アマチュア無線局

JA2DJN のページ


本文へジャンプ
           

極太リッツ線と巨大コイル


依佐美送信所記念館に展示保存している極太リッツ線を紹介します。

極太リッツ線の断面



リッツ線断面:Litz wire

     リッツ線の展示

     極太リッツ線は約300oに切断され展示保存しています。

  
「依佐美送信所記念館」に展示保存しているリッツ線とそれを利用したコ
イルを紹介します。
リッツ線の導体は直径0.12oのエナメル銅線で(3×3×3×18×37
本)合計17,982本を撚った線を用い導体断面積が200muあります。

すなわち直径0.12oのエナメル銅線を3本で撚った撚り線を3本集め
(合計9本)撚り、9本になった撚り線を3本集め(合計27本)撚り、27
本になった撚り線を18本集め(合計486本)撚り、486本になった撚り
線を37本集め(17,982本)撚った導線です。

このリッツ線で出来た導線はローディングコイル、バリオメーター型コイル、
チョークコイル(1)としてチーク材による木枠に巻かれています。

 


リッツ線を用いたローディングコイル 直径3mのローデ
ィングコイル


リッツ線によるコイル線が24回巻かれています。
コイル線の詳細 リッツ線を用いた
コイル線

一部修正痕がある
が85年前の物とは
思えないほど良好
に保存されています。

現在の樹脂製被覆は85年もつか疑問。

全長約226mあり当時の製造技術に驚嘆します。



リッツ線を用いたバリオメータ バリオメーター型コイル

外枠のコイルが移動してインダクタンスを可変します。

外枠コイル外径1.5m、内枠コイル外1.2m。
リッツ線コイル リッツ線を用いたコイル線。







← 送信装置へ戻る                 メニューページへ 







JA2DJN 2010 © All Rights Reserved