衣浦斎園は皆さんに安心して利用できる規格葬儀制度を執り行える公営の斎場です。 衣浦衛生組合は碧南市と高浜市とで運営している一部事務組合です。

  • 施設概要
  • 施設案内
  • 斎園の使用料
  • 各種様式
  • 交通案内
  • お問合せ

トップページ > 施設案内

施設案内

衣浦斎園の利用について

衣浦斎園の利用につきましては、次の事項にご留意のうえ、ご協力くださるようお願いします。

霊きゅう車の利用について

  1. 霊きゅう車は、お棺1体と親族4人まで同乗できます。
  2. 運行は、葬儀場から衣浦斎園までの片道運行ですので、帰路については自家用車等でお願いします。

火葬について

  1. お棺、産汚物および小動物の中へ、次のもの等を入れないでください。
    ・不燃物類(金物・ガラス・陶磁器等)
    ・プラスチック・ビニール・ゴム類等
    これらのものが混入されていると、人骨に汚れが付着し時間が長くかかり、炉内の燃焼設備等の故障原因となります。また、有毒ガス等が発生して公害の元になりますので絶対に入れないでください。危険物類が入っていた場合は、出させていただきます。ペースメーカー等挿入されている場合は、必ず職員に申し出てください。
  2. 火葬棟告別ホールで告別のお済になった後の炉前ホールへの入室は、なるべく数名までにしてください。
  3. 着火後に炉の鍵を、喪主または親族代表の方に収骨するまでお渡ししますので、収骨の際には、必ず職員に返してください。(紛失しないように大切に保管してください。)
  4. 作業室への入室は、固くおことわりいたします。

汚わい物・小動物の火葬について

  1. 汚わい物、小動物は、ダンボールなど必ず紙製の箱に入れてお持ちください。
  2. 火葬手続きの利用許可申請は、衣浦斎園で受付けます。
    (受付時間は午前9時より午後4時30分までです。)
  3. 犬及びねこ等小動物の火葬については、集合火葬となり個々のご要望にはお応えできませんので、ご理解をお願いします。
  4. 衣類・ふとん類の焼却はできません。ごみ焼却場へお願いします。

待合室の利用について(1階 A:洋室、B:洋室、C:和室)

  1. 火葬中の待合休憩室として利用するので、1葬1室が原則です。利用時間は3時間単位です。
  2. 待合室にはポット、急須、茶碗を備え付けています。「茶葉」はありませんので各自ご用意ください。
  3. 食事・飲み物等の持ち込み、片付け等は利用者でお願いします。
  4. 利用後の後片付けは、許可時間内で行い、その後、職員に報告してください。
  5. 待合室での読経・楽器等の使用はご遠慮願います。
  6. 待合ホールの専用利用はできません。
  7. 待合ホールでの食事等はご遠慮願います。

式場の利用について(2階 斎場・僧侶控室・家族控室・会食室・小会議室)

  1. 式場(大)は、斎場・僧侶控室・家族控室・会食室・小会議室の5部屋全てを式場として借上げていただきます。
  2. 式場(小)は、僧侶控室・家族控室・会食室(半面)の3部屋を式場として借上げていただきます。
  3. 通夜から告別式等の24時間(午後4時から翌日午後4時まで)と告別式等だけの7時間(午前9時から午後4時まで)の利用が可能です。
  4. 食事・飲み物等の持ち込み、片付け等は利用者でお願いします。
  5. 利用後の後片付けは、許可時間内で行い、その後、職員に報告してください。
  6. 祭壇が必要であれば備付((株)衣浦斎園互助会所有)のものが利用できます。読経・楽器等の使用については、防音仕様ではないので周囲への影響等考慮してください。
  7. 供花等については、生花・籠盛に限定します。(花輪等は不可)
  8. 受付・案内等は、全て2階で行っていただきます。

斎園の休園日について

衣浦斎園は1月1日及び友引は休みとなりますのでご注意ください。

利用者の遵守事項について

  1. 所定の場所以外での喫煙はしないでください。
  2. 許可を受けないで壁、柱、とびら等にはり紙等をしないでください。
  3. 立入禁止箇所等、危険な場所には入らないでください。
  4. 施設又はその附属設備を壊したり、なくしたりしないでください。
  5. 施設の利用時間は、午前9時から午後4時30分までです。(通夜利用は除く)

斎園の予約方法(病院で亡くなられた場合の例)

  1. 退院手続きを行い、医師より死亡診断書を受け取ります。
  2. 市役所窓口へ電話で斎園の火葬時間の空き状況を確認し、遺族、宗教関係者、葬儀業者と葬儀日程の打ち合わせを行います。                                          ※法律により、亡くなられてから24時間は火葬を行えません。(墓埋法第3条)
  3. 日程が決まり次第 再度電話で市役所窓口へ斎園の火葬日時を予約します。この時、斎園の霊柩車、待合室等の施設の利用料も予約します。(仮予約)
  4. 市役所窓口にて死亡届と共に火葬許可を申請します。間もなく「火葬許可証(衣浦斎園利用許可証)」が交付されますので、使用料をお支払いください。(本予約)                        
      一般的な葬儀の流れ(仏式の参考例です。宗旨や個人遺族の意向により異なります。)

      自宅など安置所を決め、病院からの遺体を搬送します。(寝台車を手配する。)
        ↓
      安置所で納棺(遺体を棺に納める)
        ↓
      式場への移送
        ↓
      通夜(火葬日前日)
        ↓
      告別式(火葬当日)
        ↓
      出棺(式場からの送り出し、霊きゅう車で斎園へ搬送します。)
        ↓
      斎園到着(「火葬許可証」を提出してください。)
        ↓
      火葬(火葬は大人の方で2時間ほどかかります)
        ↓
      収骨(拾骨、お骨上げ)
        ↓
      初七日法要(繰り上げ法要)

    ※ 収骨の際「死体火葬許可証」 に火葬済みであることを証明しお渡しします。これは、納骨の際に必要となりますので、大切に保管してください。
    ※死体・死胎火葬許可書は、必ず職員にお渡しください。

    ※職員に対する心付けは、固くおことわりします。
    ※その他のことは、係員の指示に従ってください。
    ※葬儀全体にかかる費用などについても事前に打ち合わせをしてください。

ページのトップへ戻る