侍.jpg

侍~戦いの装い~その㭭

4月17日~6月1日

西尾市資料館(電56―6191)で、企画展「侍~戦いの装い~その捌(はち)」が開かれている。
 今回も日本甲冑武具研究保存会東海支部の全面協力を得て、具足類、甲冑(かっちゅう)、火縄銃などを展示。愛知県指定文化財である「瀬門(せもん)神社神事馬駈(うまかけ)馬具」から、鐙(あぶみ)3点、鞍(くら)3点を地元の同市吉良町瀬戸・寺嶋・駮馬の合意で展示する。
 関連行事として、展示解説が4月21日と5月13日の午後1時30分からある。5月20日には午前10時~午後3時に、旧近衛邸で甲冑の試着体験「あなたが武将になる日」を行う。
 月曜休館。


抹茶スイーツ.jpg

抹茶スイーツ選手権募集

5月4日~6月8日

西尾市観光協会主催での第5回高校生パティシエによる「抹茶スイーツ選手権2018」が7月21日、市役所で開かれる。「いつでも、どこでも抹茶スイーツ」をテーマに作品を募集。今回は、コンビニエンスチェーンの「ミニストップ」とのコラボにより、優秀作品を商品化して東海エリアで販売する。参加募集は5月4日から始まる。
 応募資格は、愛知、岐阜、三重、静岡の東海4県と、茶どころとして知られる京都府の同一高校か専門学校生3人1組。男女混合も可能で、今年4月時点で高校在学者か18歳以下の専門学校生。
 応募作品の規定は、「西尾の抹茶」を使用し、高校生パティシエの独創性のあるもの。焼き菓子、スイーツ、菓子パンなど常温で保存・販売できるもの。ジャンルや形は問わない。
 応募締め切りは6月8日。6月中旬に一次審査(レシピ書類審査)と結果発表が行われ、最終審査で調理済みの作品を持ち込んでのプレゼンテーションと試食審査がある。
 問い合わせは、西尾市役所商工観光課内の抹茶スイーツ選手権事務局(電65―2170)へ。


29028216_1091354277674533_2168679676677980160_n.jpg

わんぱく相撲西尾場所

6月2日

一般社団法人西尾青年会議所主催の第2回「わんぱく相撲西尾場所~無限の可能性への挑戦~」が6月2日午前9時30分から、同市平坂町の西尾勤労会館で開かれる。同会議所では、東京・両国国技館で開催される全国大会を目指す小学生を募集している。
 わんぱく相撲は、小学生を対象とするもので、国内200地区の青年会議所が行う予選大会から勝ち上がり、東京の両国国技館で開催される決勝大会まで、日本最大規模のこども相撲大会。「青少年の健全な育成」を目的に、1981年から全国各地の青年会議所が開催している。
 問い合わせは、同会議所(電57―5511、ファクス57―0020)へ。


西尾合唱団.jpg

西尾合唱団定期公演

6月3日

西尾合唱団の第78回定期公演が6月3日午後2時から、西尾市文化会館で開かれる。
 今回のテーマは、「悠遠の音楽と脈打つ感動を求めて!」。ドイツを代表する世界的な名バイオリニストのヘルヴィック・ツァックさんが出演し、独奏を披露する。
 プログラムは、バッハの「カンタータ第四番・第八十番全曲」、また、メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲ホ短調」ではツァックさんが演奏を披露する。
 音楽監督・指揮は田中瑞穂さんをはじめ、独唱を内藤里美(ソプラノ)、小原伸枝(アルト)、大久保亮(テノール)、小原浄二(バス)、管弦楽はアルテフィルハーモニー交響楽団、合唱は西尾合唱団が担当する。
 入場料は2000円。申し込み方法など詳細は、ホームページに掲載されている。


劇団かかし.jpg

劇団かかし座「ワンダー・シャドウ」

6月30日

西尾市文化会館で行われる西尾市文化事業「劇団かかし座『ワンダー・シャドウ』」のチケットが、今月14日から販売される。「影のスペシャリスト」として有名な同劇団が、子どものための演劇公演を行う。
 午後3時開演で、不思議な影絵ショーの「ドクターシャドウの影絵ラボ」と、少年がドラゴンを求めて旅する物語「アドベンチャー・オブ・ザ・シャドウランド~影の国の冒険~」の二部構成。
 チケットは全席指定2000円。岩瀬文庫、文化会館、吉良町公民館、幡豆公民館、おしろタウンシャオ、チケットぴあで販売。車いす席の希望者は事前の問い合わせが必要。問い合わせは、同市文化事業実行委員会(電56―6660)へ。