吉良地区の利用者急増

デマンド型乗合タクシーいこまいかー

西尾市「多くの利用を」

西尾市はこのほど、公共交通空白地対策として平成24年10月から運行している、デマンド型乗合タクシー「いこまいかー」の利用人数をまとめた。昨年10月からの1年間で延べ1849人が利用。前年度よりも514人増加しているが、同市では「この1年間、吉良地区での利用目的の拡大が奏功したことを受けて同地区での利用者が特に増えている。全体的に利用者は安定しており、今後も利用促進を図っていきたい」と話している。