矢作建設工業 契約解除を通知

吉良支所棟 改修設計は白紙に

PFI見直し

西尾市方式PFI事業の見直し問題で、きら市民交流センター支所棟(吉良支所棟)の用途変更に伴う改修工事の設計業務を請け負っていた矢作建設工業=本社・名古屋市=が、今月13日、西尾市に対して業務契約の解除を通知していたことが明らかとなった。市は、吉良支所棟の開館時期の目標を「来年度の早期」としていたが、設計が白紙となることで、さらなる遅延は避けられない事態となった。