サークル*くるくる

『サークル*くるくる』は、身体に重度なハンディ(障害)があっても、ボランティアはできる。ハンディがあるからこそ気付くこと、考えられることもあるのです。
 ハンディがあっても・なくても、同じ気持ち、同じ考え方を持ったメンバーが集まって、「対等な人間同士」として、お互いに認め合って活動していく…
そういう[ノーマライゼーション]の考え方を、広めていこうとするグループなのです。

写真:2001年クリスマス会
2001年、初めてのクリスマス会

私たちは、発足したばかりのグループですが…
 毎日を大切にし、心を自立させてイキイキと生活したい。ステキな、あなたに出会いたい。私たちの、まだ知らないバリア、目に見えないバリアを仲間たちと一緒に考え、活動していきたい。
 特に「ボランティア活動」だと、気負わなくていいでしょう? おしゃべりしたかった、友達を探したかった、趣味を活かしたい…
 みんな対等な立場で、ふれあい、個性を活かして、それぞれのチカラを集めて、大きく使うことができたらいいなぁ… と思って、仲間作りから始めています。

【おもな活動内容】
1.在宅障害者への支援・交流活動
2.「みんなの街づくり」や、福祉制度の勉強
3.各種ボランティア講座や福祉教育の手伝い、
 「福祉まつり」等を通しての啓蒙・PR活動… e.t.c.

▼代表:川ア恵子

▼発足:2001年8月

▼会員:23名

…などで、設備や人の心のバリア・フリーを広めるという、大きな目標に向って一歩ずつ活動して行きたいと思っています。

新規メンバー大募集
活動内容 在宅障害者との交流、講座・福祉教育の手伝い、バリアフリーの啓発など
会合日 第2火曜・第4土曜 13時30分から16時(社会福祉会館)
活動日 年2回程度
こんなグループです!
(雰囲気など)
行事を考え、外出をして見えないバリアを体験しています。
壁にぶつかったら皆で考えよう!「生きた知恵」で乗り越えています。
求む!こんな人 存在を認め合える「心のバリアフリー」を求めるあなたを待っています。出会いは初めの一歩です。
問い合わせ・連絡先 安城市社会福祉会館 ボランティア相談コーナー
(相談日 毎週火・木・土曜日 午前10時から午後3時)
電話 0566-77-2941

(2004年09月19日更新)