竹尾将仁 税理士・行政書士 事務所 本文へジャンプ
所長プロフィール


MASAHITO TAKEO

 氏 名 : 竹尾将仁(昭和46年生)

 出身地: 愛知県蒲郡市
    趣 味: 
魚料理(長年一色市場に通っており、鰻、アンコウ、オコゼ、貝類なども自身で捌きます。また、燻製、干物、山女魚・岩魚の骨酒なども作ります。)、・釣り(海・川釣り、アユの友釣り)、ドウマンガニ・イシガニ捕り、クワガタ捕り、農業(栗きんとん作り等を楽しみます。)、飲酒(特定のワイナリーから取り寄せて楽しみます。)、地方の旬の食材を入手すること、水泳(19歳から継続。毎日、1km以上をノンストップで泳ぎます。)、ジョギング(11歳から継続。毎日、水泳後1時間山道を走ります。)、サーフィン(ロングボード。)、スキー、スノボー、空手、ドライブ、ズンバ、素潜り漁(県等に確認し、法令遵守で行います。)
 経 歴 : 
 ・愛知県立西尾高等学校 卒 
  (同窓会監査及び学年幹事。現在の西尾高校記録である西高リレー(平成元年)の第一走者。)
 ・愛知大学 法学部 卒

 資格等: 
  ・税理士(東海税理士会 西尾支部 
             登録番号 第115861号)
  ・行政書士(愛知県行政書士会 西尾支部
             登録番号 第10191705号)
  ・名古屋家庭裁判所成年後見人等推薦名簿登録
  ・登録政治資金監査人登録
  ・行政書士ADR(裁判外紛争解決手続)センター愛知調停人候補者
  ・地方公共団体外部監査制度研修修了
  ・日本政策金融公庫 
         農業経営アドバイザー試験 合格者

所長の経歴による当事務所業務の特色 :

 税理士業務においては、税務調査是認率78%超という驚異の実績をあげていた大手税理士法人に長年勤務した経験を生かし、「税務調査において否認されない税務処理・申告」を行うことを主義としています。

 行政書士業務においては、「事前対策」に重点を置くことを主義とし、契約上の争いの予防」、「節税・争(相)続と遺言書作成」といった業務を行っています。
  所長は、自身が相続した事業等に関し20件以上の訴訟を行い、残されていた問題を解決してきました。上記訴訟の内、過半数は自身による本人訴訟で行い、また、住民訴訟も本人訴訟で行ってきました。そのため、その法廷においては、所長自ら被告・証人に対し尋問を行い、また、裁判官・被告(代理人)らとのやり取りを行いました。
 税理士・行政書士業務においては、これらの経験や開業時より特待生として法科大学院に通った経験を生かし、「より先見し、事象に備える」ことを重視した業務を行っています。

 また、必要な場合には、提携弁護士と連携して業務を行っています。


活動 : 
Tセミナー講師依頼を引き受けています。
1、(引用 :西尾信用金庫広告 平成30年11月(一部加工して掲載してあります。))


U租税教室で子供たちに税について教えています。
1、(引用 :愛三時報 平成25年3月16日号3頁)


2、(引用 ::三河新報 平成25年3月16日号5頁)