主祭神  建御名方命(たけみなかたのみこと)
   
 大黒様として知られる大国主命の第二子神で、豊葦原中津国の弥栄を基礎づけられた神様です。天孫降臨に際し、瓊々杵尊に国土を奉り、信濃諏訪の地に退かれ、諏訪の国土開発に力を尽くされ、農耕・機織の奨められたので開拓の神、耕作・雨乞い・狩猟の神と言われています。
 また神功皇后の三韓征伐に神威を顕されたことなどから武勇の神をして知られ、さらに文永・弘安の役にもよく蒙古の大軍を討たれたと伝えられています。全国15000余社の諏訪神社の中で、当社は長崎・神戸・四日市・横須賀・藤沢に次ぐ6番目に御分社として登録されており、これらの有名な御分社は海の近くに鎮座していることから、海上航海にも御神徳を顕されたことが良く分かると思います。
 当社も御神徳を以って海魔を退けられ、また農耕、大漁、商工等全ての産業に不思議な恩恵を賜っています。


 創  建  

 第106代正親天皇(おおぎまちてんのう)の御世 永録年間(1558〜1570)当時、鎮守の神を持たなかった一色の地に守り神をお招きしたいと村人たちが考えていたところ、日本の六十六ヵ所の霊場に法華経を納めて歩いていた行者がやってきて、信濃の諏訪大明神の御分霊を請け、捧持してきて祠を建ててお祀りしたのが一色の諏訪神社の始まりです。        

DSCF0531~WM

諏訪神社 拝殿

末 社

三社 天満社 菅原道真公 文道・学問の神
下諏訪社 八坂刀売命 安産の神
秋葉社 火之迦具土神 鎮火・防火の神


五社 神明社 天照大御神 国民の総氏神
津島社 素盞嗚尊 疫病鎮護の神
御鍬社 玉柱屋姫命
伊佐波止美命
農業の守護神
稲荷社 宇迦之御魂神 商売繁盛、福徳円満の神
琴平社 大物主神 海難防護・雨乞いの神

   sansha~WM gosha~WM
               

              三社拝殿                         五社拝殿


神 紋

 当諏訪神社の御神紋は、葉の数が一枚の「梶葉紋」です。諏訪大社の御神紋は三本梶とも呼ばれている根幹枝葉の三枚葉の御神紋です。
 平成20年早春、境内に「梶の木」の献木がありました。

          DSCF0520~WM    DSCF0530~WM  


                                             Top pageへ