冬期には、重油をタンクローリーで配達します。養魚池は重油ボイラーによる加温が行われ、これによって27℃〜30℃の水温を維持できるのです。

 飼料は魚粉を主体とした配合飼料が用いられ、水と魚油を加え練り餌にして与えます。

 養魚用水は、矢作川水系の表流水が養鰻専用水道によって給水され、より自然に近い環境でうなぎが養成されています。

 給水設備は、安定した水質管理の下、280Kwのポンプ2台と150Kwのポンプ1台によって送水しております。

戻る

 

 金融部は貯金、貸付、支払など信用事業をまかないます。
 貯蓄・年金・口座振替など‥‥
お気軽にご相談ください。
    (愛知県信用漁業協同組合連合会 一色うなぎ支店)
           

戻る

       
 


 総務課は組合事業の中枢となり、各部署を取りまとめます。





戻る