14.2020年の練習録

昨年後半から活動レベルが低下しているので、どうしようかと思いましたが、とりあえず今年も 2016年2017年2018年2019年 と同様の頁を起こすことにしましたが、どうなりますやら。

 

2020年1月:まずは振り返り

弾いている曲は、
プロコフィエフ「ピアノソナタ7番」、ラヴェル「トッカータ」、ショパン=ゴドフスキーの「練習曲」1番と24番、ショパン「スケルツオ4番」、バッハ=ラフマニノフ「無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番より”プレリュード”」
で変わり映えしていません。時間があれば大体この順番に弾いています。とお断りして、

まずは昨年を振り返りますと・・・

一昨年は、演奏会での失敗から長く低迷しましたが、昔の仲間との忘年会では、相対的には一番元気だったので、終わりよければ・・な一年だった、ということにしたのですが、

昨年は、8月の家族山行で、家族についていけなかったのがショックで、昔の仲間との忘年会も開催されないままで、そのまま低迷が続いております。

まあ、秋からは、生まれ育った実家を処分するのと、もう一つ(秘しますが)イベントがあり、それら長らく気になっていた2件を片付けるのに手間を取られていた、というのもありました。

2つのイベントとも、私の「終活」の始まりみたいなものなので、片付いたからと言って気分が高揚する、とは参りませんでしたが(ここまで20.01.19)。

 

 

 
2020年2月:発表会はパス

家内がコーラスで行っているピアノの先生のところで、発表会が3月に計画されているのは以前から承知していましたが、
「中学生とか全然出てくれなくて、子供は幼稚園児ばかり」という話も聞こえてきて、そんなところでプロコ7番3楽章弾くのも何だかな、と思い、特に申し込まないことにしていました。

が、1か月前になって、先生から「ご主人はどうされます?」との打診が家内にありました。
その話を伝え聞いて、気持ちが揺らがなかったと言えば嘘になります。しかし、それを伝えるのと同時に家内が

「あの7拍子のはやめてね」

と五寸釘を刺してきたので、一気にしぼみました。会場が、相性の良くないリハーサル室だというのもマイナス材料です。

最近弾いていて、かつ、これまで演奏会に出したことのない曲で出ようとしたら、プロコ7番の3楽章だけか、2,3楽章、或いは、ショパン=ゴドフスキーの24番(エオリアンハープ両手版)となりますが、プロコ7番3楽章は天井の低いリハーサル室ではうるさくなり過ぎる、というのも理解できます。

ショパン=ゴドフスキーの24番は、今現在も最後のページの両手重音進行が大トラブル中です。
「途中で止まられたら、こちらが観客席で生きた心地がしないから、出演するなら楽譜出して弾いてちょうだい」
と家内はいいますが、この曲の場合、途中で止まったら楽譜があっても再起動できない、のです。左手だけでほぼ覚えてしまうまで片手練習してから、右手をつけたこの曲、元々私の譜読み能力を超えているのです。一応は弾けるようになってからも高頻度でトラブっているこの曲、演奏会には出せそうにありません。

トラブル処理で、プロの凄さを痛感したのがこちら↓
Vincenzo Maltempo plays Alkan: 12 Études dans tous les tons mineurs Op 39 (Complete)
全部で2時間を超える動画です。全12曲中最長の第8曲の途中、59分48秒くらいのところで、かなりな事故を起こしているのですが、顔色一つ変えずに、まさにその事故現場から再起動しています。
私なら間違いなく再起動不能になりそうな場面ですが、さすがは一流のプロ(そんなに有名ではないと思いますが)、練習の厚みが全然違います。

練習する方では、曲目もやっていることもあまり変わりません。
6年前の発表会で弾いたスケ4では、発表会直前でトラブったままになっていた53〜54小節(赤丸部)をようやく修理しました。

プロコ7番では最初のページの繰り返し練習をしています。展開部の難所2か所も弾けていないのは同じなのですが、こちらは違う音を叩いても分からない(以前書いたのと違うことを書いている自覚はあります)のに対し、最初のページは開始早々で聞く側の神経も集中しているでしょうし、比較的音が少ないこともあり「バレ易い」と思い、「何回目かの一念発起」をしております(ここまで20.02.15)。

 

 

 
2020年3月:世間はコロナ一色で

3月に予定されていた上記の発表会も、5月に延期が決まりました。5月に実施できるかどうかは勿論神のみぞ知る、です。なまじ参加表明をしていたら、何かと面倒なことになっていたかもしれないところ、結果的にはうまく免れました。

勤務先でも、コロナの確定診断をもらおうものなら、大騒ぎすることになっています。ずっと前から春休み期間中の家族旅行を計画しているのですが、どうなりますやら。飛行機が飛ぶ限り行くつもり、ですが。

ピアノの練習は、コロナ騒動に関係なくやっています。曲目が増えるでもなく、画期的に上手くなるでもなく。

ここ最近「洋楽」に目覚めた次男がリビングでビートルズとか流すことが増えてきていて、そういう状況でピアノを弾くのを多少遠慮もしていたのです。それが、コロナ騒動で、毎日が日曜になった子供たちには「一日ずっと聴いていたんだろ」と強気に出られるようになった、のがわずかな変化でしょうか。

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」が入り口になって、ビートルズとかマイケル・ジャクソンとかに向かったようなのですが、私が一山持っているマイルス・デイビスから「サムシング・エルス」「ビチェス・ブリュー」「オン・ザ・コーナー」と色々聞かせても、どれもピンと来ないそうで。

プロコ7番の最初のページは打率が大分増えてきました。その他、ところどころ部分練習していますが、1か月ぶりにここに書くとなると、あらためて取り上げる気にもならず・・・です(ここまで20.02.15)。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOPへ クラシックの部屋へ