するというものです。 この日は天狗岩コースから茶臼山へ登り、東茶臼を経て採石場の南側にいったん下ります。そこから 南西側の尾根を歩き西茶臼に登る時計回りのお鉢めぐりを計画しました。

 〔深篠調整池駐車場 NAVIマップコード:17 029 724〕
    ※マップコードご利用の際は、カーナビに入力したとき、その位置を地図と照らし合わせて確認してください

深篠調整池駐車場

午後1時前ですが土曜日ということもあってか駐車場はほぼ満車に近い状態。 山から下りてきたと思われる8人のグループが木陰で昼食休憩中でした。

〔深篠調整池駐車場 発=12:55〕
茶臼山山頂から蒲郡方面尾眺望

駐車場から天狗岩コースを稜線まで登り、茶臼山山頂までやってきました。 晴れのち曇りの天気予報でしたがよく晴れて蒲郡方面もきれいに見えますね。

〔天狗岩=13:00〕
〔稜線出合=13:20〕
〔茶臼山山頂=13:30~13:35〕
東茶臼分岐

山頂から東へ300mくらいでしょうか、ここが東茶臼への分岐です。 案内表示はありませんが南東へ向かう尾根にしっかりした踏み跡がありました。

〔東茶臼分岐=13:40〕
やすらぎ峰

分岐から歩くこと20分ほど足元の石に書かれた《やすらぎ峰》という表示がありました。 ほかに木にも標識が掲げられています。ここからの眺望はありません。

東茶臼・やすらぎ峰

ただ、《やすらぎ峰》表示からほんの少し先に《東茶臼・やすらぎ峰》という標識が設置されていました。
ここは西側が開けたところです。

〔東茶臼・やすらぎ峰 着=14:00〕
西茶臼・採石場、そして三河湾

東茶臼には初めて来たのでこの眺望は新鮮でした。
眼下に採石場があり、右手に西茶臼、遠くに三河湾が眺望できます。こうしてみるとお鉢のようにも見えますね。

西茶臼と茶臼山ドコモ鉄塔

西茶臼の右手には茶臼山のドコモ鉄塔が見えますね。
ここ東茶臼・やすらぎ峰に《三河湾展望台 5分》という案内標識があったので行ってみることにしました。

〔東茶臼 発=14:05〕
三河湾展望台

案内標識はしっかりしたものでしたが展望は東茶臼とあまり変わりませんねえ。
三河湾の展望には西茶臼や小茶臼下の展望地の方がいいと思います。

〔三河湾展望台=14:10~14:15〕
やすらぎ峰からの下り

東茶臼・やすらぎ峰まで戻ってきて、そこから下る道がわからなくて探してしまいました。 そしてやっと見つけました。最初のやすらぎ峰標識のところにあるこの倒木を乗り越えて小尾根を下るのです。

〔東茶臼・やすらぎ峰=14:20〕
林道出合

薄い踏み跡をたどり、レジ袋の案内表示をたどって林道まで下りてきました。
ここから少し林道歩きです。

〔林道出合=14:30〕
林道から山道へ

5分ほど歩いた林道の曲がり角に案内表示のレジ袋を見つけました。 ガードレールを乗り越え、ここからまた小尾根を下ります。

〔林道から山道へ=14:35〕
採石場が見えた

下りてきた小尾根はほとんど踏み跡はないといっていいでしょう。テキトーに下ってくると採石場が すぐ近くに見えました。
やれやれと思ったけどこの後がまた大変でした。すぐ下に道路が見えているけど崖なので降りられません。 左手の林の中をまたテキトーに下るしかないのです。

フィックスロープ発見

採石場でない側も崖のため林道に下りるところをうろうろ探してしましました。 そしてようやくフィックスロープを発見。

舗装道路からの登り口

やっと採石場に続く舗装道路に出ました。
うっかり通り過ぎてしまいましたが、ここが舗装道路からの登り口です。 例によってレジ袋の案内表示です。しかもヤブそのもの。いやだなー。

〔舗装道路からの登り口=14:50〕
竹林南側ルートと北側ルートの分岐

背の高い茂ったヤブは入り口部分だけでした。
取り付いた道は竹林北側ルートと南側ルートというのがあるそうです。 左手へ直進するのが南側ルートで、北側ルートには写真のR1の容器が取り付けてある方へ分岐していきます。

洞穴

5分ほど行くと洞穴がありました。こうさんのYAMAPでも見たので道は間違いないようです。

〔洞穴=14:55〕
南側展望地

竹林北側ルートは薄いながら踏み跡があり、10cm角ほどのプラ容器が目印として木に取り付けてありました。
2つのルートが合流したところから展望があると聞いた南側ルートの方へ70~80mほど行ってみました。 ご覧の通りの景色です。

〔南側ルートの展望地=15:05~15:10〕
お鉢の縁辺から見る茶臼山

北側ルートとの合流点まで戻ってお鉢の縁辺を西にたどります。
右側に茶臼山が見えてきました。

〔茶臼山展望地=15:15〕
東茶臼

茶臼山の右に見えるのが東茶臼ですね。

遠望峰山を望む

さらに少し行くと遠望峰山が見えるところがありました。

西茶臼

お鉢の南の縁辺をさらに行くと西茶臼がよく見えるところがありました。
裾野はグランドキャニオンと呼ぶ人もいるようですが採石場ですね。
ここまでは良かったのですが・・・。

引き返し点

西茶臼ビューまでは良かったのですがその先が次第に怪しくなってきました。
そしてこの目印を発見したのを最後にルートロス。 根性がなくあきらめが早い私は『もーやめた。戻ろーッ』。

〔引き返し点=15:25〕
舗装道路に戻る

ということで往路をたどり舗装道路まで戻ってきました。
さてどうやって戻ろうかなー。下ってきた道なき斜面をやすらぎ峰まで登り返すのは嫌だしなー。
思案の結果決めました。お鉢の南から西へと走るグリーンロードを行き、南西側から西茶臼に登り返し て帰ります。

〔舗装道路出合=15:45〕
弥生人の住居跡登り口

途中からグリーンロードに入って弥生人の住居跡登り口までやってきました。 ここまで舗装道路を約2km、30分でした。

〔弥生人の住居跡登り口=16:15〕
弥生人の住居跡

登って行くとすぐに弥生人の住居跡。ここは以前にも来たことがあります。

〔弥生人の住居跡=16:20〕
西茶臼・城跡

西茶臼・城跡まで登り返してきました。この後イナバ山ルートで下ります。

〔西茶臼=16:35〕
イナバ山から茶臼山と東茶臼

イナバ山まできて最後の休憩。
これまで気づかなかったけど、茶臼山の右肩に見えるのが東茶臼だね。

〔イナバ山=16:40~16:45〕
深篠調整池駐車場に戻る

車が少なくなった深篠調整池駐車場に戻ってきました。

〔深篠調整池駐車場 着=16:55〕

 ということで、昼から西尾茶臼山のお鉢めぐりに行ってきました。 途中でルートロスして大回りのお鉢めぐりでした。というと聞こえはいいでしょうけど 縁の欠けたお鉢めぐりですよね。お鉢めぐりで西茶臼への登りにあるという『せつ子の滝』 というところにも行きたかったのですがお預けとなりました。機会を見て行ってみたいと思っています。 まあ、それでも今回初めて東茶臼へ行けましたし、トレーニングにはなったと思うので 良しとしましょう。


     

Orange life