三木水甫蔵
杉浦さんの「蔵」
 
東京書籍という教科書で知られる出版会社に勤務後、高校教師になられた。昨年退職せられたが、ユーモアあふれる授業で、漢文の名物教師であった。現在、農業の傍ら木彫の額の創作活動にいそしむ。 椿花書屋主人と号す。 作品を希望すれば見せていただけます。おみえになれば、深い見識に富んだお話を伺えるでしょう。 興味のある方は唯法寺まで連絡を!

額

館内
額

杉浦先生
額

作業場
額

「椿寿」の額
額

  額
額
色即是空空即是色
額
平安富貴
額
「閑」静かで穏やか
額

図案
額

双魚
額

仏像と供華
額

「寿」
額

おひつの蓋
額


 

唯法寺 愛知県西尾市順海町12  住職/占部