一般会計は585憶6000万円

西尾市の令和2年度当初予算案

西尾市は14日、2020(令和2)年度の当初予算案について西尾市議会議員全員協議会で説明した。それによると、一般会計は585億6000万円を計上。前年度と比較して35億円(6・4%)増となり、過去最大の予算規模となった。令和2年度は、厳しい財政状況となることが予想されるが、「夢や希望の持てるワクワクする西尾市の創生」に努めるとする一方で、一層の経費削減に努めるとともに、国や県補助金の確保に積極的に取り組むことにより、市民サービスの低下を招かないよう配慮した予算としている。