uno-bana001.jpg

uno-001.jpg

堅牢なるボディ

      本体価格 :オープン価格

本体ボディは9ミリ厚の鋼板を使用。 接合部にはリベットも打ち込み強度をあげている。

uno-002.jpg

トリベットを標準装備

薬缶や鍋を天板に乗せて加熱するとき、沸騰したらこのトリベットを手前に倒し使用します。 保温をしたいとき、じっくり煮込みたい時に活躍する装備です

wsuno-0001.jpgローディングドアのハンドルはアイアンの手仕事。

DSC05276.JPG手前に倒せばトリベットになります

wsuno-0003.jpg火室にはダッジオーブンが入ります。

wsuno-0002.jpgツィスト加工をしたパーツも手作りします。

DSC03913.JPGここから薪ストーブ作りは始まります。

wsuno-0009.jpgリベットの行列が、その強度を引き出します。

DSC05275.JPG薪ストーブに使われるハンドルも一つづつ作ります。

DSC05299.JPGこんなログストッカーがあれば便利だと思います。

mikuniya_7137.jpgこれは焼き海苔を作るための火箱です。

mikuniya_7134.jpg熱源は炭火を使用します。

mikuniya_7143.jpg蓋には、オーナーさまの家紋が付けられております。

mikuniya_7145.jpg後ろ側にも家紋がついております。


uno90DD92u-01.pdf

炎を楽しむために

くつろぎは炎を見ながら

wsuno-0004.jpg

大きな窓から見える炎は薪ストーブの楽しみの一つです。

二次燃焼が見える

いつまでも見続けてしまいます

wsuno-0005.jpg

炉内の二次燃焼。高温で燃える現象が見えるように設計しました。揺らぐ炎の奥にもう一つの燃焼が現れます。薪から発生した可燃性ガスを積極的に燃焼させるシステム、これが二次燃焼システムです。

サイズは小型ですが

コンパクトですが仕事はできます

ws-kakedumen.gif

オーブンはありませんが、ダッジオーブンを炉に入れてオーブン料理が楽しめます。小さくてもやることはやってくれる一台です。

壊れないための工夫

9ミリの鋼板が生み出す強度です

ws-kake001.jpg

いつまでも大切に使っていただくための工夫が組み込まれたボディ。その代表が厚さ9ミリの鋼板を使用したボディにあります。極寒のシーズンをハイパワーで暖める構造は頼もしさを感じていただけます。

info

『鉄の仕事屋』はモノ作りを通じて皆様と歩んで行きます。

ws-stove-box2.jpg

LinkIcon関連リンク