衣浦衛生組合は、碧南市、高浜市共同で、し尿処理施設・ごみ処理施設・余熱利用施設等の運営を行っております。

衣浦衛生組合 衣浦衛生組合 碧南市 高浜市

トップページ > ごみ処理Q&A

ごみ処理施設 Q&A


Q.一部事務組合って何ですか?

A. 複数の市町村が、行政サービスの一部を共同で行うことを目的として設置する組織です。衣浦衛生組合は、ごみ処理業務等を共同で行うために、碧南市及び高浜市で一部事務組合が組織されています。


Q.衣浦衛生組合にはどのくらいの人が働いていますか?

A. 衣浦衛生組合で働いている人を大きく分けると、予算の管理などの事務にたずさわっている人と、し尿処理業務やごみ処理業務にたずさわっている人に分かれます。事務をしている人は13人です。ごみ処理業務にたずさわっている人は40人(職員11人・委託29人)です。


Q.ごみは1日どのくらい運び込まれるのですか?

A. 平成27年度の実績で計算します。燃やせるごみ、燃やせないごみ、粗大ごみ及び資源ごみの衣浦衛生組合に運び込まれた量は1年間で39,107tです。これを搬入された日、263日(土曜日、日曜日及び年末年始などで搬入しておりません。)で割ると、1日当たり148.7t(39,107t÷263日)運び込まれたことになります。


Q.1人1日どのくらいのごみを出すのですか?

A. 平成27年度の実績で計算します。衣浦衛生組合に運び込まれた資源を含めたごみ量は39,107tです。 平成27年4月1日現在の人口、118,058人(碧南市及び高浜市)で割ると、およそ331kg(39,107t÷118,058人)となります。さらに、1年間(365日)で割ると、1人1日当たり平均ごみ量は約907g(331kg÷365日)になります。


Q.ごみ処理にかかる費用はどのくらいですか?

A. ごみ処理費は、年度によって変わってきます。衣浦衛生組合のごみ処理費用は、平成27年度の決算額では、次のようになります。平成27年度ごみ処理費 92,630万円(人件費、公債費は含まれておりません)1t当たりごみ処理費 19,660円 (ごみ処理費 92,630万円÷処理したごみ量 47,117t) なお、この金額には、収集の費用は含まれておりません。


Q.ごみ量は増えているのですか?

A. 平成8年度から碧南市、高浜市が資源ごみ分別回収を開始、前年度比(平成7年度)15.0%の減となりました。しかし、その後、ダイオキシン類対策に伴う野焼きの禁止と人口増加等もあり、年々ごみ量が増加しています。


Q.3Rとは、何ですか?

A. 3Rは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つの英語の頭文字を表したものです。
リデュース(Reduce)ごみになるものは最初から求めない。廃棄物の発生抑制をすること。
リユース(Reuse)捨てないで、もう一度使う。再使用すること。
リサイクル(Recycle)廃品回収や分別ごみとして出す。再生利用すること。
 私たちが生活していく上で、必要な物であっても、いらなくなればごみになります。しかし、そのごみも、減らすことはできます。この3Rに取り組むことでごみ量を少なくすることと、限りある地球の資源を有効に使う社会をつくるものです。


Q.最終処分場は、1日どのくらい埋め立てているのですか?

A. 焼却灰は公益財団法人愛知臨海環境整備センター等の最終処分場に持っていきます。平成27年度実績は、5,270tですので、1年間365日で割ると一日当り約14.4t埋立てていることになります。


このページのトップへ

衣浦衛生組合 〒447-0067愛知県碧南市広見町1丁目1番地1 電話 0566-41-3479 FAX 0566-41-3482