うなぎを開くのに関東地方では背開き、関西地方では腹開きが一般ですが一色うなぎ漁協では背から開いています。
 
 開かれたうなぎはガスの火でこんがり狐色になるまでムラなく焼かれ、蒸しの工程に入ります。
 
 80℃
位で蒸された白焼きはタレのつけ焼きを4度繰り返されます。
 
 焼きあがった白焼、蒲焼はスーパーや直売店に出荷されます。
また全国各地への宅配サービスも好評を得ています。

戻る