辻村会長あいさつ  〜創立10周年記念総会より〜

 思い起こせば「つるしろスポーツクラブ設立準備委員会」を平成17年5月に設置し、2年間の準備期間の間に運営委員会、準備委員会、計44回の会議を重ね、スポーツ教室を主体事業として企画開催しました。
 2年間の準備期間中に「みんなで、なんでも、たのしく」というクラブの基本理念を掲げて、平成19年2月10日に設立させていただきました。
 当初はスポーツ教室だけでクラブ員をつのり、約230名でスタートしました。準備期間の間に地元の各種スポーツサークルの皆さんにご理解をしていただきクラブに参加加入の協力をしていただきました。その結果設立時に632名という多くの方に会員登録をしていただき設立をさせていただきました。
 運営する段階になって、会場不足が問題になってきた時には県立西尾高校の体育館を、吉野校長先生のご配慮により地域で使用できるように開放していただき、活動の場を増やすことができたことも思い出に残っております。
 そして現在は1,000名を超す会員の皆さまになっています。
 教室も年間を通して4教室、前期後期それぞれ17教室を開催し、サークル活動においては28サークルが年間活動していただいております。
 クラブの基本理念にあるように「みんなで、なんでも、たのしく」を忘れずに、運営委員も会員の皆様と一緒になって活動しております。
 また卓球大会、グラウンドゴルフ大会、野球観戦等を実施し、最近ではハイキングやウォーキングを開催して、クラブ員同士の親睦行事もたくさんの方に参加していただいています。
 このようにたくさんの方にクラブを通してスポーツに親しんでいただき、うれしく思っております。
 発足して10年が過ぎましたが、今後自主運営に向かっての財源をどうするのか、スポーツ指導者の確保をどうするのか、クラブ員サービスとは何をするのかなど、たくさんの問題点や課題があります。
 まだまだ未熟なクラブ運営でございますが、これからも皆様のご協力を仰ぎながら、精力的に活動を続けていき、運営してまいりたいと思います。




                                            もどる