火中に飛び込む勇姿

国指定重文 鳥羽の火祭り

国指定重要無形民俗文化財で、海と山の神をまつる「天下の奇祭」としても知られる勇壮な「鳥羽の火祭り」が10日、西尾市鳥羽町の鳥羽神明社で営まれた。この祭りは約1200年前から続いており、高さ約5・5㍍の巨大たいまつ「すずみ」の燃え具合や、東西二手に分かれて燃え上がる2基のすずみから競って神木と縄を取り出し神前に早く運んで1年を占う神事でもある。今年は西側が早く取り出して勝ち、燃え具合も良かったことから平穏な年と予想した。