本願寺派の概要

浄土真宗本願寺派(俗称:西本願寺 とか お西)ともいう

     御開山 宗祖 親鸞聖人 

    
お 経 浄土三部経     ・ 仏説無量寿経(大経)
                    ・ 仏説観無量寿経(観経)
                    ・ 仏説阿弥陀経(小経)


    
本 尊  弥陀如来 (南無阿弥陀仏)

    
教 義  南無阿弥陀仏のみ教えを信じ、かならず仏にならせていただく身の幸せをよろこび、つねに報恩のおもいから 、世のため人のために生きる

    
教行信證   宗祖 親鸞聖人の書物で顕浄土真実教行証文類(教行信證)があるがこれは七高僧の聖教(しょうぎょう)を学ばれ、七高僧の教義発揮され 浄土真宗の教義の体系を支える重要な柱である。 

   中興の祖 と言われる 蓮如 れんにょ 聖人(第8代)によって本願寺は大きく発展した。

も ど る

教 章

k_a4.pdf

教章のDOWNLOAD