アマチュア無線局

JA2DJN のページ

本文へジャンプ
           

CB無線機の改造記




 
たまたまWEBサイトで最近28MHzAMがアクティブになってきたとの記事を見
つけ、早速でチェックしてみると輸出用CB無線機を改造しているようで、関連
の記事かたくさんヒットしました。
興味があり輸出用CB無線機を改造してON AIRすることにしました。

ヤフオクでゲット
「CB無線機」をキーワートに探したところ「AM FM28MHz改造用CB無線機」
に目がとまり10.5K円でゲット。
AM専用機よりもAM FMと両方出られる、と欲が出てこの機種に決めました。

CB無線機のチェック


SUPER STAR 120 FM

前面パネルに「SUPER STAR 120 FM」と表記されていました。
ヤフオクでは「動作品」とのことでしたので早速送受信をチェック、HI Bandが
送信時メーターは振れるがモニタ受信機で受信ができず、何事と思いダイア
ルを下へ廻すと受信でき、送受周波数が「MANUAL」と異なっていることが分
かりました。
よく見ると、この「MANUAL」現品と異なるAM専用機用で、回路図もFMの記
載がありません、ヤフオクで落とした中古品こんなものでしょう。
(回路図はここをクリック)

「MANUAL」によると LOW Band:26.965MHz〜27405MHz、
MID Band:27.415MHz〜27.855MHz、HI Band:28.500MHz〜28.940MHz です。
実測はLOW Band とMID Bandは変わりませんがHI Bandが27.865MHz〜
28.305MHzと「MANUAL」と異なるが、120CHすべて送受信でき 「動作品」
であることが確認できました。

早速ケースを開き、下写真が内部です。


super staar kiban

2段基板の「上基板」の下部に水晶3個(写真)がある。

改造箇所
回路図を確認すると局発の「水晶」を3個交換し、コイルを調整するのみでアマ
機として使えそう、あまりにも簡単で拍子抜けな感じがします。
これで改造と言えるか微妙です。
20年数年前と思いますが「PHILIPS」ブランドのFM CB機を改造した際には別
基板に局発回路を作り、組み入れた記憶があります。

周波数の変更
周波数の構成は下表に変更するようにしました。

オリジナル(MHz) 改造後(MHz)
C H 1〜40 水晶 1〜40 水晶
LOW 26.965〜27.405 15.365 28.115〜28.545 16.510
MID 27.415〜27.885 15.810 28.555〜28.995 16.950
H  I 27.866〜28.305 16.895 28.880〜29.320 17.275


この改造周波数は MID BandとHI Band間で115kHz重複する周波数が生じます

が、各CH間で歯抜けCHを最小するためこの周波数構成に決め、HI Bandは

FM専用にしました。
CB無線機ではいずれかの歯抜け周波数は避けられません。


水晶発振子の注文

上表の水晶、3個を「アズマ無線工業」さんへ
注文。1個1,500円、最近特注の水晶発振子を
扱っている所が少なくなり貴重な存在です。1週間ほどで届きました。
右写真上段3個がオリジナル、下段が「アズマ
無線工業」製水晶。

original crystal

水晶の交換
 

上部基板を外し取り替えました。
右写真は取り替えた「アズマ無線工業」製水晶。   
crystal
PLLの調整

@アンテナ端子にパワー計とダミーロードを接続して送信状態にする。
ALOW 、MID、HI Bandそれぞれ1CH〜40CH出
力の有無を確認する。
B出力の出ない復数のCHで出力が出るよう、蝋で固定してあるL19を調整する。(右写真)
CLOW 、MID、HI Bandそれぞれ1CH〜40CHで安
定して出力が出るよう微調整を
しました。

pll coil

受信の調整(下写真参照)

@他の送信機にダミーロードを接続し、 Band中央付近の周波数を送信する。(この
場合 28.795kHz )
AL1 → L2 → L3 → L4 の順にコイルのコアを廻しSメータの値が最大になるよう
に調整をする。
B実際にアンテナを接続して各 Band、各CHの受信状況を確認しました。

送信の調整(下写真参照)

@アンテナ端子にパワーメータとダミーロードを接続する。
A送信周波数を Band中央付近の周波数に設定し送信する。(この場合 MID 20ch
28.797kHz )

Bパワーメータが最大になるようL17  L16 L11 の順にコイルのコアを廻す。
無変調で各 Band、各CH共、HIで6W、LOWで4Wの出力が出ていました。

TX,RX coil

送信品質の確認

実際に送信しモニタをしました、ノイズ、ハム音、送信周波数前後のスプラッタ
を確認しましたが問題がなく、得に音質は予想外に良いです。
TSSに認証申請をしてON AIR です、TSSに認証申請用系統図は
ここ参考にし
てください

改造後の周波数構成

CH 周波数(MHz) CH 周波数(MHz)
LOW MID H  I LOW MID H I
1 28.105 28.555 28.880 21 28.355 28.805 29.130
2 28.115 28.565 28.890 22 28.365 28.815 29.140
3 28.125 28.575 28.900 23 28.395 28.845 29.170
4 28.145 28.595 28.920 24 28.375 28.825 29.150
5 28.155 28.605 28.930 25 28.385 28.835 29.160
6 28.165 28.625 28.940 26 28.405 28.855 29.180
7 28.175 28.625 28.950 27 28.415 28.865 29.190
8 28.195 28.645 28.970 28 28.425 28.875 29.200
9 28.205 28.655 28.980 29 28.435 28.885 29.210
10 28.215 28.665 28.990 30 28.445 28.895 29.220
11 28.225 28.675 29.000 31 28.455 28.905 29.230
12 28.245 28.695 29.020 32 28.465 28.915 29.240
13 28.255 28.705 29.030 33 28.475 28.925 29.250
14 28.265 28.715 29.040 34 28.485 28.935 29.260
15 28.275 28.725 29.050 35 28.495 28.945 29.270
16 28.295 28.745 29.070 36 28.505 28.955 29.280
17 28.305 28.755 29.080 37 28.515 28.965 29.290
18 28.315 28.765 29.090 38 28.525 28.975 29.300
19 28.325 28.775 29.100 39 28.535 28.985 29.310
20 28.345 28.795 29.120 40 28.545 28.995 29.320

(注1)LOW,MID はAM HI はFM専用
(注2)太字は常用周波数
(注3)歯抜け周波数がある

                       
 

このページ上へ ↑                   メニーページへ  →







JA2DJN 2010 © All Rights Reserved