アマチュア無線局

JA2DJN のページ


本文へジャンプ
           

QRP用パワーメータ(SWR計)の改造記




 ORP運用に力を入れていたころキットで購入したパワー計兼SWR
計のOak Hills Research社 「WM-1 Wattmeter」を100W運用
に使えるよう改造することにしました。
「WM-1」は最小目盛が5ミリWと微小なパワーも測れる優れもので
す。
(計測器精度誤差には最下段 (4)「計測精度や誤差に関する誤解」
を参照してください)

この「WM-1」はQRP界で注目度が高く、海外のサイトでよく紹介
されています。

下記サイト「You Tube」 でアップされているものです、ただし紹介
されている機種は「WM-1」の後継機「WM-2」です、-1 との違い
は、外部電源からも使えるようになったことで、基本的には大きな違い
はありません。

@のサイトは、組み立てや、内部を紹介 Aのサイトは「Bird社」
のパワー計と精度を比較しています。

@ http://www.youtube.com/watch?v=Jti8aGvuiiw
A http://www.youtube.com/watch?v=lbA-UH4T174&NR=1

下記のように改造することにしました。
(1)従来のQRP機能はすべて残す。(パワー、SWR測定機能)
(2)フルスケール100Wを測定できるようにする。(オリジナルは
   最大10W)
(3)SWR値を直読できるようにする。(オリジナルはFRD,REF から
   計算で求めていた)
(4)外部電源からも使えるようにする(オリジナルは内臓乾電池の
     み006P)

 




(1)オリジナル回路と外観
                                 





WM-1 回路図


上図がオリジナル回路です、青枠で囲った、A、Bおよび、C部を改造しました




オリジナル外観 外観です
メータパネル面に
ハンダごてを誤って
当ててしまい一部溶解
ています。
最小目盛は5mWです。
オリジナル内部
基盤へ部品から組み
立てたものです。
電池(006P)は抜いて
撮影した。







(2)改造の内容

 下図のように改造しました。
(1)「SW1」はQRPと100Wの切り替え用スイッチで前面に出
   した。

(2)「SW2」のロータリSWオリジナルは4回路2接点でしたので、
  3回路4接点に交換した、回路図は3接点で記してあります。

(3)「SW3」のオリジナルは3回路4接点でした、1回路遊んでい
  たのでメーターへ行く回路の切り替えSWとして使った。

(4)「SW4]は内臓電池(006P)と外部電源の切り替え用として、
     背面に取り付けた。
  


改造後回路



オリジナルメーター目盛 メータ目盛に「SWR値}
を入れる必要があるため
目盛を書き直すことに
した。
オリジナルの目盛のコピー
をとった。(左図)
改造後メーター目盛 オリジナルのコピーから
Windows 付属の「ペイント」
を使い、一部消去した
のち、SWR値目盛を書き
加えた。(左図)

これをプリントした後
オリジナル目盛板の上へ
貼り付けた。

上記「コピー」を取り「ペイント」で修正する方法を、前面パネルで試みたところ
前面パネル下部曲げ部が微小に出ており、スキャナのガラス部に密着できず
「ボケ」てしまい断念した。





(3)調整と使い方
                         

 調整はマスターのSWR、パワー計を使用して「フルスケール」100Wに
なるよう、100W調整用半固定ボリュームを廻します。

フルスケールを合わせたのみで、100W以下の目盛もピタリと同じ値を示
し完成しました。

SWR直読(100W時のみ)方法は「SW2」を「FWD」に切り替え、「C
AL」ボリュームで、フルスケールになるようにします。
「SW2」を「REF」に切り替え「SWR値」を読みます。



改造後外観 完成外観のようす、
メータパネル面の溶解痕
が気になり、オリジナル
パネル面を強引に剥が
した。
そこへ透明クリリル板を
貼り付けた。

改造後背面 背面は「DC外部入力部」
および「電池(006P)」と
「DC外部入力」切り替え
用SWを取り付けた。

改造後内部 内部のようす、
右端の電池(006P)の
上部に、3端子レギュレタ
等を配置した「蛇の目
基盤」を取り付けた。
(水色リード線の先端)






(4)計測精度や誤差に関する誤解


                         
 私はアマ無線の場合、計測精度などあまり気にせずアバウトでよいと思って
います。ただし正しい知識をもったうえでの話です。

ここで一番多い誤解を紹介します。
残念ながら、「MW-1」の取り説にスペックが明記されていませんので、現用し
ているSWR、パワー計 「REVEX W520」を例に説明します。



W520目盛 これが「REVEX W520」の
メーター目盛です。
パワー(W)はフルスケール
200、20、2(W)と3段階
切り替えができます。
W520定格 「定格」は他社、機種に
よって「スペック」「仕様」と
呼ばれています。

ポイントは、赤下線の
「電力測定確度」すなわち
測定精度です。


 上図赤下線部分、「REVEX W520」は親切で、「±10%(フルスケール値
の)」と記していますが 他社、機種によっては「±10%(F/S)」とだけ記し
てあります。

ここで目盛の針が200Wを示した場合誤差は「±10%」すなわち±20Wで
結果「180〜220W」であることが分かります。

目盛が50Wを示した場合「50W±10%」だから「45〜55W」は誤解です。
フルスケール時、±10%ですから50Wを示した場合「50W±20W」になり
結果
「30〜70W」が正しいのです。

このことから測定する際は、指示値をフルスケールの2/3以上、最悪でも
1/3以上になるよう測定レンジを選ぶ必要があります。

上記のことがらは「デジタル計測機」もまったく同じです。

冒頭 「WM-1」は最小目盛が「5ミリW」と記してありますが「5ミリW」
はまったく当てになりません、「5ミリW」くらいとアバウトに考えたほうが
よいでしょう。




ページ上へ ↑           メニューページへ →     







JA2DJN 2010 © All Rights Reserved