鋳物製造が堅調さ維持

製造業は効率化など課題

西尾商議所景況調査(1~3月)

西尾商工会議所はこのほど、市内の8業種・計182社を対象に実施した、平成30年度・第4四半期(平成31年1~3月)の景況調査の結果をまとめた。
 それによると、今期の景況は、製造業では鋳物が堅調さを維持。しかし、業界全体として「生産の効率化」を経営上の問題点とする企業が多かった。また、人材育成や人手不足、受注の確保なども依然として多く見られる。
 小売業や飲食業、建設業では、前期に引き続いて売り上げや完成工事高が増加したとする企業よりも、減少したと回答する企業の割合を上回っており、厳しい経営状況が続いていることがうかがえる。